Yahoo! JAPAN

赤坂が若手クリエイターの集まる街に!赤坂エンタテインメント・シティ計画エリアコンセプトが決定

TBS

TBSではこのたび、国家戦略特区として認定を受け、2028年竣工・稼働を目指す「赤坂二丁目・六丁目再開発計画」及び既存エリア(TBS放送センター、赤坂サカス、TBS赤坂BLITZスタジオ、TBS赤坂ACTシアター、赤坂Bizタワー)におけるエリアコンセプトを決定しました。エリアコンセプトは「あらゆる世界を揺さぶる、エンタテインメントの街へ。Shake the World. AKASAKA」となります。
このエリアコンセプトには、ブランドプロミス「最高の“時”で、明日の世界をつくる。」の前文、「私たちは、さまざまなフィールドで心揺さぶる時を届け、社会を動かす起点を目指します。」の「心を揺さぶる」の部分を意識し、かつ「私たちTBSが創業以来70年間ともに歩み続けてきた赤坂という街と一緒に人の心を揺さぶることの素晴らしい価値に本気で取り組んでいきたい。心が動く楽しさや驚きや歓びを、世界中の人々に、食・音楽などのあらゆる領域に、ひろげていきたい。そして赤坂の街を最先端のエンタテインメントの発信源にしていきたい。」という想いが込められています。

また、エンタテインメントに興味のある国内外次世代層に対して
1「世界に発信する街、赤坂」へ
2若手クリエイターが集まる街に
3勢いがあって、面白い街に
4常に進化する街に
を目標に具体的な体験を通じて赤坂を盛り上げていきます。
その第一弾が、7月8日(金)に開幕する舞台『ハリー・ポッターと呪いの子』になります。2016年6月、ロンドン・ウエストエンドで開幕以降、世界各国でヒットを続ける世界を震わすライブエンタメのアジア初上陸公演に挑みます。

※日本公演は既に9月末までの128公演、約15万枚が完売。

これからも日々進化していく赤坂エンタテインメント・シティ計画にご期待ください。

おすすめの記事