Yahoo! JAPAN

「W不倫をしていた夫と離婚すべき?」細木かおりさんの人生相談第87回

たまひよONLINE

※写真はイメージです。
※写真はイメージです。


さまざまな世代の方に六星占術を人生にどう活かしていくか伝えている細木かおりさん。
読者から寄せられた、いろいろな悩みにお答えいただきます。今回の相談内容は、ななみさんからの「W不倫をしていた夫」というものです。

W不倫をしていた夫


夫がW不倫をしていました。半年ほど前に逢瀬の現場を押さえました。その後はギクシャクしながら日々を過ごしています。彼女の連絡先を消す事を約束したのに、先日スマホに残っていたのを見つけました。私の心はもうボロボロです。今後、信じる事はできません。離婚を申し出ましたが断固拒否。回避されてしまいました。彼女とラブラブ時、私は罵声をあびさせられたり、次から次へと平気で嘘をつかれました。実際、今も連絡を取り合ってるかは不明です。私たち夫婦は離婚した方が良いのか、離婚するなら最適の時期はいつなのかを教えていただきたいのです。毎日が辛くて仕方ありません。
(ななみ:女性)

相談者 金星人-
夫 火星人+
不倫相手 天王星+

今年いっぱいできるだけ冷静に、ご主人と向き合ってみて


今回裏切られ傷つけられたことについては本当に辛かったと思います。大変でしたね。まず、ご主人の運命星である火星人は、プライドが高く、マイペースでもあるため、積極的に異性に声をかけるなど、告白するタイプではないといえます。しかし、来るもの拒まずな性格で寂しがりやなうえ、2021年の運気は〈乱気〉と、気持ちが不安定になりやすい時期でしたから、冷静さを失い、自分の気持ちをコントロールできなくなっていたのかもしれません。加えて、彼女の運命星は訳ありの恋愛に燃える天王星人。流れに任せそのような関係になってしまったのでしょう。

一方、あなたの運命星である金星人は、せっかちで結果を急いでしまう傾向にありますから、ご主人の裏切り行為に、離婚が頭をよぎってしまったのでしょう。しかし、今年、あなたの運気は〈健弱〉と、判断力が衰えるなど、大胆な行動が体調面や精神面へのダメージに繋がりやすい時期に入っています。思い立ったら即行動が金星人の持ち味ではありますが、今年のように運気が低迷している時は、その勢いが裏目に出やすいタイミングでもあるのです。

ですから、今は辛い気持ちでいっぱいかと思いますが、焦って結論を出そうとするのではなく、まずはあなたの運気が回復する2023年まで、少し冷静になって考えることをおすすめいたします。

ご主人の運命星である火星人は、魔が差して浮気をしてしまうことがあっても、本来は家庭思いの星でもあります。今年から三年間はご主人の運気も回復しますし、この先少なからずご主人に変化が訪れることもあるかもしれません。今は感情的にならず、今年いっぱいできるだけ冷静に、ご主人と向き合ってみることをおすすめいたします。

細木かおり先生


細木かおり/ほそきかおり
1978年12月11日生まれ。一男二女の母であり、二人の孫を持つ。細木数子のマネージャー兼アシスタントを経て、六星占術継承者に。母・数子の意志を継承し、個人鑑定と「六星占術をヒントにより幸せな人生を」を柱とした講演会を行い、さまざまな世代に、六星占術がどのように活かせるのかを伝えている。著書に『六星占術によるあなたの運命』『母・細木数子から受け継いだ幸福論 あなたが幸せになれない理由』『驚くほど人間関係が好転する!六星占術』、ほかに母・数子との共著で『新版 幸せになるための先祖の祀り方』『六星占術による あなたの宿命』がある。また、2019年2月にテレビ初出演を果たし、同年5月には初の冠番組を持ち、大きな反響を得る。個人鑑定の申し込みなどは公式ホームページofficehosoki.comに掲載。日々の活動をインスタグラム(kaori_hosoki_official)にて、六星占術の活用方法などをYouTube「細木かおりチャンネル」にて配信。

【関連記事】

おすすめの記事