Yahoo! JAPAN

小田原三の丸ホール 古典芸能で幕開け 文化・芸術 創造の拠点に 〈小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町〉

タウンニュース

「三番叟」を披露した野村萬斎氏(市提供、撮影・政川慎治)

小田原市民ホール(小田原三の丸ホール)の開館記念式典が9月12日に開催された。抽選で当選した一般市民約200人のほか、来賓・招待客ら約200人が訪れた。

こけら落としとして、狂言師の野村萬斎氏による「三番叟(さんばんそう)『神秘域(かみひそみいき)』」が披露された。企画・舞台構成は、小田原ふるさと大使で現代美術作家の杉本博司氏。「三番叟」は能楽における神事・祈祷の演目のひとつで、五穀豊穣を祝う舞といわれる。前半の「揉ノ段」は力強く足拍子を踏み、農事における地固めの様相を示す。後半の「鈴ノ段」では黒式尉の面をかけて鈴を振り、種まきの所作を思わせた。萬斎氏の舞いに会場は神聖な雰囲気に包まれ公演後、観客から拍手が送られた。

杉本氏は「三番叟は日本に伝わる芸能の中でも、最も古い形式を留める古曲。古来より気配としてのみ現れる神の姿を現代の日本にあっても、確実に存在することを目の当たりにする」と舞台構成の意図を話した。

公演終了後、会場が厳かな雰囲気に包まれる中、守屋輝彦市長が袴姿で登壇。「今後皆さまに愛される施設になるよう、誠心誠意努めてまいります」と口上を述べた。また式典では、同ホールの開館に関わった事業者や寄付者に感謝状が贈呈された。

同ホールでは、小田原市民会館を主な活動拠点としていた団体の「市民優待企画事業」も進めている。守屋市長は「イベントを主催する側としてもぜひ、ホールの使い勝手の良さを実感していただきたい」と、市民に向けた言葉を残した。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 梅澤愛優香さん、文春が報じた産地偽装問題を謝罪 「エビや牛モツが海外産だった」

    キャリコネニュース
  2. フワちゃん「10回ぐらい見た」立川志らくに救われた言葉

    ナリナリドットコム
  3. 道枝駿佑×目黒蓮の“ぬくもりハグ”にドキッ『anan』表紙に登場

    ドワンゴジェイピー news
  4. 2021年8月2日オープン 洋食堂すずき

    京都速報
  5. いきものがかり、「THE FIRST TAKE」の音源2曲を配信リリース メンバーのコメント動画も公開

    SPICE
  6. コロナ禍でも続ける「音楽」 弾き語りやダンスを披露 伊賀市の陶山さん

    伊賀タウン情報YOU
  7. 5歳差の男の子きょうだい。下着や靴下はお下がりにする?しない?

    ママスタセレクト
  8. ももクロ 百田夏菜子[ライブレポート]さいたまスーパーアリーナを笑顔満開の世界で彩った初のソロコン「みなさんから幸せな気持ちをたくさんいただきました」

    Pop’n’Roll
  9. a flood of circle、全曲新曲のニューアルバム『伝説の夜を君と』リリースを発表

    SPICE
  10. 藤巻亮太のワンマンライブ『The Premium Concert 2021』開催が決定 桑原あい×鳥越啓介×吉田篤貴によるスペシャルなアレンジも

    SPICE