Yahoo! JAPAN

世界遺産『知床羅臼』でカラフトマスを釣る 沖&陸から2日連続釣行へ

TSURINEWS

本命確保(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

知床羅臼でカラストマスを狙う釣りは、いつかは行ってみたい憧れの釣りだった。8月半ば、念願かなってこの釣りに釣行し、本命2匹をキャッチしたので、その模様をお届けする。

羅臼の颯流丸にて釣行

カラフトマスは8月から9月の間の極限られた期間だけの釣り物であり、情報も無く正直難しいと思っていたが、北見の釣友である橋本さんに相談したところ、羅臼の希海丸さん経由で今回の颯流丸(そうるまる)さんをご紹介頂いた。

日程は決まったが、何しろ初めての釣り、後は準備に追われることになったが、YouTubeやSNSなどを駆使して情報をかき集め、小倉船長に色々お聞きしながらの釣行となった。

とてもやさしい小倉船長(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

小倉信二船長は定置網・昆布漁師、ヒグマクルーズも行っており、網が上がっているこの時期だけ遊漁船を営まれているとのこと、颯流丸の由来をお聞きするとお子さんお二人の一字ずつを取って船名にされたとのことであった。

カラフトマスのタックル

ウキルアーにて釣行、竿はLATEO R100ML、リールはCALDIA LT3000CXHにPEライン2号、ルアーはチヌーク激熱7g/10gをメインでの釣行であった。

ウキルアーで狙う(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

竿は遠投が出来る3m以上が必要で、ルアーはなるべく小さめの物を用意した方が良い。

沖から岸に投げる釣り

今回の釣行は夕マヅメ、朝マヅメを狙った二度の釣行、初めての場所で色々と不安ではあったが、羅臼釣行を札幌の釣友である古川さんに話すと、何と車で7時間かけて札幌から同行してくれた。やはり持つべきは友である。

札幌から駆けつけてくれた(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

8月のお盆、夕マヅメの出船は午後二時集合、2名を乗せての出船となった。小倉船長から朝は混み合うが夕方便はほとんどいないとのこと。界遺産を二人だけで堪能できる贅沢極まりない釣行となった。

また、今年は全体的に不漁だが、定置網にはカラフトマス100匹に対してなんと50匹は銀鮭が入るとのことで、期待は更に高まる。船からの釣りでも渡船と同じでポイントは4か所、船から岸に投げる釣りだ。

ペキン川沖でメスの個体キャッチ

相泊港から二番遠いクズレ滝沖まで直行し、約20分の道のり。ショアに向けての第一投であったがここはノーヒット。その後、ペキン川沖で初となるヒットはメス。

その後古川さんにもヒットがあり合計3匹であった。最後にモイレウシにも立ち寄ったが、当日の朝は熊が出没して湾の半分は釣りが出来なかったとのこと。なんとも凄い場所だ。

翌日は朝から実釣

翌日は2時集合、1時半に相泊港に到着すると、駐車場は既に太公望で満車状態であった。今回の朝マヅメ釣行も2名のキャンセルがあり、なんとまたまた二人で贅沢な渡船となった。

羅臼昆布が一面の二本滝(男滝)(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

向かうは一番遠い二本滝、約25分の工程だ。直接停泊が出来ないので手前の番屋に停め、ゴロタ場を500m程歩くと二本滝の男滝に到着する。足場はゴロタ、その上に羅臼昆布が打ち上げられていてかなり滑る。

同行者が2ヒット1キャッチ

古川さんは待望のメスを上げ、次にひと際大きなアタリがありさすがに2号程度のハリスでは切られてしまった。アキアジ(シャケ)だったのだろう。ショアでの釣りは波が陸に来る時に引き上げる。波が下がっている時に引き寄せると切られるので注意が必要だ。

しかし、筆者にはまったくアタリが無い。どうやら沖に伸びる網を挟んだ左右で勝敗が決まったらしい。

2日間でカラフトマス2匹

風も強くなり二本滝を後にして、無理を言ってモイレウシにも少々立ち寄ってもらった。ここは昨年9月10日には湾内がまるで養殖場の様にカラフトマスで真っ黒になった場所で、初心者や子供連れにも比較的優しいポイントだ。

モイレウシの釣り場(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

当日はどこの場所に行っても、誰に聞いても散々たる釣果。今年は回遊が遅いのか、それとも昨年豊漁でカラフトマスの回遊周期である2年の間なのかは不明だ。2日間の釣果は古川さん、筆者共々カラフトマス2匹で終了したが、とても充実した釣行であった。

世界遺産知床での釣りの掟

ここは熊の聖地、人間がお邪魔していることを忘れずに。

当日は200kgを超える親子熊が出没。沖から監視している渡船の船長はいざという時には空砲を撃ったり、全速力で岸に来て釣り人を救出してくれるが、釣り人が捨てた食事等を一度でも食べたヒグマはその後近寄る様になり、やがては駆除されてしまう。

熊の聖地(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

絶対に熊にエサを与えず、ごみは全て持ち帰る。世界遺産知床の掟を守り共存しながら釣りを楽しもう。

<前島宣秀/TSURINEWSライター>

The post世界遺産『知床羅臼』でカラフトマスを釣る 沖&陸から2日連続釣行へfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事