Yahoo! JAPAN

ウェディングフォト撮影中の悲劇 体重130キロ超の新郎をおんぶした新婦が骨折(米)

Techinsight

挙式を済ませ、晴れて夫婦となった2人。披露宴の前に記念写真を撮ることにしたが…(『New York Post 「I wound up in the hospital on my wedding day ― don’t make the same mistake I did」(KennedyNews/KelseyMattingly)』より)

人生の一大イベントである結婚式で、予想外のアクシデントに見舞われた女性が、そのエピソードをFacebookでシェアした。挙式後、新郎である夫をおんぶして写真を撮っていた女性は、夫の体重に耐え切れず、バランスを崩して足首を骨折してしまったのだ。女性は時間とお金をかけて準備した披露宴に参加せず、病院へ行く羽目になってしまったという。米ニュースメディア『New York Post』などが伝えている。

【動画】写真撮影を楽しんでいた新郎新婦に思わぬアクシデントが

今月2日、思い出深い結婚式のエピソードをFacebookでシェアしたのは、米ケンタッキー州ボストン出身のメアリー・グリーンウェルさん(Mary Greenwell、27)だ。メアリーさんは2019年10月12日、夫ブレイク・グリーンウェルさん(Blake Greenwell、30)と結婚式を挙げた。

挙式を滞りなく終え、披露宴の準備が行われている間、メアリーさんとブレイクさんは外で記念写真を撮影することにした。ブレイクさんがメアリーさんの背中にもたれかかり、メアリーさんがおんぶするようなポーズを取っていた。

身長約160センチのメアリーさんに対し、ブレイクさんの身長は約185センチ、そして体重約136キロとがっしりとした体格だった。メアリーさんは「彼を自分で支えられているのが誇らしかったですよ」と話し、写真撮影を楽しんでいた。

しかし、メアリーさんがバランスを崩して倒れた瞬間、足首に激痛が走った。なんと、足首を骨折してしまったのだ。

当時の様子を撮影した動画には、ブレイクさんをおんぶするような形で、楽しそうに笑うメアリーさんの姿が映っている。ところがブレイクさんの兄弟が2人の後ろに現れた直後、メアリーさんはバランスを崩してしまい、苦悶の表情を浮かべた。メアリーさんはこう振り返っている。

「音がしたわけではありませんでしたが、左足首に激痛が走り、すぐに足首が折れたと分かりました。私は『足首が折れた!』と叫んだのですが、最初は誰も私の言葉を真剣に受け止めてくれませんでした。それでも私の足首が腫れ上がっているのを見て、みんな驚いていましたよ。」

披露宴に参加できる状態ではなかったメアリーさんは、150人のゲストに別れを告げ、近くの病院の救急外来へ急行した。診断の結果、足首に2か所の骨折が確認された。手術が必要となり、メアリーさんは12本のネジとプレートを足首に埋め込むことになった。

「ウェディングドレスを着て救急外来にいたので、間違いなく変な目で見られていましたね」とメアリーさんは話しており、当時の様子を撮影した写真には、ウェディングドレスを着たまま不機嫌そうな様子で車イスに乗るメアリーさんと、その横で携帯をいじっているブレイクさんの姿が写っていた。

披露宴は7000ドル(約110万円)をかけて準備し、楽しい時間が過ごせると楽しみにしていたメアリーさんだったが、披露宴に戻ることはできず、深夜2時になってようやく病院をあとにしたという。「足首を骨折したことよりも、結婚式のために時間とお金、労力をかけてきたのに、それを楽しめなかったことの方がショックでした。今では笑い話にできますけどね」と、メアリーさんは苦笑いで話した。

ブレイクさんもメアリーさんに付き添って病院へ向かったため、披露宴は主役2人がいないまま行われたが、1時間ほどで終了したという。ブレイクさんは次のように明かしている。

「DJブースもありましたし、ゲストは食事と音楽を楽しんでくれたと思いますが、私たちがいないのですぐに終わってしまったようです。」

「結婚してわずか1時間しか経っていなかったのに、メアリーはすごく落ち込んでいて、私も心配していました。こうやって話せるようになりましたが、今でも罪悪感があって辛いです。私が倒れてしまったせいで、メアリーが足首を骨折したと思っています。」

2人は結婚式の後、ハネムーンとしてディズニーワールドへ向かう計画をあらかじめ立てていた。「ハネムーンまで台無しにしたくない!」と思ったメアリーさんは、骨折してから6週間後にディズニーワールドを訪れ、電動車イスに乗ってアトラクションなどを楽しんだそうだ。

メアリーさんのウェディングエピソードに、ユーザーからは「孫に話せるネタができたね」「良し悪しは分からないけど、思い出深い結婚式になったね」「骨折は災難だったけど、とてもキレイなドレスだね」「私だったら、病院を出てすぐに離婚するかも」「当時は最悪の状況だっただろうけど、時間が経てば良い思い出になるよ」などといった声が寄せられている。

ちなみに2022年5月にはオーストラリアで、ウェディングフォト撮影で草むらに入った新婦がヒルに噛みつかれ、血だらけになった様子を捉えた動画が、SNSで話題を呼んでいた。

画像は『New York Post 「I wound up in the hospital on my wedding day ― don’t make the same mistake I did」(KennedyNews/KelseyMattingly)(KennedyNews/LasleyMedia)(Kennedy News and Media)』『Madalyn Wise TikTok「Okay here you go!」』『Kelsey Mynatt TikTok「Can you tell I’m still obsessed with him Clips from our wedding video by the beautiful stunning gorgeous」』『TheVictorianYoungsville TikTok「he had severe food poisoning & is doing better now!」』より
(TechinsightJapan編集部 iruy)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. エサ専用ルアーってなんだ??これからの季節にピッタリなキス五目を楽しんでみた!

    WEBマガジン HEAT
  2. 夏と言えばビールと枝豆!「東京クラフト枝豆WEEK」開催レポート

    旅行メディア「itta」
  3. 伊賀ドキの人 創業155年企業の新代表

    伊賀タウン情報YOU
  4. 近大高専、菰野に惜敗で4強ならず 高校野球三重大会

    伊賀タウン情報YOU
  5. 【松山市・ごごしまパーキング】愛媛県産のみかんを皮ごと使ったごちそう氷でクールダウン

    愛媛こまち
  6. 【久万高原・rinascente】清流・面河川で涼みながらワイルドにピザを頬張る!

    愛媛こまち
  7. 羽田空港アクセス線「臨海部ルート」も、2031年度に「東山手ルート」と同時開業に! 羽田空港アクセス線の3ルートをおさらい

    鉄道チャンネル
  8. 子どもたち「初めての"宇宙体験"」北海道を『人工衛星』で撮影!夏休みのワクワク

    SASARU
  9. モバイルゲームやAIアプリをLINEなどに公開できる注目の新サービス「nowStudio」がスタート【now.gg, Inc.】

    動画ニュース「フィールドキャスター」
  10. 銀座の名店「ST.SAWAIオリオンズ」が7月23日に再オープン!和牛ローストビーフが話題。

    WWSチャンネル