Yahoo! JAPAN

CDの容量ってどれくらい?記録できる曲数や足りない場合の対処法を解説

オリーブオイルをひとまわし

CDの容量ってどれくらい?記録できる曲数や足りない場合の対処法を解説

CDは音楽やデータの保存に広く活用される。音楽を聞くときや記録するときに使用することが多いが、正確な容量についてご存知だろうか。この記事では、CDの最大容量と書き込める曲数について解説する。容量が不足したときの対処法や、DVDとの違いも併せて紹介するので、ぜひ参考にしてほしい。

1.CD1枚の最大容量は?

CD1枚の容量について詳しく紹介する。データ用と音楽用の違いや種類など、基本的な知識と併せてチェックしよう。

データ用と音楽用がある

CDにはデータを保存するデータ用と、特殊な加工が施された音楽用がある。CDのパッケージに記載されているので、確認してみよう。

著作権には「私的録音補償金制度」があり、音楽用CDの購入金には補償金が含まれている。データ用でも音楽の記録はできるが、著作権がある曲だと補償金の支払い義務違反になるので、注意してほしい。

CDの容量は650MBと700MB

一般的にCDの容量は「650MB」と「700MB」の2種類に分かれる。保存できるデータの容量や録音できる音楽の時間に差がでるので、CDを購入するときは必ずチェックしよう。

中には「865MB」の大容量タイプもあるが、ドライブによっては書き込みや再生ができないので注意したい。また、書き込みが1回のみの「CD-R」、繰り返し書き込みができる「CD-RW」、読み取り専用の「CD-ROM」の違いについても覚えておこう。

2.CD1枚に書き込める容量の計算方法

CDに書き込める容量について詳しく解説する。必要な知識である「非圧縮形式」と「圧縮形式」の違いも一緒に確認してほしい。

非圧縮形式と圧縮形式

音楽ファイルにはいろいろな形式があるのをご存知だろうか。大きく非圧縮形式と圧縮形式に分類でき、それぞれメリットとデメリットがある。

たとえば、非圧縮形式であるWAVだと、音質は市販の音楽CDとほとんど同じだが、データのサイズは重い。圧縮形式のMP3では、高域成分を切り捨てることで、データのサイズを10分の1ほどに圧縮可能だ。

つまり圧縮形式のほうが、同じ容量のCDでも多くの曲を書き込めるのだ。入れたい曲数や求める音質を考えたうえで、どちらの形式を選ぶか決めてほしい。

書き込める容量

非圧縮形式の音楽だと、650MBのCDは74分、700MBだと79分58秒書き込める。一般的なアルバムの場合は、十分に書き込める容量だろう。

たとえば、650MBのCDに3分の曲だけを入れた場合、74÷3で24曲になる。700MBだと79÷3で26曲だ。5分の曲なら650MBで14曲、700MBなら15曲くらいだろう。曲数とトータルの時間を確認して、容量が足りるかどうかチェックしてほしい。

3.CDの容量が足りない場合の対処法

保存したいデータと比べて、CDの容量が足りないこともあるだろう。2つの対処法を紹介するので、ぜひ試してみてほしい。

オーバーバーン

オーバーバーンとは、CDに容量以上のデータを書き込む方法だ。オーバーバーン機能付きのライティングソフト(書き込み用ソフト)を使用する。

ただし、オーバーバーンには専用ソフトが必要で、失敗するリスクもある。2枚のCDに分けるか、容量が大きい他の記録媒体を活用したほうがよいだろう。

圧縮形式にする

音楽であれば形式を変更することでサイズを小さくできる。MP3など圧縮形式のファイルなら、容量が足りないCDにも多くの曲数を書き込むことが可能だ。ただし、一度圧縮するとオリジナルのデータには戻せないので注意しよう。

パソコンを使えばMP3として保存や変更が可能だ。1秒間あたりのデータ量をあらわしているbps(ビットレート)の数字が小さいと容量も小さくなるが、音質も悪くなるのでバランスを考えよう。

4.CDとDVDの容量の違い

DVDはCDと同じ記録媒体の一種だ。DVDの容量や特徴を説明しながら、CDとの違いについて解説していこう。

DVDの容量と概要

一般的なDVDの容量は「4.7GB」だ。映像媒体用の記録媒体として活用することが多い。両面に記録できるタイプもあり、容量も「8.5GB」と2倍近くなる。

また、DVDは「録画用」と「データ用」に分かれている。録画用の料金には「私的録音録画補償金」が含まれており、著作物であるテレビ番組の録画が可能だ。

CDとDVDの違い

CDと比較してDVDの容量は7倍ほどなので、サイズが大きいデータの記録や再生が可能だ。CD用のドライブではDVDを再生できないが、DVD用のドライブならCDの再生ができるといった違いもある。

より大きなデータを記録したいなら、CDよりもDVDを活用してほしい。保存したいデータの容量や、再生したいドライブで使い分けるのがポイントだ。

結論

CDの容量は「650MB」と「700MB」の2種類だ。CDに記録するときは、書き込みたいデータの容量を確認しておこう。もしも容量が足りないときは、オーバーバーンや圧縮形式への変換といった方法も試してほしい。より大きな容量のデータを記録するなら、CDよりもDVDを活用しよう。データの種類やサイズによって、使い分けをすることが重要だ。

【関連記事】

おすすめの記事