Yahoo! JAPAN

EXIT、コンテンツの“ファスト化”を考える

ナリナリドットコム

お笑いコンビ・EXITが、5月19日に放送されたニュース番組「ABEMA Prime」(ABEMA)に出演。音楽などの“ファスト化”について、考えを語った。

番組はこの日、音楽視聴の“ファスト化”に注目。1980年代には平均20秒あったイントロが2010年代には5秒に短縮していることや、YouTubeでサビだけを集めたプレイリストが人気を集めている現状について考えた。

番組MCを務めるEXITのりんたろー。は「これからもどんどん変わっていくだろうから、今はファスト化でもいいのかな? と僕は思っている」とコメント。相方の兼近大樹も「今の時代は楽しくて面白いものが多すぎる。面白すぎて1つのものに時間を使っていられない!いろんなものを見たいし、いろんな情報を取り入れたいとなると、コンテンツはファスト化していくんだと思う」と理解を示した上で、「例えば、ボクシングだと、3ラウンドの中でいろんな技術を駆使して対戦しているから面白い。そういった背景やストーリーを理解した上で、ファスト化されたものを見ないと、『本当の面白さを忘れていくよ?』と思う」と警鐘を鳴らした。

また、お笑い芸人のパックンは「ゆっくり流れる時間をみんなと一緒に過ごすという経験をしている身としては、全部ファスト化したらもったいないと思う。でも、今の速いテンポ感も気持ち良い。両方の選択肢があって、両方を楽しめる人生でありたい」と話した。

【関連記事】

おすすめの記事