Yahoo! JAPAN

『トンジギ』で10kg級マグロ2本 タイミング合えば初心者にもチャンス

TSURINEWS

ジギングで釣ったビンチョウマグロ(提供:TSURINEWSライター山本良次)

トンボ(ビンチョウマグロ)ジギング初挑戦でキハダキャッチも本命不発だったので、早々に山洋丸からリベンジへ。電動リールを新調して臨み、10kg級2本をあげてリベンジ達成。

電動リールを新調

前回の釣行で感じたことは……やはりリールのパワー不足でした。そこで清水の舞台から飛び降りるつもりで「19 フォースマスター リミテッド 3000」を購入し、ラインを4号(フロロ20号)に上げて準備しました。

ジグは少し値段が上がりますが今回は見た目に好きなデザインの3種類(CB.ムラマサ3Sレーザータチ07 300g、あいや~ロ~ング280gグローヘッドケイムラシルバー、ステイ300g 117SY(SH♯61)シルバーホロ)を準備しました。やっぱり自分で釣れると思うデザインじゃないとシャクり続けていくうちに心がブレだしますからね(笑)。

準備したジグ(提供:TSURINEWSライター山本良次)

ジグのフックセッティング

ジグの重さですが、前回の初めての時は色々と不安もあり幅広いウェイトを準備しましたが、志摩沖では300gだけで十分勝負ができます。また船長に聞いた話ですが、ビンチョウマグロはジグをシャクリ上げる時にジグの頭に食いつくので、上に2本バリを、キハダ狙いならばフォールでのアタリが多いので、後ろに大きめの1本バリがいいとのことです。今回はビンチョウマグロ狙いのため、頭側に2本のしっかりとしたフックを取り付け挑みました。

山洋丸でトンジギ釣行

今回のリベンジ「トンジギ」釣行は、この時期はマグロ専門で浦村湾から出船している山洋丸を利用。この船は前回とは違い私だけが電動リールで他の皆さんは手巻きの若手ゴリゴリジギンガーばかりでした。ちょっと場違いを感じながら1時間ほど船を走らせ、早々にシャクり始めました。

船中初ヒットで本命浮上!

30分ほど経ったころでしょうか、一番に私の竿に軽いアタリが!半信半疑で巻き上げてくると、途中から強い引きにかわり少しドラグも出始めます。前回のように電動リールが殉職手前まで行くことを懸念してゆっくりと巻き上げますが、そこはさすがにシマノ3000番です。簡単に海面まで巻き寄せてあっさりとリベンジ達成!約10kg(90cm)のビンチョウマグロでした。この時に前回のキハダマグロとの引きの大きな違いに驚きを感じました。

大満足の最終釣果

今回のリベンジ釣行では合計で4回のアタリがありましたが、もしかしたらタネトンと呼ばれる20kgクラスだったのでしょうか、ラインブレイクもあり残念ではありましたが、最終的な釣果は10kgクラスを2本上げて納得での納竿となりました。

本命2匹を仕留めリベンジ達成(提供:TSURINEWSライター山本良次)

初心者視点で感じたこと

トンジギ初心者だからこそ感じたことを率直に書いてみます。これからトンジギに挑戦しようと考えている方は参考にされてみてください。

リールパワーは重要

やはり大切なのはリールパワー(ドラグ力)があるかどうかになります。どの遊漁船も20~40kgのタネトンやキハダが、船中で1本以上は交じって上がっていることがあります。また10kgクラスのトンボでも小さなリールではラインを全て出されてラインブレイクで終わりといった光景がよく見られます。なので、しっかりとしたリールに出来るだけ太めのラインで安心したファイトが出来る準備は初心者ほど必須です。

シャクリ方

またシャクリは速巻きがいいとよく言われますが、ゆっくりのワンピッチでも全然釣れます。

タイミングが重要

まだ経験は薄いですが私が感じたことは、ドテラ流しで回遊してくるマグロを狙い撃ちする訳ですから、マグロが船下(船先)を通過する時に通過するタナにジグを存在させれるかどうかが一番重要です。常に海中に投げ入れてシャクり続けながらマグロの回遊を待てるかどうかが肝です。なぜならマグロの回遊スピードは計り知れないからです。

今回の釣行では、私や他のアングラーがヒットしたタナは80%以上で水深100m前後でした。ドテラで流すのでほとんどがリールカウンターは140~170mでの辺りでした。そう考えると、ジグを水深100m(ライン140m)まで落とすのにどのくらいの時間が掛かるでしょうか?周りがヒットしてから投げ入れたのでは絶対に間に合いません。運やタイミングも必要ですね。

ちなみにドテラ流しでラインが45度の角度で流れている時のリールカウンター数値はだいたい1.4倍くらいに頭で計算してタナ取りして下さいね。

あ、それと、大きな特大クーラーボックスを忘れずに!

船中ではこの釣果(提供:TSURINEWSライター山本良次)

今後の展望

約4年前から太平洋の黒潮の大蛇行が始まり、なぜかいまだに蛇行し続けていることで志摩沖近郊に黒潮がきている。そのためマグロが釣れ続けているようです。また水温の関係も合わさり通常のトンジギのハイシーズンは1月~3月ですが、今年はGW明けくらいまで行けそうです。まだまだチャンスはありますので黒潮が蛇行してマグロが接岸している内に、初心者の皆さん「私と同じく夢のマグロを狙いましょう!」

<山本良次/TSURINEWSライター>

The post『トンジギ』で10kg級マグロ2本 タイミング合えば初心者にもチャンスfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事