Yahoo! JAPAN

東京湾マダコ釣りが開幕 解禁日釣行は2.2kg頭に全員安打【忠彦丸】

TSURINEWS

東京湾でマダコ釣りが解禁(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

6月1日、東京湾のマダコが解禁された。その解禁初日に釣行してきたのでレポートする。

解禁初日にマダコ釣り

解禁初日のマダコを狙って6月1日(火)、東京湾金沢八景(漁港内)の忠彦丸から釣行。

忠彦丸の乗船場(作図:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

エギタコ仕掛け

7時30分、竹村船長の操船ほか1隻の2隻出しで出港。40分ほどで、ポイント到着。

マダコタックル(作図:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

仕掛けは、根掛かり対策として、オモリとそれぞれのエギ単一でスナップ接続。もし、一方のエギが根掛かりしても、仕掛け全体のロストを防ぐ作戦。さらに、ブタバラ肉を巻いてみる。

左舷側が好発進

さっそく、左舷ミヨシの村田さんに食べごろサイズ。

左舷ミヨシの村田さん(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

続いて池辺さんが良型をゲット。

左舷ミヨシ3番の池辺さん(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

さらに、同舷トモ寄りの江田さんが取り込んで、左舷側が好調。

左舷トモ3番の江田さん(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

当日の当たりエギカラー

右舷トモの坪井さんは少し投げて、誘いながら船下まできたところで乗せた。

右舷トモの坪井さん(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

この日は、前夜に降った雨の影響なのか、潮色が暗い茶褐色。エギカラーは明るい黄色や蛍光グリーンやゴールドが当たりの感じ。

2.2kg大型マダコ浮上

ぽつりぽつりと単発で釣れたあと小移動。こちらは潮が速く、オモリ30号では流されてしまう。

しかし、潮が効いていることでマダコの活性は高く、船中にわかに活気づく。私もここで初物をキャッチ。船中唯一、タコテンヤで釣っていた右舷胴の間の鈴木さんにもきた。

鈴木さんはテンヤで(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

その隣、越塚さんと門脇啓之さんが連チャンモードに突入。

右舷ミヨシ3番の越塚さん(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

圧巻は、左舷胴の間の門脇巧さんで、2.2kgの大型を取り込んだ。

門脇巧さんに2.3kgの良型(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

最終釣果

途中なかだるみもあったが、船中オデコなし。トップは門脇啓之さんが14尾。

14尾で竿頭の門脇啓之さん(提供:週刊つりニュース関東版APC・間宮隆)

船中5尾前後に人が多く、今年も期待できそうだ。

<週刊つりニュース関東版APC・間宮隆/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年6月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post東京湾マダコ釣りが開幕 解禁日釣行は2.2kg頭に全員安打【忠彦丸】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事