Yahoo! JAPAN

トロ肉がのったフレンチカレーで愛される西荻窪『SPOON』。ランチでも気軽にフレンチ気分を!

さんたつ

カレーの名店が多い西荻窪で、フレンチカレーを掲げる店がある。欧風カレーとは異なるオリジナルのカレーを作ったのは、長年フランス料理の名店で修行したシェフ。フレンチカレーという名前にはどんなアイデアと思いがあるのだろうか。

長年の経験で得た高い技術で作り上げたフランスにはないフレンチカレー

西荻窪の駅から徒歩1分。西荻南口仲通商店街のアーケードを抜けるとすぐのところに『SPOON(スプーン)』はある。2009年にオープンして以来、近隣に住む人を中心に幅広い年代に愛されている店だ。

欧風カレーはなじみがあるが、“フレンチカレー”という言葉はあまり耳にしない。どんなカレーが食べられるのかと店に入ると、カウンターに座って見やすい場所に、フレンチカレーについての説明がしっかりと書かれている。

「フランチカレーと聞くと欧風カレーをイメージする方が多いと思います。そもそもフランスにカレーの文化はありません。『SPOON』が作るフレンチカレーは欧風カレーとは違ってルーを使わない軽い仕上がりになっていること、スパイスの個性を引き立てていることなどを伝えたいと思って説明を掲げています」と話すのはオーナーシェフの和田直樹さんだ。

和田さんは10年以上にわたって東京都内の複数の有名フランス料理店で修行。志の高い同僚に囲まれ、高い技術を身につけた。そんな和田さんがカレーの店を開いたのはなぜか。フランス料理に魅力を感じる一方で、レストランを訪れるのは一部の人だけであることをもどかしく思っていたからだという。

「日本ではフランス料理は日常的でもないし、食べる人が限られている印象です。自分の店を持ったらもっといろんな人が気軽に食べられる料理を出したい。そう思って、大衆的だけどフレンチの技術や知識を生かせる食べ物はなんだろうと考えました」と和田さん。

右がオーナーシェフの和田直樹さん。

「フランス料理=行儀よく食べるもの」で、値段も高い。そんなイメージを持つ人は多いだろう。しかしフランスにだって、我々にとっての肉じゃがやおでんのような郷土料理や家庭料理がある。和田さんは「フランスでも家庭で作るものは煮込み料理がほとんどです。日本で愛されるカジュアルな煮込み料理といえばカレー。ハーブやスパイスも使うという共通項もあるので、カレーならたくさんの人に、毎日のように食べてもらえると思いました」と話してくれた。

トロ肉に温玉、そして10種類以上の季節野菜をトッピングしたスペシャルフレンチカレーは1650円。

2段階に分けて入れるスパイスが風味の決め手

『SPOON』のフレンチカレーは、フォン・ド・ヴォー作りはもちろん、カレーに添える雑穀米のブレンドから13種類のスパイスを挽くことまで店で行っている。特に特徴があるのはスパイスの使い方だ。粗挽きよりも少し小さい中粗挽きに挽いて、仕込みの時点でたっぷり加え、さらにお客さんに出す前の仕上げにも入れている。

「スパイスを楽しんでいただくことも、フレンチカレーの要素です。仕込み段階で入れたスパイスは煮込むとフレッシュさが消えてしまうので、仕上げにも加えます。噛むたびにふわっとカルダモンの甘い香りやコショウの辛さがぱっと感じられることを狙っています」

フレンチカレーに辛さやスパイス感を足したいひと向けに、カウンターにはスパイスの小瓶が置かれている。

スパイスたっぷりのカレーソースは、フォン・ド・ヴォーの深みと玉ねぎの甘みが合わさった広がりのある味わいだ。肉は豚バラ肉、牛バラ肉のスライスを包丁で細かく切って、ひき肉とは違う食感にしている。実は唐辛子は入っていないので、辛味が欲しいときはテーブルの上に用意されたカエンペッパーとミックススパイスを追加する。

