Yahoo! JAPAN

春の味覚『春告魚(はるつげうお)』は、今と昔じゃ種類が違うってホント?

オリーブオイルをひとまわし

春の味覚『春告魚(はるつげうお)』は、今と昔じゃ種類が違うってホント?

皆さんは、どんな出来事に遭遇したとき「春がすぐそこまで来ている」と感じるだろうか?本稿では「春告魚」について、どういった魚なのかなど基礎知識を解説するとともに、北海道から九州まで地方ごとの代表的な春告魚を紹介する。

1.春告魚とは?

春告魚は「はるづげうお」と読む。まずは基礎知識をポイントを絞って解説しよう。

春の訪れを告げる魚の総称

雪解け水に春一番、ふきのとうや梅・桜・菜の花、それにウグイスの鳴き声など、春の訪れを感じさせる物事はさまざまある。これらと同じように「春の訪れを告げる魚」が、文字通り春告魚である。いかにも日本らしい風情ある表現だ。

ニシンやメバルは春告魚の代表

春を代表する魚として、かつてニシンが春告魚と呼ばれていた。産卵のため、毎年3〜5月頃になると北海道西岸に近づくことからそう呼ばれるようになったという。しかし1950年代以降、ニシンの漁獲高が激減してしまった。そのため春から初夏に旬を迎えるメバルも、春告魚と呼ばれるようになってきた。

ニシンとメバルの栄養

ニシンもメバルも、カリウムを始めとするミネラルやたんぱく質、ビタミン類を豊富に含んだ魚だ。とくにニシンは鉄分やビタミンB12、葉酸などはメバルよりも多く含まれている(※1・※2)。

春告魚は地域によって異なる

日本は南北に長い島国だ。そのため同じ日本国内でも水温には地域差があり、それは魚の分布にも影響を与える。桜の開花時期が地域で異なるように、春告魚と呼ばれる魚も地域によって異なるのだ。

2.北海道や東北地方の春告魚

それでは、地域別に春告魚と呼ばれる代表的な魚について見ていこう。まずは北海道や東北地方の春告魚だ。

ニシン

お伝えしたように、ニシンは3〜5月頃に北海道西岸に近づく。漁獲高が減ったとはいえ、北海道にとって代表的な春告魚であることに変わりはない。小樽市には鰊御殿(ニシンごでん)があほか、江戸時代には松前藩が年貢を米ではなくニシンに定めていたなど、北海道とニシンには深い縁がある。

サクラマス

山形県北西部の日本海沿岸「庄内地方」の春告魚がサクラマスだ。最上川で孵化したサクラマスは成長とともに降海、つまり日本海へ降りていく。その後、産卵のために再び最上川に戻ってくるのだが、その時期が春でありサクラマス漁の最盛期なのである。

3.関東地方や中部地方の春告魚

続いて、関東地方と中部地方の代表的な春告魚を紹介しよう。

メバル

関東地方や中部地方、それに北陸地方など幅広いエリアで春告魚とされているのがメバルだ。東京湾一体に生息するメバルは、毎年2月頃に漁が解禁され市場に出回る。そのため市場やスーパーなどでメバルを見かけると「春が近づいてきた」と感じるものである。淡白な白身魚で、煮付けにすると実に美味だ。

サヨリ

北から南までサヨリの分布は広範囲におよぶが、中でも関東地方は春にサヨリ漁の最盛期を迎えることから、春告魚として親しまれている。産卵を間近に控え、秋よりも身がふっくらしているのが特徴だ。半透明の美しい身をもつサヨリは、やはり刺身で食すのがおすすめである。

4.関西地方の春告魚

関西地方の春告魚といえば「サワラ」や「イカナゴ(コウナゴ)」といった魚だろう。

サワラ

サゴシ(サゴチ)からナギ(ヤナギ)、そしてサワラと成長するに連れて名前が変わる「出世魚」だ。関東地方では「寒ザワラ」が有名かもしれないが、関西地方では春によく食べることから春告魚といわれており、春の瀬戸内海には産卵のためたくさんのサワラが集まる。塩焼きや西京焼きでいただくのが美味であるほか、卵や白子も旬の味覚として人気がある。

イカナゴ(コウナゴ)

播磨灘や大阪湾で早春(2月頃)に漁の解禁を迎える「イカナゴ(コウナゴ)」は、関西地方ではまさに、春の訪れを知らせる風物詩的な存在だ。みんなが心待ちにしている春告魚のひとつで、未加工のイカナゴを手に入れて大量にくぎ煮を作るのが毎年の行事になっているご家庭もまだまだ多いだろう。

5.四国地方の春告魚

四国地方の春告魚の代表といえば、高知県が日本一の消費量を誇るというカツオである。

カツオ

関東地方などにお住まいの方は「初ガツオ=5月頃」というイメージが強いため春告魚といってもピンとこないかもしれない。だが高知県で初ガツオが穫れるのは3月後半頃からであり、4月頃に旬を迎える。戻りガツオのように脂がのっているというよりは、筋肉質でさわやかな味わいが特徴だ。そんな四国地方の春告魚・カツオは定番のタタキはもちろん、塩タタキや土佐巻き、はらんぼや酒盗など、さまざまな味わい方がある。

6.九州地方の春告魚

九州地方ではどんな魚が春告魚と呼ばれているのだろうか?

シロウオ

九州地方で春告魚といわれているシロウオは、漢字で「素魚」と書く。シラウオ(白魚)とは異なる魚なので間違えないように気をつけよう。2月頃から漁が始まるのだが、その際、列状に杭や石を敷設し、水をせき止めて魚を誘導するという「梁(やな)」と呼ばれる仕掛けを用いる。これが春の訪れを感じさせることからシロウオが春告魚と呼ばれている。ポン酢をつけての踊り食いがおすすめだ。

7.まだある!地域限定の春告魚

最後に、より狭い地域限定の春告魚を2つ紹介しよう。

伊豆諸島は「ハマトビウオ」

産卵期を迎える春に、群れをなして伊豆諸島に近づくのがハマトビウオだ。「クサヤ」の原料というとイメージしやすいかもしれない。一時期漁獲高が大きく減ってしまったものの、地元の漁師さんなどの努力が実り、回復した今では伊豆諸島の春告魚としてすっかり定着している。

三陸は「イサダ」

岩手県・三陸における春告魚は、2月下旬から3月上旬頃に解禁されるイサダである。岩手県は日本一のイサダ水揚げ量を誇る県で、その中でも大船渡港が県内では最大の水揚げ高となっている。オキアミ(小さなエビ)の一種で、食用のほか釣りの際の撒き餌や養殖魚のエサなどに用いられる。また韓国ではキムチに混ぜることもあり、輸出もされているという。

結論

日本各地に、その地域の特性に見合った春告魚がいる。栽培や養殖といった技術の進化によりあらゆる食材が季節を問わず手に入るようになったが、やはり「この季節がいちばん美味しい」という旬の概念はまだまだ健在だ。ぜひ春告魚や春野菜をふんだんに使ったメニューに腕を振るい、食卓で堪能してみてはいかがだろうか?1:文部科学省 食品成分データベース「魚介類_にしん_生 - 一般成分-無機質-ビタミン類-アミノ酸-脂肪酸-炭水化物-有機酸等」
2:文部科学省 食品成分データベース「魚介類_めばる_生 - 一般成分-無機質-ビタミン類-アミノ酸-脂肪酸-炭水化物-有機酸等」

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部
監修者:管理栄養士 中山沙折

【関連記事】

おすすめの記事