Yahoo! JAPAN

札幌円山に新店「スタイリッシュで映える豆料理専門店」スムージー・おにぎり女性歓喜

SASARU

みなさんは普段『豆』を食べますか?
体に良いとわかっていても、自宅で調理するのにはハードルが高い…? 豆料理ってなんだか地味…?

そんな豆のイメージをガラッと変えてしまう“映える”豆料理専門店「Mame Kitchen Maruyama」が登場するとの噂を聞き、オープンに先駆けて行われた試食会に参加してきました。

豆の魅力を伝えたい

「豆の魅力を多くの人に知ってもらいたい」そう話すのは、Mame Kitchen Maruyamaオーナーの谷口さん。

お子さんの不登校がきっかけで移住した本別町。
「日本一の豆のまち」にも関わらず、“町民の豆愛が足りないのではないか”と感じ、豆の魅力を広げる活動『豆活』を始めたといいます。

栄養価が高く健康に良いのに、どうしても煮豆やあんこなどのイメージが強く、家庭では調理されづらい豆。Mame Kitchen Maruyamaではテイクアウトとデリバリー主体で、手軽に食べられる多彩な豆料理を提供します。

モーニングには豆ごはん&具だくさんみそ汁

提供画像:Mame Kitchen Maruyama

Mame Kitchen Maruyamaの朝は早い!

早朝7時から朝のメニューとして提供するのは、豆ごはんのおにぎりと野菜たっぷりの具だくさんみそ汁。

みそ汁に使用する味噌ももちろん十勝産。本別町の老舗渋谷醸造さんの黒豆味噌、米味噌、粒味噌の三種類から日替わりで使用するというこだわりです。
試食会でいただいた黒豆味噌のみそ汁はその美味しさに感動…豆の味がしっかりとあり、気持ちがホッとするお味でした。

そしておにぎりは、「栗豆と桜えび」「小豆・大豆のカレー風味」など日替わりで提供。なかなか家では食べることのない、豆と食材の組み合わせに驚きが止まりません。

ランチはチリビーンズとサラダ

提供画像:Mame Kitchen Maruyama

朝とはガラッと雰囲気が変わり、ランチにはチリビーンズとサラダをいただけます。

お子様でも食べやすい辛さを選べるチリビーンズは、ターメリックライスにのせたものとパンに挟んだチリドックの2種類。
「ペンギンベーカリー」さんの道産小麦ゆめちからのドッグパンを使用しています。

40cmほどのメガサイズのドックの提供も検討中とのことで、ホームパーティやお子様の誕生日会などに出すと盛り上がること間違いなしです!

十勝の豆をまるごと体感できるスムージーも

提供画像:Mame Kitchen Maruyama

終日いただけるのは、見た目も美しいカラフルな「MameSmoothie」!
それぞれ、種類の違う豆と道産のフルーツや野菜を使用しています。

試食会メンバーが一同うなったのは、「福白金時豆+足寄産白イチゴ」の真っ白なスムージー。見た目は白いのに、いちごの爽やかな味と豆の甘味を感じるたまらない美味しさです。

白いちごというだけでも珍しいですが、福白金時豆は十勝でも生産者さんが少ないという希少な豆。栽培が難しく和菓子作りに出回ってしまい、一般にはめったに口にすることができないという貴重な豆を惜しげもなく使っています。

豆を食べて健康的な体作りを

提供画像:Mame Kitchen Maruyama

薬膳でも豆は元気な体作りを手伝ってくれます。
むくみを改善したり、胃腸の働きをよくして疲労回復にも効果が期待できる食材。免疫力も高めてくれるので、コロナ禍の今積極的に食べていきたい食材のひとつです。

Mame Kitchen Maruyamaは8月12日オープン予定。
普段は豆を食べないという方でも、谷口さんの作る多彩な豆料理でその魅力にハマってしまうかも…オープンが待ち遠しいですね。

最新情報等の詳細はWebサイトやSNSからチェックしてみてください。

Mame Kitchen Maruyama
住所:札幌市中央区北2条西25丁目1-1
営業時間:午前7時〜午後7時
店休日:日曜、第1・3月曜
電話番号:011-838-8640
イートイン6席あり

WEBサイト:http://mamekitchen.jp
Instagram:@mamekitchen_maruyama
Facebook:MameKitchenMaruyama

(上記の情報は記事作成時点でのものです。最新の情報は各店舗にお問い合わせください)

【関連記事】

おすすめの記事