Yahoo! JAPAN

40代女性の"美人で困った"エピソード 「婚活しているだけで訳あり認定。出会ったほとんどの人にサクラだと思われていた」

キャリコネニュース

美人で困ったこと

古来「花」にたとえられてきた美人。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」は知られたフレーズだ。綺麗な花を見たり贈られたりして癒される人が多いように、美人な女性には人目を引く力がある。

ただ、美人もいいことばかりではない。キャリコネニュース読者からは、

「上司がお客さんに、私のことを『顔採用した』と言って回っていた」(30代女性/東京都/商社系)

と美人ゆえの悩みが寄せられている。冗談半分の営業トークかもしれないが、女性にとっては言語道断で最悪な上司だ。もしかすると、回りまわって女性が職場の反感を買っているのかもしれない。ほかの美人被害談も見てみよう。(文:鹿賀大資)

「スマイル対応をすると出待ち入り待ちをされる」


神奈川県の40代女性(専門コンサル系)は、普通に笑ったり、親切にしたりするだけで勘違いされることが多いそうだ。また「実力で勝ち取ったことも下品な話にされる」と書いている。同じく神奈川県の40代女性(サービス系/個人事業主)も、

「常連さんにニコニコ対応すると、特別な存在だと勘違いされ、出待ち入り待ちをされる」

と辟易する。自分の身を守るため、迂闊に笑えない美人な女性は多いのかもしれない。

長野県の40代女性(正社員)は、過去の美人被害歴を明かす。学生時代の女性は、特に着飾ることもなく至って普通に過ごしていたにもかかわらず、異性からチヤホヤされていたので「同性の反感を買った」と振り返る。また同性に嫌われないための策として、「わざと異性への態度を悪くして好意を持たれないようにしていた」とも付け加える。さらに婚活時代には、

「出会ったほとんどの人に、真顔で『借金いくらあるの』とか『子どもは何人いるの』とか聞かれた。それにサクラだと思われていたみたい」

女性は「婚活しているだけで訳あり認定されていた」とこぼしている。

「職場の女性陣が仕事以外のことでマウントを取り、蹴落とそうとしてきます」

「顔もスタイルも仕事も人脈も努力しているのに、美人だからと理由をつけてくるのはやめてほしいです」と憤るのは、神奈川県の30代女性(流通・小売系)。自身の美人度合いについては

「常に私の目だけを見て話す上司。いつも差し入れを私だけにくれる男性陣。一回りも違う若者や年下男子でも、ドキドキしながら話してくれるのがわかります」

といいつつ、

「基本的に抜かりなくきっちりやる私は、美人で仕事もできます。そのため同性から嫉妬されることも。現に職場の女性陣の一部は、私と仲良くしたくないみたい。仕事以外のことでマウントを取り、蹴落とそうとしてきます」

と敵の多さを打ち明けた。

※キャリコネニュースでは引き続き「美人・イケメンで困ったエピソード」のほか【緊急募集】三度目の緊急事態宣言、あなたが思うことや現在困っていることを教えてくださいや共働き・片働きの不満などのアンケートを募集しています。

【関連記事】

おすすめの記事