Yahoo! JAPAN

埼玉初!?焦がしバターを使った食パン専門店とは!【BROWN BUTTER 越谷店】(埼玉県越谷市)

パンめぐ

焦がしバター食パン(プレーン)とヒナノ特製プリン

前回、日本初「うま味」がメインコンセプトの食パン専門店としてオープンした”まほろば”さんを紹介させて頂きました。

埼玉には一味違った食パン専門店がまだまだあります。
今回は、「焦がしバター」を使ったパン屋さんをご紹介したいと思います。

店名は「BROWN BUTTER」さん。
”焦がしバター”をたっぷり練り込んで焼き上げる「耳までふわリッチ」な高級食パンを提供しています。

場所は東武伊勢崎線「大袋駅」から徒歩30分。大通りに面した所にあります。
珈琲店の一角に、お店が併設されています。

外観はお店のテーマカラーである黄色と茶色を基調とした造りになっています。
壁は茶色で木目調、ドア枠は黄色で可愛らいしいです。

店内に入るとバターのいい香りが漂ってきます。
奥には、厨房があり食パンを作ったり焼いていたりする様子が伺えます。

左側には、焼き立ての食パンがずらっと並んでおり、すぐにでも食べたい気分になります。

こちらの食パンの特徴は、耳まで柔らかいソフトな食感と芳醇な焦がしバターの香りとのこと。

どんな食パンなのか、実際に食べたいと思います。

◆焦がしバター食パン(プレーン)

125%まで丁寧に煮詰めた焦がしバターと良質なミルクをたっぷり使って焼き上げた食パン。
「仕上げバター」を塗ってさらに風味と香りをプラスし、フランス産岩塩「ゲランドソルト」を加えてうま味を最大限に引き出した高級食パンです。

ツヤツヤと輝いており、食パンの表面には岩塩がまぶしてあるのが分かります。
触ってみると普通の食パンと違ってもっちりしています。
中身はふわふわしていて、バターの香りがします。

食べてみると、中身と同じくらいミミもふわふわで驚きました。
そのまま食べても飽きることなく全部食べられるほどです。

◆焦がしバター食パン(レーズン)

こちらは、レーズンが入った食パン。オーストラリア産サンマスカットレーズンを使っているようで、140%まで煮詰めて作った焦がしバターが練り込まれています。プレーンと同じようにミミや中身がふわふわでしっとりしています。それに加えて、レーズンのほのかな甘い香りがします。

こちらも食べてみると、レーズンのプチプチとした食感と甘みがパンとの相性抜群で、幸せな気分になる食パンです。

プレーンとレーズン、2つの食パンですが、美味しい秘訣が4つあるようです。

それは「焦がしバター」「贅沢なミルク」「ゲランド岩塩」「耳までふわリッチを作り上げる職人の技」です。

この4つが合わさることで、他のお店には真似できない最高な食パンが出来上がると教えていただきました。

こちらの食パンの美味しい食べ方も教えて頂きました。

まずは、1カットの厚さが2.7センチ。この厚さがふわっとしたソフトな食感とバターとの香りが楽しめるとのこと。

次に、当日・翌朝・翌々朝と3度の味変が楽しめる食べ方があるのです。当日はそのまま、翌朝はフライパンで軽く温める、翌々朝にはトースターで焼き目がつくまでリベイクして召し上がるのがおすすめのようです。

ぜひ、皆さんも購入されたら試してみてはいかがでしょうか?

◆ヒナノ特製プリン

ヒナノ珈琲店限定の瓶に入った可愛らしいプリン。

北海道産牛乳と生クリームを使っているクラシックプリンです。

スプーンですくってみると、滑らかなプリンであることが伝わってきます。

一口食べてみると濃厚な卵感と表面にかかっているほろ苦なカラメルが美味しいです。

SHOP INFORMATION
【店名】BrownButter 越谷店
【住所】埼玉県越谷市大字弥十郎484-1
【電話番号】048-971-9275
【営業時間】10:00-15:00
【定休日】無し

※写真の商品の種類、価格は、2022年3月現在の情報となります。
※営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗またはInstagramにてご確認ください。

【関連記事】

おすすめの記事