Yahoo! JAPAN

小田原ウイメンプラス 乳がん検診啓発で勉強会 元プリプリ 富田さんら協力〈小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町〉

タウンニュース

原社長(左)と宇田川事務局長。富田さん(下)

小田原で活躍する女性のコミュニティー「小田原ウイメンプラス」(鈴木敦子代表)が11月6日(土)、勉強会「女性のためのスマートスタディー」を小田原三の丸ホールで開催する。ロックバンド「プリンセスプリンセス」の元メンバーで乳がん検診啓発に取り組む富田京子さんらを招き、女性の未来のための知識を学ぶ。

小田原ウイメンプラスは、2018年に小田原で活動する女性の個人事業主らで発足し、女性のための講演会などを実施。一方、富田さんは、17年に乳がん告知を受けた歌手・麻倉未稀さんと共に乳がんの早期発見の呼び掛けを行う「ピンクリボンふじさわ」を立ち上げ、藤沢市を拠点に啓発活動を行ってきた。

今年1月、小田原市の地域新電力会社「湘南電力(株)」(原正樹社長)が実施する「地域応援プラン」(電気代の1%を地域活動に充てる)の対象団体に「ピンクリボンふじさわ」が加わった。原社長より「コラボレーションできないか」と協力を呼び掛けられ、ウイメンプラスの宇田川路代事務局長が「女性として乳がんは身近な問題」と今回の地域エネルギーの勉強会と乳がんの講演会を企画したという。。

勉強会では、富田さんが「チームの力で世界を変える」をテーマに、バンド再結成とピンクリボンの活動を話すほか、藤沢市保健医療センターの長嶋敏幸診療部長が「よりよいがん検診にするためのヒント」を講演。また、DV(配偶者からの暴力)や地域エネルギーについても学ぶ。富田さんは、「乳がんは9人に1人がかかると言われていますが、早く見つけて治療すれば命を落とす病気ではない。検診を受けて」と話している。

勉強会は午後3時から。参加費500円。(問)小田原ウイメンプラスのFB、事務局【電話】080・3705・6239

【関連記事】

おすすめの記事