Yahoo! JAPAN

『未来への10カウント』甲斐(安田顕)の大胆行動に視聴者驚き、男気溢れる“神対応”に反響

ドワンゴジェイピー

『未来への10カウント』甲斐(安田顕)の大胆行動に視聴者驚き、男気溢れる“神対応”に反響

木村拓哉が主演を務めるドラマ『未来への10カウント』(テレビ朝日、毎週木曜21時~)第6話が、19日放送された。木村拓哉演じる一度希望を失った男・桐沢祥吾が、図らずも高校ボクシング部のコーチになったことで熱を取り戻し、再生していくさまが描かれている本作。 桐沢とボクシング部生徒たちの必死のスパーリングシーンの熱い展開に大反響の第6話だったが、もう一つ話題となっているのは“大人たちの恋模様”だ。


その渦中にいるのは、桐沢、ボクシング部の顧問の折原葵(満島ひかり)、桐沢の親友・甲斐誠一郎(安田顕)。葵は桐沢と接するうちに段々と惹かれていく様子が第5話まで描写されており、甲斐は甲斐でなにかと自分を頼りにしてくれる葵のことが気になっている様子。そんな三角関係に新たな登場人物が参戦…。その人物とは、18年前に病気で亡くなった桐沢の妻・史織(波瑠)に顔がそっくりな女性が登場。それにより、“大人たちの恋模様”が動いた第6話となった。




以下第6話ネタバレあり


桐沢はピザの配達先で、亡き妻・史織(波瑠)にそっくりの女性と出会う。桐沢は動揺するも、配達以上のやりとりをすることなくその場を去るのだが、後日練習中にケガをしてしまった部員の友部(佐久本宝)を甲斐・葵と一緒に病院に連れていくと、なんとその病院では史織そっくりの女性がいて…!その女性は佐久間美鈴という名で、病院の会計として働いていた。


佐久間(波瑠)を見て、桐沢は動揺を隠せない様子。そしてその桐沢を見て、桐沢に想いを寄せている葵もまた動揺…。病院からの帰り道、葵は動揺を隠しきれず「桐沢さんの奥さんとそっくりだった…」と不安な想いをこぼしてしまい、甲斐は葵の気持ちに気づきショックを受ける。甲斐は一人ジムに戻ると「フラれる前に終わった」とボヤく。実は高校時代も桐沢に好きだった子を取られていた苦い思い出があったようで、意気消沈していた。桐沢と甲斐は高校時代から仲がよくて、ライバルだったのか…と2人の関係がまた少し見えてきてきたワンシーン。




しかし、その後甲斐は視聴者もびっくりの驚きの行動をみせる。佐久間が仕事を終わるのをそっと待ち伏せ、「偶然だなぁ!」と話しかける。甲斐は何を話しかけるのかと思いドキドキしながらみていると「初めて会ったとき絶句してしてしまいました」とストレートに事情を伝える。そして「(僕に)“甲斐くん”って言ってもらえませんか」とお願いし、さらに桐沢の下の名前である“祥ちゃん”って言ってもらえないですかと懇願。佐久間は怪訝な顔をし困惑するが、桐沢が史織から「祥ちゃん」と呼ばれていたことを説明すると、甲斐のお願いを少し困りながらも受けてくれたのであった。


少し…いや、かなり強引な甲斐のお願いのシーンから「甲斐も昔、史織のこと好きだったのかな…?」と視聴者も反響。その後、甲斐は佐久間に会ってきたことを葵に報告。「やっぱり…史織ちゃんとは違いました。桐沢もわかってると思います。史織ちゃんのこともいい思い出になっていってるんじゃないかな、だから折原先生は気にすることありません」と葵を励ますのであった。「どうして私にそんなこと…言うんですか?」と葵から尋ねられると「だから俺はダメなんだな!」とアハハと笑う甲斐。甲斐は身を引き、葵と桐沢の関係を応援する立場になったのであろう、そんな恋のライバルを後押しする発言に「甲斐さんいい人すぎる…!」「優しい!神対応!」「甲斐さんの男気にぐっときた…」「大人の男だ…」と大反響。


そしてラストシーンでは、佐久間が既婚者であることを桐沢が知り、吹っ切れた表情で立ち去る場面もあったことから、大混戦をみせた大人の四角関係は終息。次回以降、桐沢と葵の関係性がどうなっていくかに注目したい。



『未来への10カウント』第7話あらすじ

弱小・松葉台高校ボクシング部と強豪・京明高校の練習試合が始まった!

コーチ・桐沢祥吾(木村拓哉)が選抜した松高の出場メンバーは苦戦しながらも、全力で京明と対戦。ところが…松高唯一の女子部員・水野あかり(山田杏奈)がインターハイ予選で大敗を喫した奥村紗耶(山本千尋)に再度挑もうとしたその時、予期せぬ事件が起こる。部内一の実力がありながらも桐沢の采配で出場メンバーから外され、試合会場にも姿を見せなかった西条桃介(村上虹郎)が、上級生2人に殴りかかったのだ! 現場を目撃した松高の教師・間地真実(八嶋智人)はすぐさま、校長・大場麻琴(内田有紀)に報告。桐沢とボクシング部顧問・折原葵(満島ひかり)は緊急の呼び出しを食らい、あかりの試合は中止になってしまう…。しかも西条は、桐沢に試合から外されイラついていたと主張。桐沢も自らに責任の一端があると認めたため、ボクシング部は期間未定の活動停止を言い渡されてしまう!

とんだとばっちりに憤慨し、西条への怒りをあらわにするボクシング部の面々。だが、桐沢はなぜか西条のことを一切責めようとはせず、淡々とした態度で生徒たちを家に帰す。かたや、部員たちの気持ちが痛いほど分かる葵は、桐沢の対応を非難するが…!?

実は、桐沢にはこの一件でどうにも引っかかることがあり、西条が何かを隠していると察していた。真実を確かめるため、桐沢は自宅謹慎処分になった西条の自宅を訪問。ところが「本当のことを言え」と語りかける桐沢に対し、西条は「そういう大人が一番嫌いやねん」と背を向け…。

そんな中、“これまでにない方法”で西条やボクシング部と向き合い、完全決裂の危機に陥った部を立て直そうとする桐沢。だが、その先には…“あまりにも残酷な未来”が待ち受けていた――!


(C)テレビ朝日


【関連記事】

おすすめの記事