Yahoo! JAPAN

1パックに3個の新鮮とれたて卵がたっぷり詰まったタマゴサンド 無人販売「タマゴサンド製作所」実食レポ 揖保郡太子町

Kiss

「タマゴサンド」300円(税込)

揖保郡太子町にある無人販売の「タマゴサンド製作所」へ行ってきました!シンプルで懐かしい味わいと、珍しくて安心な無人販売が話題になって、昨年10月のオープン以降、いまも行列ができる人気店です。

場所は、龍田小学校南の交差点で、太子町立総合公園の斜め向かいです。駐車場が広くて結構目立つので、近くまで来ればすぐわかると思います!

10時オープンの少し前に行ったら、すでに6組ほど人が並んでいました。オープン時間になると、スタッフの方が、たくさんのタマゴサンドをこちらの冷蔵庫へ並べにきましたよ。お話をうかがうと、タマゴ研究所という別の工場で毎回100個ほど作って運んでいるのだとか。

さて朝イチだったので今回はスタッフさんに会えたものの、いつもは無人の販売所。買い方は、冷蔵庫の横にお金を入れる「投入口」に、購入する分のお金を入れます。おつりは出ないので100円玉を用意して行ってくださいね!

「タマゴサンド製作所」の現在の定番商品は、「タマゴサンド」、「卵トッツォ」、「なめらかプリン」の3つ。不定期でだし巻きドッグや、パン耳を使った創作メニューが販売されるイベントも開催しているそう。

奥播磨カントリーファームのとれたて卵


商品にはすべて「奥播磨カントリーファーム」のとれたて卵を使用しています。こんもりした卵黄で、甘みが強くコクがあるので卵かけごはんに人気なんだとか。生で食べて美味しいということは、もちろんゆで卵にしても美味しい!

こちらが看板商品の「タマゴサンド」です。後ろの方まで、あふれんばかりにタマゴが挟まれていました。姫路市のパン屋さんからタマゴサンドにあうパンをオーダーし、1パックに約3個分の卵を使っているのだとか。パッケージのデザインもカワイイ!

自宅でパッケージを開けて撮影した写真です。白身と黄身で形状が違いますよね?卵をゆでたあと、いったん白身と黄身に分け、黄身はなめらかにこして、白身は食感を感じられるよう大きめにカット。そのあとひとつに合わせているのだそう。卵とマヨネーズと塩のみのシンプルな材料ですが、手間はしっかりかけられています。

「卵トッツォ」400円(税込)


こちらの「卵(たまご)トッツォ」は、ふんわりしたバンズにたっぷりのタマゴサラダとテリヤキチキンが挟んでありました。そのままでも美味しいですが、レンジやトースターで少し温めて食べるのもオススメだそう。

「なめらかプリン」300円(税込)


卵、牛乳、グラニュー糖、バニラエッセンスのみで作った「なめらかプリン」は、イベント販売でもすぐ売り切れる商品。オーナーさんいわく、レシピは日々研究を重ね、現在の味に。これからも進化を続けるつもりなんだそうですよ。

「これこれ!なめらかででホッとする~」美味しくってペロッと食べてしまいました。小さい子どもにも食べさせたくなる家庭的な優しい味です。

「モンキーラスク」200円(税込)


パンの耳を使ったラスクが自動販売機にドリンクと一緒にならんでいました。ここの自動販売機のドリンクはほとんど100円に設定されています。小銭を忘れた人の救世主の役割をしているのでしょうか(笑)

小~特大まで4つのサイズの卵パックが販売されていました


敷地内には無人の卵パック販売機もあるので、卵かけごはん用にゲットしてもいいですね!

太子町総合公園


天気のいい日に近くの公園でベンチに座って食べたら気持ちよさそうですね。平日は、早い日だとお昼には売り切れることもあるそうです!金、土、日、祝は、通常の10時からと、13時からも商品が追加される二部制なので買いやすそうですよ。

【関連記事】

おすすめの記事