Yahoo! JAPAN

犬が『飼い主以外に興味を持っている』時にする仕草や行動5選

わんちゃんホンポ

1.においを嗅ぐ

犬が何かに興味を持っている時にまず行う行動が「においを嗅ぐ」ということです。

犬は非常に優れた嗅覚を持っていて、においを嗅ぐことでそこからさまざまな情報を得ることができると言われています。

人や犬のにおいを嗅ぐことで、相手のことを知ることができるとされていています。そのため、犬同士が会った時や人が近づいてきた時にはまずにおいを嗅いであいさつをするのです。

また、地面のにおいを嗅いでいる時には、そこを誰が通ったか何があったかなどをにおいから探っているとも考えられています。

そのため、犬が何かに興味を持った時には、そのものについてより深く知りたいという思いから、においを熱心に嗅ぐのです。

2.じっと見つめる

私たち人間でも同じことが言えますが、何かに興味・関心をひかれたときはそのものから目が離せなくなることがあると思います。その行動は犬にも見られるもので、興味を持ったものに対してじっと見つめたり見据えるような仕草をすることがあります。

犬がじっと見つめる行動には「楽しそう♪」というポジティブな感情を伴うものと、警戒心や敵意を伴うものがあります。

また、鳥や猫などをじっと見つめている時には、獲物を逃さないように「ロックオン」状態になっていることもあるでしょう。

どのような感情で見つめているかは、瞳の輝きや尻尾の動き、体勢など全身のボディランゲージを総合的に見て判断することができます。

3.首をかしげる

見知らぬものに出会って、「あれは何だろう?」と興味を持っている時には首をかしげるような仕草を見せることがあります。

対象物をじっと見つめながら首を左右にかしげたり、耳をそばだてるようにしたりする仕草が見られます。

これは様子を伺っている状態だとされていて、飼い主さんの指示などがわからない時などにもこのような仕草を見せることがあります。

4.尻尾をピンと立てる

犬は何かに興味を引かれた時、尻尾を上に向かってまっすぐにピンと立てることがあります。「うれしい」「楽しい」という感情よりも、どちらかというと不安や警戒が含まれている時に、このような仕草が見られます。

狩猟犬の中には、獲物を見つけた時に尻尾をピンと立ててパートナーに合図する犬もいます。ほかの犬と対峙している時にこのような様子を見せる場合は、不安感や威嚇の気持ちから自分を大きく見せようとしていることも考えられます。

また、楽しいものを見つけてワクワクしている時には、尻尾を高く上げて左右に大きくブンブンと振ることがあります。このような時は、瞳がキラキラと輝いていて飛び跳ねたり体をくねらせたりしているので、うれしそうな様子がよくわかります。

4.短く吠える

犬が強い興味を持った時に、「ワンッ!」と短く一声吠えることがあります。興奮が抑えきれずに声が出てしまうという場合もありますし、興味を持った相手に合図を送るために吠えることもあります。

興味を持ったものが何かわからない時には体を引き気味にしながら吠えて、遊びたいと思っている時などには相手の近くをウロウロしながら吠えるような様子が見られます。

まとめ

犬が何かに興味を持った時には、まずそれが何なのかを確かめるために嗅覚や聴覚を一生けん命働かせます。

そのため、熱心に同じ場所のにおいを嗅いだり、じっと見つめたり、首をかしげるようにして様子を伺ったりします。

さらに、短く吠えたり尻尾を動かしたりして、積極的にアピールをする時には興味を持った相手に気づいて欲しい、かまって欲しいという気持ちが含まれていることもあります。

犬が何かに興味を持っている時には、ぜひ犬が納得できるまで観察や探索をさせてあげてください。

また、不安を感じている時には優しく声掛けをして、安心して近づくことができるようにするなどサポートをしてあげてくださいね。

【関連記事】

おすすめの記事