Yahoo! JAPAN

厚木警察署 飲酒運転「絶対にダメ」八街市の事故受け注意喚起 〈厚木市・愛川町・清川村〉

タウンニュース

飲酒運転「絶対にダメ」

千葉県八街市で6月に起きた、下校中の児童5人がトラックにはねられ死傷した事故。トラックの運転手が飲酒していたことから、厚木警察署では通勤、通学の時間帯の見守り活動や飲酒運転の取締りを強化している。同署では、「飲酒運転は一生を台無しにする。お酒を飲んだら絶対に運転はダメ」と力を込める。

土日が5割強

「アルコールは少量でも脳機能を低下させる」と同署。安全運転に必要な注意力、情報処理能力、判断力が低下するため、車間距離の判断を誤ったり、危険察知が鈍りブレーキが遅れるなど事故の可能性が高まる。

県内で2020年に起きた飲酒運転による人身事故は139件。19年と比べ7件増えている。同署では「20年は緊急事態宣言などで、飲食店は休業や時短営業だったが前年より増えている」と分析。物損事故を含めると件数はこれ以上になり、「現場に立つと、まだまだ飲酒運転のドライバーが多いなという感覚がある」と話す。

厚木署管内で過去5年間に起きた飲酒運転事故を曜日別に見ると、土曜が約2割、日曜が約3割。土日で5割強を占める。「レジャーで遠出してお酒を飲んで運転する、前日に深酒をして早朝から運転するなど、絶対にやめてほしい。これからバーベキューの時期だが、お酒を飲んだら絶対に運転しないように」と念を押す。

飲まない・飲ませない

飲酒運転には2つの罰則がある。【1】酒気帯び運転と【2】酒酔い運転。【1】酒気帯び運転は、身体に一定基準以上のアルコールを保有した状態で運転することで、3年以下の懲役または50万円以下の罰金、免許停止や取消となる。【2】酒酔い運転は、飲酒量にかかわらずアルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態で運転することで、5年以下の懲役または100万円以下の罰金、免許取消しとなる。

さらに、飲酒運転はその周辺者にも罰則がある。飲酒運転をするおそれのある人に車両を提供する「車両提供者」、飲酒運転をするおそれのある人に酒類を提供する「酒類提供者」、飲酒した人の運転する車に同乗する「車両同乗者」は懲役や罰金の対象となる。

同署では、「飲酒運転は身の破滅をもたらすと言っても過言ではない。痛ましい事故を起こさないためにも、飲んだら運転しない。さらに、その周辺の人たちも飲ませない環境づくりが大切。社会全体で飲酒運転を許さない機運を作ることが大切」と話す。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. TVに気を取られおもちゃをポトリ。お座りしてしっかり見始めたゴールデンパピーさん。【動画】

    Retriever Life
  2. 美味しいコーヒーやランチ、素敵な雑貨を訪ねて。愛知・岡崎「カルジーナの森」へ

    ことりっぷ
  3. 仙台旅行に行くなら『三角定義あぶらあげ』を食べよう!揚げたてサクサク食感がたまらない地元の定番名物!~参道 / 定義如来西方寺~

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ
  4. リル・ナズ・X、デビューアルバムを病室で“出産”する動画を公開

    Techinsight
  5. 夕方更新!4コマ漫画『かりあげクン』「カラオケバー」「指示」コイントスをしているはずが!?

    ふたまん+
  6. もしも「デロリアン」が日本車だったら?「ホンダ・シティのタイムマシン」

    おたくま経済新聞
  7. 「スケキヨが出てきそう...」 静かな池にぽつんと佇む、寂しげな木の雰囲気が凄い

    Jタウンネット
  8. King Gnu、アリーナツアー『King Gnu Live Tour 2021 AW 』開催決定

    SPICE
  9. エビ中 安本彩花、「ありのままの自分を好きになれた私だからこそ表現できた渾身の1冊」1st写真集『彩aya』発売決定!

    Pop’n’Roll
  10. ナシ栽培の奥深さ伝える 地元農家が千代小で授業〈小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町〉

    タウンニュース