Yahoo! JAPAN

各方面に「3年ぶり」の声 観光、学校行事など再開〈小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町〉

タウンニュース

武者隊パレードと観客(小田原市内のかまぼこ通り)

コロナ禍で中止を余儀なくされていた小田原、箱根、湯河原、真鶴エリアのさまざまな観光イベントや学校行事などが「3年ぶり」に再開されている。今年度に入り、地域の活動が再び動き出しつつある。

小田原市内最大の観光イベント「小田原北條五代祭り」は今年「北條五代歴史と文化の祝典」として5月3日に開催された。2年前は中止、昨年は規模縮小での実施となったが、今年は感染対策を講じながら、武者隊パレードを3年ぶりに再開。その雄姿に沿道から拍手や声援が送られた。

主催した市観光協会は、社会のにぎわいを取り戻そうと開催準備を進めたという。同会の外郎藤右衛門会長は「1、2年やらないとノウハウが失われてしまう。今回パレードを実施したことで、地元だけでなくほかの市町からも『勇気をもらった』との声が届いた。今後も、コロナ対策をしながら歩みを進めていきたい」と言葉に力を込めた。

制限無しの総会も

(公社)県宅地建物取引業協会小田原支部では、毎年継続している総会について昨年、一昨年は密を避けるため、委任状による書面決議をメインとしてきた。今年、コロナ感染対策を施して小田原三の丸ホールで開いた総会は、3年ぶりに制限を掛けずに実施。同支部の藤井香大支部長は「まだ参加に慎重な会員もいるが、制限を掛けることなく新しい市民ホールで開催できて良かった」と語った。

全校で修学旅行

学校現場では今月、小田原、箱根、湯河原、真鶴の公立小中学校全校が修学旅行を実施。コロナ下では、多くの学校で中止か規模を縮小した代替行事を行っていたが、全校での実施は3年ぶりとなった。

真鶴町の纐纈(こうけつ)仁志教育長は「校外で学習することは、子どもたちにとってとても大きな財産になる。コロナ対策を十分にした上でさまざまな事業が再開し始めた。良い方向に向かっていると思う」と話した。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. まるで本当の親子 先住猫と新入り猫のシンクログルーミング

    おたくま経済新聞
  2. 【新店・みそ蔵らーめん 花咲】「発酵のまち」沼垂で生まれた味噌ラーメン!│新潟市中央区沼垂

    日刊にいがたWEBタウン情報
  3. 【佐用町】SNSで話題!光明寺境内で涼を誘う第8回「風鈴まつり」を開催!

    兵庫県はりまエリアの地域情報サイト TANOSU
  4. 【2022年 上半期食トレンド大賞&下半期の食キーワードを発表】食卓メディア「おうちごはん」

    ソトコトオンライン
  5. 風呂なし、トイレなし、キッチンなし。 直面した水回りどうする問題[お風呂編]

    ソトコトオンライン
  6. 6月26日はオリエンテーリングの日!そもそもオリエンテーリングとは?【奈良県的今日は何の日】

    奈良のタウン情報ぱーぷる
  7. ゴルフスウィングで大切な身体がしっかりと回るフォロースルーの方法とは!?【坂本龍楠の確実に上手くなる!ドライバーを使った100yd練習法/ゴルフ】

    ラブすぽ
  8. iDeCoやつみたてNISAを子どもの大学進学資金目的で始めた場合の適切な換金時期とは!?【ほったらかしで3000万円貯める!お金と投資の超入門】

    ラブすぽ
  9. 「妊娠時に子育てが1番、仕事は2番と決めた」RIKACOさんに聞いた “子育てと自分に起きた変化”

    saita
  10. 朝イチ更新!4コマ漫画『かりあげクン』「毛虫」「靴」マイ箸使っている人をみて?

    ふたまん+