Yahoo! JAPAN

大根の皮のサラダレシピ!捨てるとこなし&お箸が止まらない

VEGEDAY

発酵にまつわるエッセーの執筆、レシピ監修、イベント開催まで幅広く活躍する発酵マイスターの田中菜月さんに、大根やにんじんの皮で作るサラダレシピを教えていだきました。

大根やにんじんの皮ともずくのサラダ

大根やにんじんの皮など、普段捨ててしまう部分をおいしくいただくサラダです。

材料(2人分)

大根の皮:50g

にんじんの皮:10g

もずく:100g

柿:1/2個

塩:小さじ1/4

自家製ぽん酢(市販のぽん酢でもOK):大さじ3

自家製ぽん酢の作り方

<材料>   

醤油:70g

ゆず果汁:2個分

昆布:2g

かつお削り節:2g

材料をすべて清潔なビンに入れ、冷蔵庫で1週間ほど寝かせた後、昆布とかつお削り節を取り出して使います。   

作り方

大根、にんじんの皮を千切りにして塩でもむ。

柿は皮をむき、千切りに。

ボウルにもずくと2を入れ、さらに1とぽん酢を入れてあえる。

memo

野菜の皮は捨てずに、オーブンやレンジなどで乾かして保存しておくと便利です。

最後に

野菜の皮も、捨てることなく「一物全体(食材をまるごと全部)」で使い切ると、気持ちが良いものです。ぜひ試してみてください。

田中菜月/Natsuki Tanaka

発酵家/モデル
2011年体調を崩した時に、りんご酵母と出会う。2012年ファスティングと発酵の資格を取得。2015年発酵と藝術が融合した田中菜月発酵展「醸し醸され~春うらら~」開催。同年、発酵食のワークショップ「Natsuki’s HaCcOoo Lab」スタート。東京と名古屋をベースに発酵の根源的魅力を伝え続けている。近年では、絶滅危惧種の発酵食や常滑焼の復興活動の他、CALPIS・LEXUSなどの企業や発酵居酒屋のプロデュースも手掛けている。
ホームページ/Instagram

[大根]栄養たっぷり!大根の賢い保存方法

ほぼ一年中出回っていますが、旬は晩秋から初冬。大根の辛みには胃液の分泌を高め消化を促す働きがあるほか、胃腸の働きを助ける数種類の消化酵素も含まれています。旬の時期にはたっぷり味わいたい、体にうれしい野菜です。

最終更新:2022.03.03

文・写真:田中菜月
監修:田中菜月、カゴメ

【関連記事】

おすすめの記事