Yahoo! JAPAN

玉川学園・南大谷地区 住民主導で空き家活用 多世代交流の場に〈町田市〉

タウンニュース

まちの縁側に座る(左から)秋田さん、木村さん、翁さん

玉川学園・南大谷地区の住民主導で進む空き家対策として、「まちの縁側1丁目の加々美さんち」が注目を集めている。貸主から提供された空き家をレンタルスペースとして運用し、多世代交流の場を増やす試みだ。

運営の主体となるのは、NPO法人玉川学園地区まちづくりの会の「地域資源活性化プロジェクト」。同会は2004年の大規模マンション建設をきっかけに発足した、地元住民目線で住環境の整備について活動する市民団体だ。近年、空き家が増加する同地区で活用方法を模索しながら、同プロジェクトを立ち上げた。

「空き家の何が問題なのか。持ち主の負担や近隣住民の不安などを知ってもらい、空き家にしないための意識を地域で共有できないかと考えた」と話すのは、同会で代表を務める一級建築士の木村真理子さん(67)。木村さんは昨年、コロナ下でもできることを、と「まちかどとっきどっき通信」と題した啓発紙を企画・発行。すると、読者から賛同者が現れ、今回の活用物件が決まった。掃除やペンキ塗りなどの内装リフォームも住民参加のワークショップとして開催。手作りで少しずつ進め、昨年7月に開設した。

プロジェクトの主要メンバーで加々美さんちの運営を担当する翁真由美さん(41)は「先日参加してくださった方に声をかけると、2年前に引っ越してきて、初めて近所の人と話したという人もいらした。空き家活用が、知り合いづくりのきっかけになれば嬉しい」と話す。

同じくメンバーの秋田史津香さん(41)は、今後の展望について「コロナが落ち着けば、子ども食堂やカフェなど、飲食もできるようなイベントを開催していきたい」と話した。

啓発紙の発行や空き家活用などのこれらの事業に加え、多世代交流が目的のもう一つの事業として「ご近所さん会お庭カフェ」も開かれている。これは、町内会や、地区社会福祉協議会、第三高齢者支援センターなどが連携しており、事業は全て、玉川学園・南大谷地区協議会(服部知行代表)が資金を援助している。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【京都カフェ】三条通の穴場☆人気バッグ店奥の隠れ家庭園「マスターピースコーヒー京都」

    キョウトピ
  2. 【京都ランチ】オフィス街で昼から焼肉♡柔らかハラミのお得ランチ『焼肉 弘商店 烏丸店』

    キョウトピ
  3. バカリズムやニューヨーク屋敷も誤送金された経験 初動に温度差「ゲーセンで使いまくった」「使ったらあかん」

    Techinsight
  4. 『お弁当忘れているにゃ!』通勤カバンにサバ?を投入する猫ちゃんが“37万いいね”をもらうほど大反響♪

    ねこちゃんホンポ
  5. 声優・花澤香菜、『情熱大陸』登場決定!

    Pop’n’Roll
  6. うらやましすぎるモーニングコール! 飼い主さんを起こしに来たハスキー、部屋に入ると「なでて♡」

    いぬのきもちWEB MAGAZINE
  7. フェードボールを“モノにする”方法とは!?【菅原大地の“サイコースウィング”で飛ばせ!/ゴルフ】

    ラブすぽ
  8. 4月28日、お魚屋さんが「居酒屋あさぬま」をオープン!海鮮丼を食べてきた!【久御山町】

    ALCO宇治・城陽
  9. 「日銀は政府の子会社」...安倍氏発言は本音か?焦りの表れか?

    J-CAST会社ウォッチ
  10. 【大相撲】照ノ富士が優勝!4回目の12勝Vは歴代最多タイ、優勝力士の勝利数データ

    SPAIA