Yahoo! JAPAN

マッチラベルで知る「昭和」 公文書館の企画展、話題に〈川崎市高津区〉

タウンニュース

(上)川崎市公文書館所蔵 内藤教雄家旧蔵資料(贈-29-1-L-3-32)「マッチラベル(川崎市の七五三鮨1)(下)同(贈-29-1-L-3-48)「マッチラベル(川崎市の大衆割烹山吹亭)=いずれも同館提供

今から半世紀以上前に高津区などで繰り広げられた「川崎モノレール構想」にスポットを当てた企画展を行い話題を集めた川崎市公文書館(中原区宮内4の1の1)で現在、新たな展示が行われている。昭和の高度成長期を、今はあまり見かけることの少なくなった、ある小物から垣間見せようとするこの企画、その詳細は―?

寄贈497点を展示

現在開催中の企画展「マッチラベルに見る昭和の川崎―内藤教雄家旧蔵資料から―」(9月30日まで)は、かつての生活必需品が主役の催し。

今では使用する機会が減ったマッチは明治時代後半に国内で初めて製造され、昭和期に入ると広告としての役割を果たすようになったという。

今回の展示は、マッチラベルを通して高度経済成長期の川崎市を感じてもらおうというもの。中原区内の内藤教雄家から寄贈された497点のマッチラベルのうち、川崎市ゆかりのものを中心に展示。喫茶店や居酒屋、パチンコ、銭湯、ゴルフなど多様なラベルから、当時の市民の日常生活を垣間見ることができる。高津区内のものも多数あり、「七五三鮨」や「山吹亭」などが確認できる(写真参照)。

東海道五十三次も

企画展内では、東海道五十三次や全国各地のホテルや行楽施設のマッチラベルも展示。東海道五十三次の絵柄のものは、駅の売店で1箱5円で売られていたという。担当者は「タバコの着火用として売られていた。駅の構内でタバコを吸えた時代背景を感じることができる」と話す。全国のマッチラベルは、当時よく使用されていた黄・緑・赤・青・金銀に色分けして展示。各色の広告効果も説明されている。

この企画展は入場無料。午前8時30分から午後5時。月曜・祝日は休館(月曜が祝日の場合、翌平日も休館)。問合せは同館【電話】044・733・3933。

担当者は「地域の資料も沢山所蔵している。ゆっくり楽しんでいただければ」と話している。

【関連記事】

おすすめの記事