Yahoo! JAPAN

犬にストレスを与える『お世話』5選 間違っている行動とケアするコツを解説

わんちゃんホンポ

逆効果かも?犬にストレスを与える『お世話』5選

愛犬に良かれと思ってやっている行為が、実は犬にとってストレスを感じる行為だとしたら…飼い主としては早々に改善したいですよね。ここでは、犬にストレスを与えてしまう『お世話』を5つご紹介します。改めて普段の接し方を見直してみてください。

1.過剰に犬にスキンシップを求める

犬は飼い主さんと触れ合う時間が大好きです。しかし、だからと言って、過剰にスキンシップをする行為は、犬にとってストレスを与えてしまうことになるとご存知でしょうか。

飼い主と触れ合っている時間は犬にとって楽しい時間です。ですが、同時に興奮しやすいため体力や気力を消耗していることが多いです。したがって、過剰に犬にスキンシップを求めていると無意識のうちにストレスが溜まりやすくなります。

2.あまりにも長い時間を犬と一緒に過ごす

犬に長時間留守番をさせすぎない方が良いという話は有名ですが、犬が飼い主のいる空間に依存しすぎるほど長い時間を愛犬と一緒に過ごすことも、かえってストレスを与えてしまう行為に該当します。

あまりにも長い時間、飼い主と一緒にいると、いざ飼い主の姿が見えなくなった時に極度の不安に駆られるようになります。分離不安を引き起こすことで強いストレスを感じるようになってしまうので、日頃から適度な距離感を保つことは大切です。

3.散歩などで他の犬と無理に交流させる

犬の社交性を高めてあげることは大切ですが、愛犬の性格を無視し、無理やり他の犬や人と交流させる行為は、犬にとって強いストレスとなることがあります。

犬は1頭1頭性格が違います。社交的な性格の犬もいれば、内向的な性格の犬もいます。後者の性質が強い犬に無理に交流を強いてしまうと、強いストレスを感じてしまい、より他の犬と接することに苦手意識を持ってしまうこともあります。

そのため、散歩はもちろん、無理にドッグランに連れて行く行為などもお勧めできません。まずは様子を見ながら、少しずつ愛犬のペースで見知った犬と慣れさせていくのが良いでしょう。

4.しつけと称して恐怖で支配する

飼い主の中には、飼い主の責任としてしつけを厳しく行う人も多くいます。飼い主としてしつけをしっかり行うことは良いことですが、しつけと称して大きな声で怒鳴りつけたり、叩くなどの体罰を加えたりする行為は厳禁です。

ストレスを感じるだけでなく、飼い主に対する信頼感も崩壊します。また、飼い主以外の人間に対して恐怖心を抱いてしまうため、常にストレスを抱えて生活するように習慣づいてしまう恐れがあるのです。

5.過保護に接しすぎて犬らしい行動を制限している

愛犬を愛しすぎるあまり、過保護に接しすぎて犬らしい行動を制限している飼い主を見かけます。例えば、「外を歩くと車が来て危ないから、散歩は極力させない」といった極端な例も見聞きすることがあるのです。

しかし、こうした飼い主の接し方は、明らかに間違っています。過保護に接しすぎて犬らしい行動を制限してしまうと、犬は本能的な欲求を満たすことができず、ストレスを発散させることもできません。

ストレスが溜まってしまうと問題行動につながったり、刺激を受けていないために警戒心が過剰に強まったりする傾向もあるため、犬らしい欲求が満たせるような行動を日常に取り入れてあげることも大切です。

ストレスを軽減するために…犬のストレスをケアするコツを解説

犬のストレスを少しでも軽減させてあげるためには、以下のポイントを押さえて、お世話したり接したりすることが大切です。

✔犬の性格を尊重したペースでお世話をする
✔スキンシップは適度な距離感で行う
✔他の犬との交流は愛犬の様子を逐一確認して
✔しつけは「楽しい」を意識して行う

まずは犬の性格を尊重してあげることが大切です。犬の性格を理解した上で、その子に合ったペースでお世話やスキンシップ、トレーニングを行いましょう。

また、スキンシップは過剰に行えば良いというものではありません。愛犬とのコミュニケーションを取るために、適度な距離感で接することが大切です。

愛犬と過ごす中で、家事や仕事、育児など忙しい時間は誰にでもあります。そうした必要な生活をしている間は、愛犬にひとりの時間を堪能してもらえるよう、寂しくないような環境づくりに取り組むことも効果的です。

まとめ

いかがでしたか。良かれと思ってやっている飼い主の行為が、実は犬にストレスを与えているという事実は衝撃的です。しかし、愛犬の心の健康のためにも、なるべくストレスの少ない生活を意識して接し方を見直してみてください。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事