Yahoo! JAPAN

『のだめカンタービレ・クラシック・フェスティヴァル in KYOTO』詳細が発表&追加出演者も解禁

SPICE

(c)二ノ宮知子/講談社

2024年5月3日(金・祝)~5月5日(日)の3日間、ロームシアター京都にて行われる『のだめカンタービレ・クラシック・フェスティヴァル in KYOTO』の詳細ならびに追加キャストが発表となった。

「Kiss」(講談社)にて2001年から2010年まで連載された『のだめカンタービレ』は、天才的なピアノのセンスを持つ「のだめ」こと野田恵と、指揮者を目指す青年・千秋真一が繰り広げるラブコメディ。単行本全25巻が刊行され、2006年にTVドラマ化、2007年にはTVアニメ化され人気を博した。2021年には『のだめカンタービレ』の連載20周年を記念して、新装版が全13巻で刊行。さらに2023年には配信フェスとミュージカルも行われ、大好評のうちに終了した。

そして、ついにリアルなフェスティヴァル形式で企画発表されたのが本公演だ。前夜祭・2日通し券・1日通し券の三種類の先行発売に加えて、3月10日(日)からは全プログラムのチケットの先行販売が開始された。改めて、各プログラムの詳細と追加決定となった新しいキャストも発表する。

◆5月3日(金・祝)

「のだめカンタービレ・クラシック・フェスティヴァル前夜祭」

ドラマ版にも出演していたヴァイオリニストのNAOTO、のだめのコンサートシリーズでもおなじみの石井琢磨ら、西日本出身のアーティストが、『のだめカンタービレ』の自由な音楽スピリットをテーマに、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ「春」の第1楽章やNAOTOの「TWIN DRAGON」などなど、のだめゆかりの音楽に加えて、「リベルタンゴ」など自由でポップなクラシック音楽を奏でて、フェス開幕の前夜を彩る。

◆5月4日(土)

「のだめカンタービレクラシックコンサート オーケストラ編&室内楽編」

この日は『のだめカンタービレ』に登場したクラシック音楽の数々を、メインホールでは『のだめカンタービレ』の音楽監修を担当した茂木大輔指揮によってオーケストラ曲、サウスホールではピアノ曲や室内楽曲を中心に、1時間ほどのプログラムが5つ用意されて、一日『のだめカンタービレ』の音楽に浸りきることができる。

オーケストラ編

〈第一部〉青春名曲編では、“桃ケ丘音楽大学”のコンサートをテーマに、ガーシュウィン「ラプソディ・イン・ブルー」を前夜祭に続き石井琢磨が演奏し、ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」より第1楽章をBudoが演奏する。

〈第二部〉オペラ&レア曲編では、モーツァルトの歌劇「魔笛」の名曲ハイライトをリアル・トラウムと注目のソプラノ鈴木玲奈の歌で。鈴木の夜の女王のアリアは見逃せない!コミックにおいてはブラジルで千秋が指揮する隠れた名曲であるミヨーの「スカラムーシュ」を上野耕平のサックスでお届けする。

〈第三部〉ベト7全曲編では、コミックで重要な曲であり、ドラマのオープニングテーマとしても一躍有名になった、ベートーヴェン「交響曲第7番」全曲演奏!第1部で協奏曲共演を果たした石井琢磨とBudoが「ラデツキー行進曲」の連弾ヴァージョンで締め括る。

室内楽編

〈第一部〉ピアノ・ソロ&DUO編では、ベートーヴェン「悲愴」、「熱情」、モーツァルト「トルコ行進曲」、ショパンの「幻想即興曲」など、ピアノ・ソロや2台ピアノの曲など、のだめカンタービレの世界で登場するピアノ音楽の魅力を追求。ピアノはBudoと日本音楽コンクール第2位の望月晶。2人が奏でるモーツァルトによる「2台のピアノのためのソナタ」が注目である。

〈第二部〉難曲編では、サラサーテ「カルメン幻想曲」(サックス版)など、のだめカンタービレの中でも演奏困難な難曲中の難曲を集めてのコンサートをサックスの上野耕平とピアノの髙木竜馬の共演、菊池亮太のソロなどでお届けする。菊池亮太の演奏によって再現される、のだめがコンクールで演奏した「ペトルーシュカ~きょうの料理」が要注目!!髙木竜馬も、ムソルグスキーの組曲「展覧会の絵」から「バーバ・ヤガの小屋」「キエフの大門」の2曲に挑戦します!

