Yahoo! JAPAN

陸っぱりハゼ釣りステップアップ解説 「PE+ナイロン」ミチイトのススメ

TSURINEWS

陸から釣ったハゼ(提供:TSURINEWSライター牧野博)

今季はハゼのミャク釣りでPEミチイトを使い釣果をアップさせる検証を行ってきた。今回は長時間の実釣をおこなったので、そのデータと過去のフロロミチイトの釣果と比較し、その効果を検証したい。

PEミチイトで釣果アップ

これまで、ハゼのミャク釣りにPEミチイトを使用する取り組みを紹介してきた。これは、キスの投げ釣りで普及しているPEミチイトの効果にヒントを得たもので、短時間の実釣テストを重ねた結果、従来使っていたフロロカーボンと比べてもライントラブルなく同様に使えること、食い込みのよさではフロロカーボン、アタリ感度のよさおよび川底の状況把握ではPEが勝っていることを見い出した。

ただしPEには、ニアポイント(ミャク釣りの場合にはオモリが見えるくらいの足元近く)での食い込みが悪いというデメリットがある。そこで柔軟性のあるナイロンのリーダーをPEにつないで実釣テストを実施した。

これによりPE単独の場合よりも食い込みが向上し、釣果増に結び付けられる可能性が出てきた。現状では、図のように穂先から50cmをナイロン2号、そこからサオ一杯まで(天秤の接続点まで)をPEライン0.6号というパターンとなっている。

PEミチイトシステムと効果

実際に私が使用しているラインシステムは以下の図で確認してほしい。

ラインシステム(作図:TSURINEWSライター牧野博)

穂先側50cmのみナイロン2号+仕掛け側までPEライン0.6号で行った短時間の実釣テストの結果が、表1である(前回紹介したデータの一部)。

表1(作図:TSURINEWSライター牧野博)

上の表は潮が動いている時合の、20分という短時間のデータであるので、実際にナイロン+PEによる長時間の実釣で、どのような釣況になるか、仕掛けの使いやすさはどうかを調べたのが今回のレポートである。

釣行テストその1

10月30日、16時30分~18時まで、和歌山市を流れる紀ノ川左岸、南海電車鉄橋下流側の砂利浜で実釣を行った。

竿は水郷小継の4.5m、ミチイトは穂先から50cmのみナイロン2号、その下サオ1本分はPEライン0.6号である。

オモリはショア天の2号、仕掛けはジャストキスの6号2本バリ(ハリスの間隔は15cm)である。今年はハゼの型が小さめのようなので、ハリのサイズを前回テスト時よりも小さめにしてみた。

この日は、ハゼ14cmまでを39匹だった。ライントラブルは全くなかった。

昨年のフロロでの釣果と比較

この釣果を、昨年までのフロロカーボンミチイトで釣っていた時の釣果と比較してみたのが下の表2である。

ポイントや潮まわりなどは異なるので完全な比較ではないが、今回は10月下旬の釣行であり、一般的なハゼのミャク釣りのシーズンとしてはやや盛期を過ぎている。

今回のデータを食い込みのいいフロロカーボンのミチイトで、盛期に釣った釣果(H3010/12)と比べてみても、1時間当たりのハゼの数ではほとんど遜色がなく(26VS28)、むしろ昨年の盛期の短時間釣行(R210/6および10/17)と比べると、1時間当たりの匹数では10~20%上回っている。食い込みのいいフロロカーボンでのいままでの釣果と比較しても、PEのメリットが十分感じられる結果となった。

表2(作図:TSURINEWSライター牧野博)

釣行テストその2

釣行テストその1の結果を踏まえ、ナイロン+PEのラインシステムでほぼ半日の釣行にも挑戦してみた。

11月7日、正午~17時30分まで、和歌山市を流れる紀ノ川左岸、北島橋上流側の浜を移動しながら実釣を行った。

サオは並継ヘラザオの4.2m、ミチイトは穂先から50cmのみナイロン2号、その下竿1本分はPEライン0.6号である。

オモリはショア天の1.3号、仕掛けはジャストキスの6号2本バリ(ハリスの間隔は15cm)である。

ほぼ干潮の底からのスタートであったがハゼ15cmまでを94匹。取り込むときにハリから外れることも何度かあった。また、上げ潮まわりで暖かい潮が底を這ってきているためか、ピンギスがかなりサオ先をふるわせた。

キスはハゼに比べてエサ取りがうまく、なかなかハリに乗ってこない。しかしPEのミチイトによりモゾモゾした前アタリがよく取れたのと、穂先近くのナイロンの柔軟性、また、サオがヘラザオで軟調であったことも幸いしたものと思われ、2ケタを釣ることに成功。結構面白い釣行になった。

過去のフロロでの釣果と比較

数年前のデータになるが、フロロのミチイトで釣っていた時のデータとの比較を表3に示す。

H29の盛期の釣況との比較であるが、やはり1時間当たりの匹数ではフロロカーボンを上回っている。しかもH29の釣行では、和竿(竹ザオ)を使っているので、食い込みのよさでは圧倒的に今回の釣行を上回っていると考えられるが、なおかつ1時間当たりのハゼの釣果では上回った。

表3(作図:TSURINEWSライター牧野博)

まとめ

ハゼのミャク釣りの実践のなかで、投げ釣りにヒントを得たPEミチイトの使用について様々なテストを実施してきた。

その結果、フロロカーボンと全く遜色なく釣果を出せるようになった。様々なテストを通じて明らかになってきたことをまとめると次のようになる。

PEミチイトの使用により、底の情報キャッチ、アタリを捉える感度は確実にアップする。

フロロカーボンに比べると、食い込みで劣る側面も確かにある。しかし穂先近くにナイロンのイトを使用し、そこにPEをつなぐことで、食い込みを改善し釣果アップが可能。1時間当たりのハゼの匹数ではフロロと同等以上の釣果を出すことが可能である。

フロロカーボン、ナイロン+PEの2つのミチイトパターンを、状況によって使い分けるのがいいのではないかと思う。

マハゼ(提供:TSURINEWSライター牧野博)

軟調ザオとの相性よし

今回の長時間テストでは、食い込みに優れるといわれる和竿と比べても、1時間当たりの釣果が上回った。この理由の一つとして、サオが軟調であったことがあげられると思う。

ナイロン+PEラインでPEラインの食い込みの改善をはかるとともに、軟らかめのサオを使用することで、手返しもより軽快になり、面白く、かつ楽な数釣りができそうである。

改良PEラインシステムによる実釣については、さらに続行する予定である。また、釣行時における手軽な楽釣アイデアや、ハゼの料理法などにもチャレンジするのでまたご報告したいと考えております。

<牧野博/TSURINEWSライター>

The post陸っぱりハゼ釣りステップアップ解説 「PE+ナイロン」ミチイトのススメfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事