Yahoo! JAPAN

11月11日オープン!県庁そばにだし巻き玉子の専門店「京だし丸」!京都で修行した店主のじゅわっとだし巻き!

肥後ジャーナル

11月11日オープン!県庁そばにだし巻き玉子の専門店「京だし丸」!京都で修行した店主のじゅわっとだし巻き!

熊本県庁そば、熊本市水道局の道向いに、だし巻き玉子のテイクアウト専門店「京だし丸」が11月11日にオープンしました!京都の旅館で料理人をしていた店主がはじめたお店で、丁寧にとったダシがたっぷり入った水々しいだし巻き玉子が販売されています!超本格的なだし巻き玉子をいただきました!

水道局道向いにだし巻き玉子専門店がオープン!

熊本市中央区神水、県庁の近くに11月11日オープンしたばかりのだし巻き玉子専門店「京だし丸」。 熊本では珍しい…というか初めて?見るだし巻き玉子の専門店です。

店内に入ると、冷蔵ケースの中にだし巻き玉子が並んでいるのですが、本当にだし巻き玉子だけが並んでいます。 他には何もない、本当にだし巻き玉子だけで勝負する専門店です。

全4種類でプレーン(税込700円)、高菜(税込800円)、明太子(税込900円)、そして鰻(税込1200円)と並んでいます。 店主は「本当はプレーン1本で勝負したい気持ちもあるが、いろんな味を試してもらいたいという思いで種類も揃えた」そうです。

やっぱり一番人気は「プレーン」。こだわりは「とにかく柔らかいこと」で、毎日鰹と昆布でダシをとり、限界までたっぷりと入れているそうです。ゆえに、ジューシーでダシがじゅわっと滲み出てくるそうです。

1つもまるっと大きく、色もきれい。しっかり固まっているので、じゅわっとどれくらい出るのか気になるところ。

実は焼き方にもコツがあって、通常の焼き方と逆向きに焼く”京風焼き”によって、ダシがたっぷりでもビシッとしまるそうです。

早速買って帰ってみた!

ということで、買ってきましたよ!だし巻き玉子。 今回は、プレーンと明太子の2つを買ってきました!

見てくださいよ、この黄色い表面。見るからにふわふわで柔らかい。

切ってみました。見てくださいよ、この断面。瑞々しく輝いております。 口に放り込んで噛みしめると、じゅわーっとダシが広がります。かなり上品で優しい味わいです。

軽くギュッと押してあげるだけで、じゅわっとダシがこぼれてきます。 やっておいてなんですが、凄くもったいないくらい。

続いて、明太子。こちらは一腹まるっと入っている贅沢さ。 まん丸のままで明太子入ってるだし巻き玉子ってはじめてみたかもしれません。

こちらもダシがじゅわじゅわ。 もともと、店主が旅館の料理人だったこともあり、居酒屋のだし巻きというより、割烹や料亭のだし巻きと言った上品な優しい味わいでした!

ちょっと良いだし巻き玉子が食べたいなら!

県庁近くにオープンした「京だし丸」。ちょっとめずらしいだし巻き玉子の専門店で、贅沢にダシが溢れ出るだし巻き卵を堪能しました! 水道局の目の前なので、場所もわかりやすいですよ!

おすすめの記事