◆5月5日(日)

2日目は『のだめカンタービレ』の世界に登場した、ドビュッシーの「喜びの島」やラフマニノフの「ピアノ協奏曲第2番」などの名曲が生まれた背景を浮き彫りにするような、大作曲家のライフストーリーを、人気声優たちの朗読とピアノやオーケストラの演奏でお届けする『クラシカルLEGENDコンサート』や、石井琢磨と菊池亮太が心躍るクラシック音楽を演奏する『躍るクラシック・コンサート 2024編』など、人気のクラシック・コンサートのシリーズが関西圏で初登場。

『クラシカルLEGENDコンサート』は〈第一部〉ドビュッシー 愛の炎編、〈第二部〉ラフマニノフとスクリャービン 炎の青春編。のだめカンタービレに登場する楽曲の中でも印象的な、ドビュッシーやラフマニノフの名曲たちが生まれた背景、作曲家の愛と情熱、青春時代の物語を、ピアノとオーケストラ、豪華な演者で描き出す、新しいスタイルの朗読劇とコンサートのハイブリッド・エンタテイメントとなっている。これまでは、石井琢磨と髙木竜馬の2台ピアノのスタイルで行われてきたが、このフェスティヴァルで初めてオーケストラが登場! メイン曲となる、第1部ドビュッシー編の交響的描写「海」の第1楽章と第2部ラフマニノフ「ピアノ協奏曲第2番」第1楽章にオーケストラが登場する豪華な演出が予定されている。

『躍るクラシック・コンサート 2024編』では文字通り“心躍るクラシック”をテーマに、今回はのだめでお馴染み「ラプソディ・イン・ブルー」の次の作品としてガーシュインが構想した珍しい「セカンド・ラプソディ」や石井琢磨の十八番である「皇帝円舞曲」ピアノコンチェルト版の世界初演が楽しめる。

『ピアノの祭典』では、菊池亮太とBudoの2人が初めて本格的初タッグを組んで、ピアノをテーマとしたコンサートを開催。

『クラシック紅白歌合戦』では、リアル・トラウムの面々に加えてソプラノの鈴木玲奈とメゾ・ソプラノの川崎麻衣子が登場、伴奏にピアノの藤川有樹とストリングスを迎え、華やかなオペラ&ミュージカルの世界をテーマにガラ・コンサートを行う。ビゼーの歌劇『カルメン』、プッチーニの歌劇『トスカ』や『トゥーランドット』、そしてヨハン・シュトラウス二世の『こうもり』やレハールの『微笑みの国』といったオペレッタ、そしてさらにバーンスタインの『ウェストサイド・ストーリー』や『レント』、「民衆の歌」(『レ・ミゼラブル』)といったミュージカル・ナンバーまで200年以上にわたる音楽の旅が歌で展開される。

ゴールデンン・ウィークの京都で『のだめカンタービレ』にまつわるクラシック音楽三昧の3日間を楽しもう。

文=神山薫

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. さよならステイチューン、オフィシャルファンクラブをオープン!

    Pop’n’Roll
  2. 【グッと!地球便】ベトナム最後の楽園・フーコック島 美しい自然に魅了され、44歳でエンジニアから未経験の観光業に転身した息子へ届ける両親の想い

    読みテレ~読んで楽しいテレビの話
  3. 轟焦凍VS荼毘!轟家の壮絶な兄弟喧嘩の結末は!?アニメ『僕のヒーローアカデミア』

    読みテレ~読んで楽しいテレビの話
  4. 怪盗キッド「150億有り難く頂戴した♪」劇場版『名探偵コナン 100万ドルの五稜星』興行収入が150億円を突破! 青山先生描き下ろしのお祝いのイラストも到着

    PASH! PLUS
  5. <子ども放置ママ>わが子の砂場セットで遊ぶ、ヨソの子「ちゃんとお子さん見てくださ〜い」【まんが】

    ママスタセレクト
  6. 神戸セーラーボーイズ 定期公演vol.2 舞台『銀牙 -流れ星 銀-』に上田堪大が出演 原作者、佐奈宏紀らの応援メッセージも公開

    SPICE
  7. 秋元真夏、『キン肉マン アニメ放送開始直前SP』出演決定!

    Pop’n’Roll
  8. 顔真っ赤、まんまる目で大興奮 初めてピザを食べた赤ちゃんが「可愛すぎる」(米)

    Techinsight
  9. Soradynamics、国産の小型空撮用ドローン「Hayate2」発表。第二種型式認証取得を目指す

    DRONE
  10. 「中国で亡き夫の好物を買ったけど、現地ガイドに言われて泣く泣く破棄。帰りの飛行機でも...」(福岡県・60代女性)

    Jタウンネット