Yahoo! JAPAN

高橋真麻、ハワイに住む親友から送られてきた写真に驚き「そんな事ってあるの!?」

Ameba

フリーアナウンサーの高橋真麻が16日に自身のアメブロを更新。ハワイに住む親友から送られてきた写真に驚いた日のエピソードをつづった。

高橋は、4日のブログで腕に火傷を負ったことを報告しており、11日には「病院に行きまして 水膨れの水抜きと 軟膏を頂きました」と火傷の治療のために病院に足を運んだことを説明。医師からは「年齢的な代謝も含めて 痕に残る可能性が大きい」と告げられたことを明かしていた。

この日は、自身とハワイに住む親友について「私が10月9日産まれで 彼女は10月8日産まれ」「海外に行けていた頃はハワイで合同バースデー 会をしたり 何より心の友です」と説明。その親友からLINEがきたそうで「私と同じ箇所を火傷していたとのこと」と明かし、親友から送られてきた火傷の痕がある腕の写真を公開した。

続けて「しかも、同じ炊飯器の蒸気で!!」と、火傷した経緯も一致していたことを報告。「そんな事ってあるの!?とお互いシンパシーを感じざるを得ない出来事でした」「不思議」と驚いた様子でつづり、ブログを締めくくった。

この投稿に読者からは「御縁があるのかも!」「双子のような出来事ですね」「凄いね」などのコメントが寄せられている。

【関連記事】

おすすめの記事