Yahoo! JAPAN

普通のキムチとは一味違う?キムチの王様『ポッサムキムチ』って何?

オリーブオイルをひとまわし

普通のキムチとは一味違う?キムチの王様『ポッサムキムチ』って何?

スーパーでも購入できる、一般的な白菜キムチを食べたことのある人は多いはず。では、ポッサムキムチはどうだろうか。キムチの辛さに加え、魚介類や果物などの旨みがぎゅっと詰め込まれた贅沢な味わいだ。今回は、そんなポッサムキムチの美味しい食べ方や作り方、おすすめなどを紹介する。

1.韓国のポッサムキムチとはどんな意味?

ポッサムキムチの本場である韓国では、「ポッサムキムチ」という名にどんな意味があるのか、どんなキムチのことを指すのか、さっそく見ていこう。

ポッサムキムチの意味とは

ポッサムキムチは本場の韓国で「宮廷キムチ」という扱いをされ、お祝いの席など特別な日に食卓に並ぶ一品だ。ポッサムキムチの「ポッサム」とは、韓国語で「包む」を意味する。直訳すれば「包んだキムチ」となる。その名の通りポッサムキムチとは、さまざまな食材を包み、漬け込んで作り上げるキムチだ。

ポッサムキムチとはどんなキムチ?

ポッサムキムチの白菜に包み込む具材は魚介、野菜、果物、なつめ、松の実などだ。魚介を中心にたっぷり包むことで、具材の旨みと相まって上品な味わいになる。具材をふんだんに使っているため、数多くあるキムチの中でも最上級といわれている。

2.ポッサムキムチの作り方

ポッサムキムチの基本の作り方やアレンジ方法などを紹介する。

ポッサムキムチの基本の作り方

ポッサムキムチは白菜に好きな具材を包み、キムチの素に漬け込むだけと、いたってシンプルな工程でできあがる。美味しく作るコツは、芯が少なく柔らかく大きな葉が多い白菜を選ぶこと。また、下ごしらえとして白菜の塩抜きをしっかりと行おう。白菜選びや下ごしらえをきちんと行うことで、具材をしっかり覆うように包むことができる。

ポッサムキムチのアレンジ方法

白菜に包み込む具材はタコや牡蠣、梨や栗など気分に合わせて、日によって変化をもたせても面白い。キムチの素を自作するなら、出汁にこだわったり塩加減や辛みを調整したりするとよいだろう。そういった細かい工程は、キムチの味に変化をもたせ、より自分好みに仕上げる重要なポイントとなる。

3.ポッサムキムチの美味しい食べ方

ポッサムキムチはどうやって食べるのが正解だろうか。ポッサムキムチの食べ方に加え、最後まで美味しく食べるためのアレンジ方法を紹介する。

ポッサムキムチの美味しい食べ方

ポッサムキムチを食べるには、まず包まれているポッサムキムチを開くことからはじめる。美しく包まれているポッサムキムチを解体するのは、躊躇する人もいるだろうが、美味しく食べるために白菜を取り出してみよう。取り出した白菜を皿に広げたら、包まれていた具材をのせてくるんで食べる。もちろん、白菜単体を食べても具材の旨みを味わえるだろうが、ポッサムキムチを美味しく食べるなら具材を一緒に食べることをおすすめする。

ポッサムキムチを別料理にアレンジする方法とは

いくら美味しいポッサムキムチとはいえ、賞味期限内に食べきるのが難しい場合や味に飽きることもあるだろう。そんな時は、別料理にアレンジすると具材の旨みを存分に生かすことができる。たとえば豚キムチのような炒め料理や、キムチ鍋のような鍋料理にアレンジするとよい。また、かき揚げにしても、味付け要らずで簡単に美味しく食べられる。ぜひ、ポッサムキムチの具材に応じてさまざまなアレンジを楽しんでみてほしい。

4.ポッサムキムチの通販や購入場所

ポッサムキムチはどこで購入できるのか、またおすすめ商品を紹介する。

ポッサムキムチを購入できる場所

ポッサムキムチのみならず、キムチといえば鶴橋が有名だ。とくに出会う機会の少ないポッサムキムチを購入するなら、キムチの品揃えが豊富なスポットに行くとよい。たとえば、本場の味を堪能できる東京都台東区のキムチ横丁や大阪の鶴橋にあるコリアンタウンがおすすめだ。また、まれに百貨店で行われる物産展でポッサムキムチを販売していることがあるため、近隣の百貨店のスケジュールをチェックしておくとよい。ポッサムキムチの具材によっては限定販売の可能性もあり、見つけたらすぐに購入しておくと安心だ。

通販で取り寄せできるおすすめのポッサムキムチ

東京のキムチ横丁や大阪のコリアンタウンが自宅から遠い場合、現地に行ってポッサムキムチを探すのはなかなか難しいだろう。しかし、通販で購入することができるおすすめの商品もあるため、ぜひ参考にしてほしい。

豊田商店

大阪の鶴橋に店を構える豊田商店は、50年以上の歴史をもつキムチ専門店だ。冬季のみ数量限定でポッサムキムチが販売される。イカ、栗、梨、りんご、人参など厳選された素材で作られており、果物のフルーティーな香りやイカなどの食感がたまらない。すぐに売り切れるので、販売開始の時期になったら素早くチェックしておこう。

崔さんのキムチ

韓国宮廷料理人の孫であり、韓国料理研究家として活動しているチェさんが、丸2日かけて作るポッサムキムチは、薄味で上品な味わいだ。タコ、エビ大根、胡瓜、梨、椎茸、岩竹などふんだんな食材を使用している。

結論

キムチの王様、ポッサムキムチ。手作りなら自分好みの味わいになり、売られているものならより本場の味が楽しめる。アレンジもしやすいため、食べきれないかもという心配は不要だ。さまざまな食材の旨みがぎゅっと詰まった奥深い味わいを、ぜひこの機会に堪能してみてほしい。

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部
監修者:管理栄養士 渡大谷琴羽

【関連記事】

おすすめの記事