Yahoo! JAPAN

焼き肉店の裏メニューから誕生!“驚くほどたっぷり”お肉ゴロゴロ贅沢カレー(福岡市博多区)

ARNE

画像:伊藤舞

こんにちは。FBSアナウンサーの伊藤舞です。

カレー日記41回目は、食べ応えのあるお肉が最高!な焼き肉店の裏メニューから誕生したカレーです。

FBS福岡放送『めんたいワイド』のきょうだい番組『めんたい×家族』の「土曜カレー部」で取材したお店を詳しく紹介していきます!

焼き肉店の裏メニューから生まれたカレーが食べられる「カレー屋 遊」(福岡市博多区)

福岡市博多区のショッピングセンター『ブランチ博多パピヨンガーデン』内にある『カレー&ラーメン』。

実はこのお店、担々麺の『博多拉担麺 まるたん』と『カレー屋 遊』のコラボショップ。それぞれのお店のメニューをフードコートスタイルでいただくことができます。

画像:伊藤舞

『カレー屋 遊』は小倉の焼き肉店の裏メニューから生まれたカレーを提供するお店。なので、カレーのおいしさはもちろんのこと、お肉の使い方がとにかく贅沢なんです!

これが“そぼろ”!? 和牛ゴロゴロの贅沢カレー

“そぼろカレー”と聞いていたのに、出てきたその姿にびっくり! これは……そぼろではないですよね(笑)?

画像:伊藤舞

『牛そぼろカレー』(2000円)。メニュー名こそ“そぼろ”ですが、サイコロステーキといった方がいいのでは?というサイズのお肉がゴロゴロ。

少し甘めに味付けされているものの、お肉自体の甘みがとにかく強い! お肉のおいしい脂がカレーに溶け込んで、カレーの味をとってもまろやかに仕上げてくれています。

カレーのルーは24時間以上煮込んだ牛すじカレー。スパイスもしっかり使っていますが、お肉の甘みと旨みがしっかり感じられ、辛さはほぼナシ。もとは焼き肉店の裏メニューだったというだけあり、お肉の使い方が本当に贅沢なカレーです。

画像:伊藤舞

上にトッピングされている“そぼろ”には、A4ランク以上の和牛が使われています。カット前のお肉を見せていただきましたが、とにかくサシが美しい! カレーの上にのせるにはもったいないかも?と思ってしまうほど。

画像:伊藤舞

ビッグカツ&唐揚げ4つ&ウインナーがどーん!満足度200%の“わんぱく”なカレー

さらに、お店のイチオシが『わんぱくカレー』(1300円)です。ビッグカツ、唐揚げ4つ、ウインナーがどーんとのり、そして、ルーにはチーズも溶け込んでいる、名前どおりの“わんぱく”なカレーです。

画像:伊藤舞

カレー自体は、そぼろカレーと同じものなので、辛さは控えめ。老若男女おいしく食べられる味わいです。

どーんとのったビックカツは、お肉に包丁がしっかり入っていることもあり、柔らかくてとっても食べやすい! サクサクの衣とお肉の間にカレーがしみ込み、ルーの牛肉の旨みとカツの豚肉の旨みの相乗効果で、食べ応え十分です。

画像:伊藤舞

とってもジューシーな唐揚げは、醤油とにんにくでしっかり味付けされていて、そのまま食べても十分おいしい味。カレーと一緒に食べると、いいアクセントになります。

ぜひ、お腹をぺこぺこに空かせて行ってほしいお店! お肉の旨みを存分に堪能してください。(文/伊藤舞)

<店舗情報>
カレー屋 遊(カレー&ラーメン)
福岡市博多区千代1-2-1(ブランチ博多パピヨンガーデン内)
詳細はカレー屋 遊へ

【参考・画像】

※伊藤舞

※FBS福岡放送『めんたい×家族』(毎週土曜午後4時30分~)

この記事は公開時点での情報です。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。

【関連記事】

おすすめの記事