ブラックバイトの実態 「実質的に時給300円」「オムツ着用で働くのが当たり前だった」 - Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN

ブラックバイトの実態 「実質的に時給300円」「オムツ着用で働くのが当たり前だった」

キャリコネニュース

ブラックバイトの実態とは

ブラック企業の中には、アルバイトなのに正社員ばりに働かせるところもある。キャリコネニュース読者からも、

「アルバイト扱いなのに、管理業務は当たり前。社員がいないので、クレーム処理はアルバイト。現在も休憩なしで8時間以上勤務しています」(50代女性、販売・サービス職)

「契約上ではアルバイトにもかかわらず、正社員の仕事量を任された。実質的な時給は300円程度で、深夜早朝を問わず働かされた」(20代女性、営業職)

といった"ブラックバイト"に関する声が多く寄せられている。

「家が近い」という理由だけで35連勤させられていた

IT系技術職の50代男性は、学生時代に経験したブラックバイトについて語っている。広告代理店での広告配布のアルバイトだった。求人広告の賃金欄には「某ファストフード店の1.5倍」と記載されていたが、実際は「最低賃金以下」だったという。

「働いてみると厳しいノルマがありました。1時間に500個配布がノルマでしたが、どう頑張っても300個が限界です。ほかのバイトが来なければ、ノルマの半分も配布できないノルマでした」

以前、コンビニのアルバイトをしていた30代女性は、店舗から「家が近い」という理由で酷い扱いを受けた。休みは週に1度だけだったが、ほかのスタッフが欠勤すると穴埋めをさせられた結果、35連勤になっていたという。「今でも納得がいかないです」と綴っている。

ホットラインが設置されているものの、通報者が誰かすぐわかる

若い頃に牛丼チェーン店でアルバイトをしていた30代女性は、当時の体験を明す。社内にはセクハラホットラインが設置されていたものの、本部は通報者が誰かすぐわかるのをいいことに「いつでもどうぞ」という高圧的な態度だった。それ以外にも、

「休憩が取れないためオムツ勤務は当たり前だったし、世間で聞くようなセクハラやパワハラはすべて『社則に反してないのでOK』という意味不明なルールもありました」

という。

その後退職して結婚したが、ブラックバイト時代のことを夫に話したところ、「昔は長時間労働なんてどこの企業でも普通だった」といわれた。夫は親族とともに「今のブラック企業は昔の当たり前。だからお前は世間知らず」と罵ったという。女性は「働いても働かなくても地獄です」と家庭もブラックだったとこぼしている。

※キャリコネニュースでは引き続き「ブラック企業経験談」や「リボ払いの経験がある人」に関するアンケートを募集しています。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. ストレッチおじさんの「自宅でできるストレッチ」~脚・腰編~

    ロケットニュース24
  2. 子どもにとって「家」での良いくつろぎ方とは?ヨレヨレの服で寝転びテレビ!?

    ママスタセレクト
  3. 「オヤツ…」グラスの中のウマウマが欲しいゴールデン。悩んだ挙句、出した答えが何とも『らしい』ヤツだった【動画】

    Retriever Life
  4. トルコを代表するホルモン料理「ココレッチ」とは? / イスタンブールの名店「クラル・ココレッチ」

    GOTRIP! 明日、旅に行きたくなるメディア
  5. 【バーミキュラ】鉄のフライパン。でも、使いやすい!「傑作フライパン」できました〜

    ウレぴあ総研
  6. ディズニープリンセスのシールが100枚! ドレスきせかえブック

    ウレぴあ総研
  7. 【婚活アプリ】こんなはずじゃ…を回避! 経験者が教える気をつけたいポイント

    ウレぴあ総研
  8. 川相昌弘氏に木村拓也氏、今季はロッテ・鳥谷敬も 背番号「0」と「00」はユーティリティープレーヤーの宝庫

    SPAIA
  9. 磯フカセ釣りで良型イサキに挑戦 45cm級2ケタ手中【鹿児島・上甑島】

    TSURINEWS
  10. スーパーで買った鮮魚パックに違和感 →封を開けるとまさかの状態だった

    Jタウンネット