Yahoo! JAPAN

SUPでのロックゲームで本命キジハタ対面 カサゴは2ケタ釣果【敦賀】

TSURINEWS

SUPでキジハタゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

8月も終盤。色んなターゲットを釣り残したまま夏を終わらせないために、リレー釣行へ。敦賀港の豆アジ&SUPでの根魚釣りで短い夏を満喫してきた。

敦賀港で豆アジ狙い

8月22日の夜、福井県敦賀市まで車を走らせた。日付が変わるころに到着し、まずはアジ狙いから。アジなら秋になっても、と思うかも知れないが、私が求めているのは南蛮漬けにする豆アジなのだ。今釣らなければ、どんどん大きくなってしまう。

敦賀港周辺をウロウロしてみたが週末とあって先行者が多く、狙うポイントに入れない。0.4gのジグヘッドにパワーイソメの組み合わせで数カ所探ったが、釣果は小さなセイゴと本命の豆アジが1匹だけ。

豆アジに苦戦

そこで敦賀半島に車を向けるが、ここも予想以上に人が多い。丹生周辺まで来たところで、ようやく人の少ない場所に豆アジの群れを見つけた。

まずはジグヘッドで探ってみるが、なんせ相手は6~8cmの豆アジ。表層をスローに探れば簡単にアタリは出るが、ヒットに持ち込むのは至難の業だ。あの手この手で数匹キャッチしたが、このペースでは目標の30匹に届かない。

思わぬ苦戦の豆アジ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

必殺サビキで30匹

そこで必殺の豆アジサビキ。下カゴにアミエビを詰めて投入すると、早速サオ先が震えた。アジをバケツにほうり込み、ふと見ると背後にネコが1匹。「30匹キープするまで待っていてね」と再投入するが、これが渋い。

サビキは豆アジ専用の0.8号。これ以上はハリも小さくできない。常夜灯の下で観察してみると、どうやらコマセに対する反応が悪いようだ。とはいえ無反応という訳ではなく1匹、また1匹と単発のヒットはある。

その間に1匹、また1匹と数を増やすネコ。ようやく目標の30匹を数えるころには、ネコは11匹になっていた。この調子だと、朝まで粘っても彼らの期待には応えられそうにない。ゴメンナサイとネコたちに謝罪し、午前3時半にひとまず撤収とした。

30匹をキープして南蛮漬けに(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

立石からSUPで出艇

しばしの休憩の後、夜明けを待って立石周辺のゴロタ場からSUPで出艇。

沿岸のゴロタ場を探っていった(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

次に狙うのは夏の高級魚キジハタだ。ポイントは岸際のシャロー。水深は5~6m程度なので、クロー系ワームのバランスショットリグで狙っていく。

当日のSUPタックル(作図:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

両足を海中に投げ出し、丸見えの海底を眺めながらの釣りは快適そのもの。

海底の様子も一目瞭然(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

ユラユラとフォールするルアーを目で追いながら、着底したところで軽く持ち上げる。すると次の瞬間、ググッとサオ先が絞り込まれた。即座にアワセを入れ、一気に底を切る。そのまま巻き上げると、姿を見せたのは23cmほどのキジハタ。小ぶりながら1投目から本命とは、幸先のいいスタートだ。

カサゴは2ケタ

次の投入では15cmほどのカサゴ、続いてオハグロベラとヒットが続く。

珍客オハグロベラ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

ここでポイントを外れたようなので、再び立て直す。ところがそれからはカサゴのオンパレードで2ケタ。あちこち移動しながら探っていくが、なかなかキジハタは姿を見せない。

カサゴは小型ながら2ケタ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

納得サイズのキジハタ28cm

やがて風が強くなってきたのでパラシュートアンカーを投入。ゆっくり流しながら、丁寧にボトムを探っていく。ここで、ひったくるようなアタリ。これは間違いないだろう。急いで底を切り、慎重に浮かせると28cmのキジハタ。一応は納得サイズだ。

一応納得サイズ28cmのキジハタ(提供:週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志)

しかし、その後はカサゴなどの外道ばかりで、気づけば午前8時。数はともかく、取りあえず本命の顔も拝めたので切り上げた。

<週刊つりニュース中部版 APC・浅井達志/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年9月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The postSUPでのロックゲームで本命キジハタ対面 カサゴは2ケタ釣果【敦賀】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 飼い主に『お帰りのチュウ』をせがまれ首をグイン…。反らしてまで拒否ったゴールデンがあからさま過ぎ、泣きそう【動画】

    Retriever Life
  2. 今さら聞けないアジングのキホン:誘い方とジグヘッド形状の関係とは

    TSURINEWS
  3. 洗濯直後の靴下を人質に、めっちゃ悪い顔で誘ってくる柴犬。もちろんこのまま『靴下綱引き大会』開催へ。【動画】

    柴犬ライフ
  4. (ママ…!)外に出た飼い主を追いかけ、フェンス越しに見送るダックス。後ろ姿が切なすぎて見ていられない【動画】

    ダックスフンドライフ
  5. 【セリア】いっきに外せる「ピンチハンガー」めっちゃ便利。物干し革命では?

    東京バーゲンマニア
  6. 2298gで産まれた赤ちゃんを見た実母が「このままずっと小さく育つかもよ」と一言。心配するべき?

    ママスタセレクト
  7. 【専門医監修】 他人事じゃないから知っておきたい 「乳がん」との向き合い方

    ミキハウス 出産準備サイト
  8. 2019年の神回から1年…「M-1グランプリ2020」決勝放送日が12月20日に決定!

    おたくま経済新聞
  9. 約40年間、変わらぬ味と雰囲気。赤羽の『純喫茶 デア』でよき時間を愉しむ

    さんたつ by 散歩の達人
  10. 旬を迎えた秋の『戻りガツオ』 そもそもどこから「戻ってくる」の?

    TSURINEWS