Yahoo! JAPAN

リビングで仕事をするダンナにイライラ。気を遣いすぎるママが、まずやるべきことは?

ママスタセレクト

仕事を自宅に持ち帰り、テレワークをすることも珍しくなくなった今。とくに小さな子どもがいる家庭では、自宅の”どこ”で仕事をするか悩む場合もありそうです。

家で仕事をする空間は……「自室」が多数派

ママスタコミュニティで見つけたのは、ダンナさんが自宅で仕事をする場所についての悩みでした。

『夫は仕事で週1しか休みがなく、勤務日もほぼ子どもの就寝後に帰宅するような状況。先日は珍しく仕事を自宅に持ち帰り、休日返上でやっていました。場所はリビング。1歳の子どもがパソコンに近寄り邪魔するので、それを阻止するのが本当に大変でした。私も午前中は頑張れましたが、いつ終わるのかわからないまま午後に。夕方にはストレスで疲れ果て、夫にそっけない対応になってしまいました。普段子どもと過ごせないので、せめて同じ空間にいたいと考えたのでしょうか? みなさんのところでは夫が仕事を持ち帰ったとき、どこでやっていますか? その際のルールはありますか?』


お休み自体も少ないのに、それさえ返上して仕事をしていたダンナさん。投稿者さんは「邪魔してはいけない」と、かなり気を遣ったようですね。

コメントをくれたママたちの回答で多かったのは、やはりダンナさんの自室です。

『うちはそれぞれ自分の部屋があるので、夫もそこでやっている。リモートワークもね』


『ワンルームに住んでいるのなら悩むだろうけど、ダンナが他の部屋へ行けばいいだけでしょ? 寝室とか。うちは自分の部屋で仕事している。リビングでは絶対にやらない。私が家事をしたりするから、集中できないらしい』


自室がなければ寝室など、リビング以外の選択肢はありますよね。投稿者さんの家にもダンナさんの自室があるそうなのですが、なぜわざわざリビングで仕事をするのでしょう?

わざわざ落ち着かないリビングを選んで仕事する理由って?


リビングは、投稿者さんとお子さんが日中過ごす場所。それを知りながら、あえてリビングで仕事をするダンナさん。落ち着かない環境だと仕事に集中できない人が多そうですが……?

『投稿者さんのご主人は、リビングが一番快適だからリビングにいたかったのでは? 他の部屋が狭い、暗い、寒いとか。また同じことがありそうなら、自分の部屋でやるようにお願いしてみたら?』


『リビングに来ちゃうのは、何か理由があるんだと思う。自室が片付いていない、寒いor暑い、外の音がうるさくて集中できないなど。Wi-Fiが入らないって理由もあるかも。一度話し合ったらどう?』


投稿者さん自身は、トピ文にもあるように「普段一緒にいられない子どもと、少しでも同じ空間にいたかったから?」と推察しています。そんな投稿者さんに、ちょっと厳しいアドバイスもありました。

『うちは自室でやっている。ダンナさんがリビングにいたいのなら、ほうっておけばいいのに。子どもに邪魔されるのがイヤなら、他の部屋に行くでしょう』


『投稿者さんがイライラするのは、子どもをダンナのほうに行かせないように気を遣うからだよね。それなら、ほうっておけば? いつもどおり、リビングで子どもと過ごす。小さい子がいるのにわざわざリビングを選ぶのだから、集中できなくて当たり前。しっかりわからせておかないと今回で味をしめて、今後たびたびリビングで仕事をするようになるよ。「自室だと快適に過ごせないから、リビングに来るのでは?」という意見もあるけど、私だったら「それなら自分で自室を整えろ」と思うわ。片付けや温度調節くらいはできるでしょ』