トロ肉と呼ばれる肉の正体は、ブルゴーニュ地方の牛肉の赤ワイン煮込み、ブッフ・ブルギニョンのアレンジだ。

いちばん人気は温玉、トロ肉、野菜が乗ったスペシャルフレンチカレーだ。根菜や葉野菜、実の野菜など10種類以上の野菜は、食感や彩り、栄養素までを考慮している。存在感のあるトロ肉は食べ応えもあるが、柔らかく煮込まれていてさらりとしたカレーソースと口の中で一体となる。トロ肉は基本メニューのフレンチカレーにも添えている。和田さんは「飽きないように、味変を狙った」と話すが、牛肉の赤ワイン煮込み、ブッフ・ブルギニョンをフレンチカレーに合うようにアレンジしたというからさすがだ。

カウンターだけのカレー屋さんがフランス料理の入り口に

前菜の人気メニュー、トマトのムースとレモンのジュレは790円。実はカレーもランチタイムでもハーフサイズにすることもできるが、こちらもハーフサイズあり。

フレンチカレーひと皿をとっても、本物のフランス料理のエッセンスが見え隠れ。メニューには、カレーというスタイルをきっかけに、フランス料理を知ってほしいという和田さんの思いが一層伝わってくる料理名が並んでもいる。例えばトマトのムースとレモンのジュレ。爽やかなジュレとムースの中には燻製にしたホタテが入っているという本格的な前菜だ。

隠れた人気メニューのブランマンジェ。ランチタイムは前菜盛り合わせとドリンクと共にプラス380円で楽しめる。

さらには和田さんが選んだカレーにあうワインなど、グラスワインが複数用意されていて、ランチタイムも飲むことができる。しかもグラスワインは2分の1サイズまであるので、休日のランチにフレンチカレーと一緒にワインをひとくちだけ飲みたい、なんてときにも嬉しい。

『SPOON』はカレーの名店が多い杉並区で行われた「カレーなる戦い in 杉並」でグランプリ5連覇に輝いた実績ある実力店でもある。カウンターだけの小さな店だが、シェフが考案したフレンチカレーは、世界中で愛されるフランス料理の魅力に気付くきっかけにもなってくれそうだ。

SPOON(すぷーん)
住所:東京都杉並区松庵3-38-19 リヴェール西荻1F/営業時間:11:30~14:30LO・18:30~22:30LO(土・日・祝は 11:30~15:30LO・17:30~22:30LO)/定休日:火(ランチ営業、ディナー休み)/アクセス:JR中央線西荻窪駅から徒歩1分

取材・撮影・文=野崎さおり

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. \ファミマスイーツを食レポ♪/ほっこり甘いよ!お芋でポテトな秋フレーバースコーン!

    もぐナビニュース
  2. 【京都焼肉】ノンアル上等!名物ホルモン『ホソ』は肉好きなら常時食べたい「アジェ」

    キョウトピ
  3. 向井太一、自己愛をテーマにした新曲『Celebrate!』のMVプレミア公開決定

    SPICE
  4. びわ湖ホール「オペラへの招待」でプッチーニの隠れた名作『つばめ』を上演~指揮者 園田隆一郎に聞いた

    SPICE
  5. 「明治 ザ・チョコレート」に6種類の味が楽しめるアソートが登場!数量限定だよ。

    東京バーゲンマニア
  6. ガフガフお喋りが止まらないフレブルに「ご飯?」と聞いたら急に歯切れの良い返事がきた。【動画】

    French Bulldog Life
  7. 食卓を囲み家族と一緒にお食事する柴犬。違和感のなさとほのぼの感がすごい。【動画】

    柴犬ライフ
  8. 子猫を見つめる表情だけで泣ける…家族になった小さな命を慈しむゴールデンの姿に感動【動画】

    Retriever Life
  9. こだわりの一杯をいつでも気軽に♪京都で行きたいコーヒーのお店6選

    ことりっぷ
  10. 娘に打たせる?「子宮頸がんワクチン」無料接種、高校1年生は9月末がリミット!

    ママスタセレクト