Yahoo! JAPAN

青春映画『ブルーサーマル』公開記念!大空クッションブランケットを3名様にプレゼント

NAGOYA.

青春映画『ブルーサーマル』公開記念!大空クッションブランケットを3名様にプレゼント

2022年3月4日(金)より全国で公開がはじまる映画『ブルーサーマル』。小沢かな氏による青春漫画が待望の映画化です!

『ブルーサーマル』は、航空機・グライダーでスピードを競う大学航空部の部員たちの奮闘を描いたアニメーション映画。空を愛する学生たちの青春ストーリーをスクリーン上で楽しめます。

そんな話題の映画『ブルーサーマル』の特製大空クッションブランケットを抽選で3名様にプレゼント!ぜひこの機会にゲットしてくださいね。

【抽選】読者限定プレゼントキャンペーン

大空クッションブランケット(非売品)

『ブルーサーマル』の公開を記念して、特製の大空クッションブランケットを3名様にプレゼント!

クッションにもブランケットにもなる優れもの!空をモチーフに爽やかな青色で彩られています。家でのリラックスタイムのお供にしてはいかがでしょうか?

>>応募はこちらから

応募締め切り:2022年3月15日(火)23:59

※当選者はプレゼントの発送をもって発表にかえさせていただきます

キャンペーン規約

・発送は日本国内に限らせていただきます

・抽選状況へのお問い合わせについてはご対応致しかねますのであらかじめご了承ください

・第三者への転売、オークションへの出品は固くお断りいたします

・商品の不具合、破損に関する責任は一切負いかねます

個人情報取扱について

・読者の皆さまからお預かりする個人情報は、当企画のプレゼントの発送にのみ利用いたします。同意いただけない場合はプレゼント抽選の対象となりません。

『ブルーサーマル』

【ストーリー】

「キラキラな恋がしたい!」大学生活に、心を踊らせる都留たまき。
しかし、彼女が恋に落ちたのは《空》だった!?

高校時代、バレーボール一筋で頑張ってきた都留たまき。大学では、「キラキラな恋がしたい!」と長崎から上京するも、入学早々オールラウンドサークルの体験入部中にグライダーを傷つけてしまい、空飛ぶ部活“体育会航空部”の雑用係をすることに。思い描いていたキャンパスライフとはかけ離れた環境に、最初は不満を抱いていたが、主将である倉持の操縦するグライダーで初めて《空》へ飛び立った瞬間から、一面に広がる空の美しさに魅了されていく。

たまきは過去の苦い思い出から“体育会”を避けていた。しかし、飛び立つたびに「もっと上手くなりたい」と空の世界に夢中になっていく。気づけば、目標に向かってともに励む先輩の空知や同期との間にも、固い絆が生まれていくのであった。そこには確かに彼女の求める“充実した大学生活“が存在していた。

様々な人の想いを乗せて、たまきは大空を翔ける。その先に待つ、過去のトラウマやライバルとの出会い、そして突然の別れ。果たして、《空》に恋した彼女たちは曇り空を抜け、奇跡の上昇気流(ブルーサーマル)に出会うことはできるのか―。

『ブルーサーマル』の見どころ

「空と大学生の青春」漫画が待望の映画化!

原作は、小沢かな氏のコミックス「ブルーサーマル -青凪大学体育会航空部-」(月刊コミック@バンチ)。青く澄み渡る大空を舞台に繰り広げ、ときに壁にぶつかりながらも仲間とともに前を向く青春の物語です。

あまり知られていないグライダー競技がリアリティ溢れる描写で描かれており、空を舞台に繰り広げられる物語の展開が爽やかで勇気づけられます。

映画化のきっかけは、この「空と大学生の青春」をテーマにした唯一無二の物語に企画プロデューサーが一目惚れしたこと。制作は、老舗アニメーションスタジオのテレコム・アニメーションフィルムがアニメーション制作を手がけています。

また、監督は高いクオリティの映像と繊細なキャラクター表現で評価を集める新鋭・橘正紀氏が担当。6年の時を経てついに映画化が実現しました。

主役の声優に関しては、オーディションを敢行。多くの声優も参加する中、声優初挑戦ながら「彼女しかいない」と制作陣をうならせた若手実力派女優の堀田真由が担当することに。

天真爛漫な主人公・都留たまきを演じる爽やかな演出も見どころの一つです。共演には、島崎信長、榎木淳弥と第一線で活躍する声優陣が名を連ねます。

グライダー競技を通して空の描写を表現

グライダー競技とは、グライダーを操縦して滑空距離、滑空速度、高度などを競う競技です。エンジンなしで空中を飛行する航空機・グライダーをどのように操ることができるのか、どのように美しく空を舞うのか、が見どころ。

本映画でも、グライダー競技のリアリティ溢れる描写が魅力の一つ。空に恋をした主人公の、夢中になる姿、そして壁にぶつかる姿に背中を押されるはずです。仲間と共に空を舞う主人公の姿に清々しい気持ちを感じられます。

雲の下に起こることが多い上昇気流が、ごく稀に青空のもと巻き起こる現象を指す言葉、「ブルーサーマル」。奇跡を信じて前に向かう学生たちの姿をぜひ劇場でじっくりと堪能してくださいね。

『ブルーサーマル』

2022年3月4日(金)よりミッドランドスクエアシネマほか、TOHOシネマズを中心にロードショー

【原作】

小沢かな『ブルーサーマル ―青凪大学体育会航空部―』(新潮社バンチコミックス)

【監督】

橘正紀

【脚本】

橘正紀 高橋ナツコ

【声の出演】
堀田真由 島崎信長 榎木淳弥

【アニメーション制作】

テレコム・アニメーションフィルム

【製作】

「ブルーサーマル」製作委員会
【配給】

東映

(C) 2022「ブルーサーマル」製作委員会

【主題歌】

SHE’S​
主題歌「Blue Thermal」 挿入歌「Beautiful Bird」​

【公式サイト】

公式サイトはこちら

【関連記事】

おすすめの記事