ダンナさん自ら集中できない環境を選んでいるのですから、わざわざ気を遣う必要はなかったのかもしれません。

「自室で」「仕事中はノータッチ」など家庭ごとのルールも

投稿者さんが知りたがっていた「自宅に仕事を持ち帰ったときのルール」。「仕事は自室で」だけでなく、「仕事をしている人にはノータッチ」というコメントもありました。

『うちは仕事は書斎でする、というのが決まり。投稿者さんのところみたいな状況になったら、「邪魔をしないようにしているのが面倒だから、買い物に行ってくるね。子どものこと、よろしく!」って出ていくかも』


『在宅勤務が始まった頃に、ふたりで相談して決めたよ。「用事があるなら、言ってちょうだいね。それ以外は私から声をかけないからね」って。だから私がお茶するタイミングでも、ダンナに「何か飲む?」とは聞かない。あとリモート会議中は掃除機をかけない、テレビを観ない。でもこれは常識だから、ルールじゃないね(笑)』


『在宅勤務で1日中家にいるときは、12時にお昼ご飯が食べられるように準備する。でも、それ以外は何もしないよ』


ダンナさんにまず「どうしてほしいの?」と確認してから、その日の予定を決める人も。

『うちは夫に希望を聞く。何時頃までかかりそうなのか、私たちに外出していてほしいのか、子どもがうろちょろしていてもいいのか? そのときどきによるよ。「午前中には終わるから、お昼になったらみんなで出かけよう」という日もあるし、「夕方までかかりそうだから、できれば公園とかに行ってほしい」と言われるときもある』


『私だったらダンナに「ひとりになりたい?」と一応確認して、「ひとりがいい」と言われたら実家に行っちゃうわ。ダンナが休日も仕事をするなら、こっちはこっちで楽しんじゃおうと思う。うちは3歳と2ヶ月の子どもたちがいるんだけど、昨日ちょうど似たような状況になったから、実家に遊びに行ったよ。親が子どもと遊んでくれて、私もリフレッシュできた』


投稿者さんはダンナさんに何も聞かないまま勝手に気を遣い、勝手に疲れ、ストレスを溜めてしまいました。ダンナさんにとっても、それは本望ではないはずです。

ママたちからコメントをもらったことで、ようやくそこに気がついた投稿者さん。

『私が気を遣い過ぎていたのかも。「リビングで仕事がしたいなら、邪魔されても文句を言わない。それがイヤなら他の部屋に行け」と言えばよかったのね! 次回仕事を持ち帰ってきたときのために、いろいろルールを決めておけばストレスなく過ごせそうです。コメントをいただき、ありがとうございました』


まずは相手にどうしてほしいのか、その理由を含めてしっかり話し合うことが重要ですね。

文・鈴木麻子 編集・千永美 イラスト・Ponko

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 2021年6月22日〜9月30日開催  韓国ドラム缶焼肉×ビアガーデンin京都八坂

    京都速報
  2. 乃木坂46・松村沙友理、卒業コンサートを開催「辞めずに続けられたのはファンの皆さんのおかげです」

    SPICE
  3. 鬼頭明里、花に囲まれたカットが美しい「No Continue」MV公開

    SPICE
  4. コブクロ、先行配信中の33枚目シングル「両忘」のミュージックビデオを公開

    SPICE
  5. 乃木坂46[ライブレポート]満開の笑顔と感謝の涙で彩った松村沙友理卒業公演「アイドルを辞めずに続けられたのはファンのみなさんのおかげです」

    Pop’n’Roll
  6. ハンブレッダーズ、新曲「ワールドイズマイン」を『SCHOOL OF LOCK!』で初オンエア

    SPICE
  7. <ママ友カースト>「私はボスママの取り巻き」気まずい……!いじめていたママは先生だった【第3話】

    ママスタセレクト
  8. 超とき宣、2週連続でライブ映像無料配信決定!

    Pop’n’Roll
  9. 靴を洗濯機で洗うならどこまで?洗濯・脱水・乾燥……ママたちの使い方は

    ママスタセレクト
  10. <単独インタビュー>要潤 “超イケボ”でショートフィルムの魅力語る 「セリフがなくても楽しめる」  @ショートショートフィルムフェスタ

    動画ニュース「フィールドキャスター」