Yahoo! JAPAN

覚えておくと便利!犬の冬のお手入れをするコツ2選

わんちゃんホンポ

防寒対策

皮膚が露出している人間とは異なり、犬たちはどの犬種も(例外もありますが)体中が毛でおおわれています。夏場は暑そうなのですが、冬になるといつもの被毛の下に暖かい冬毛が生えてもこもこになり、保温性がアップしている子がほとんどです。

体中が毛におおわれていて、しかもお外に出ると元気よく遊んでいる子が多いので「犬は寒さを感じていないのでは」と思われている方はいませんか?若い個体やもともと寒冷地向けに品種改良された犬たちは多少の寒さはものともしません。しかし、小型犬や長年室内で飼育されている犬などのなかには、結構な寒がりの子がいるんです。

また寒冷地向けに品種改良された犬でも、年を取ったり長く室内飼育を続けたりしていると気温の変化に対応しているはずの換毛のタイミングがずれてしまう子もいます。真冬なのにふかふかもこもこになっていない、なんて状態だったりするのです。

このような場合、外遊びなどで興奮しているときは良いのですがいざ気が付くととんでもなく体が冷えてしまっていることがあります。そのまま放置すると、人間同様に冷えによってお腹を壊したり風邪をひいたりといった体調不良を引き起こすため、保温が必要になります。

冷えた体を温める方法としては、散歩から帰ったら温かいお湯やタオルで足裏を温めてあげたり、濡れた被毛をちゃんと乾かしてあげたりといったことが挙げられます。

また、初めから体を冷やさない方法も有効です。年を取っている子や被毛が薄めの子の場合は予め防寒着を着せて身体を冷やさないようにしておくといった予防が大切ですね。さらに、被毛の保温性をアップさせるために、こまめにブラッシングして抜け毛を取り除いてあげたり皮膚のマッサージをしてあげたりすると良いようです。

乾燥ケア

室内飼育をしている方はお気づきになっているかもしれません。犬たちは、ストーブの前が大好きです(笑)

それほど寒い日でなくても、ストーブや暖房機器が動き始めるとそそくさと温風の出口や暖かい部分の前に陣取ってじっくりお尻や背中をあぶっているのです。中には毛を焦がすんじゃないかと心配するくらい、ストーブに近づいている子もいます。熱くないのかなと思うのですが、彼らは被毛のおかげでストーブの熱さを感じにくいらしいですね。

犬も寒いんだなあとほほえましく感じるところですが、ここで一つ心配なことがあります。冬場、ストーブや暖房をつけると人間も困ったことがありますよね。そうです、乾燥です。

犬たちも熱源に近いところに陣取って暖を取っているため、必然的に体の水分が飛んでいきます。分かりやすいのは鼻や足裏の肉球ですが、被毛のその下の皮膚も乾燥して冬場はフケがたくさんでることがあります。フケ対策はこまめなブラッシングによるマッサージと保湿シャンプーなどを利用すると良いようです。

冬場に特に困るのが、肉球の乾燥かもしれません。夏場の適度に潤った状態の肉球だったら問題ない路面でも、乾燥した肉球で歩くとひび割れたり出血したりといったトラブルが多発します。寒冷地ですと雪や氷の上を歩くことも多く、ケガが酷くなることもあります。特に冷えた日は雪が凍って鋭くなるため、お外に行く前に路面を確認してあげてくださいね。

乾燥させ過ぎないように、なめてもOKな肉球用クリームやシアバターなどで保湿してあげたり、あるいは外を歩くときに犬用のシューズをはかせて保護してあげたりすると良いでしょう。

まとめ

冬は寒くてお外に出たくなくなりますが、冷えや乾燥の対策をして欠かさず運動をすることで免疫力をアップさせ、犬も人も元気に乗り越えていきましょう。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事