Yahoo! JAPAN

【超級グルメ】手動の自動販売機がすごいハンバーガー店 / 立石バーガー「なぜか恋人づくりの聖地に」

東京メインディッシュ

自動販売機でハンバーガーや食パンを売っている、あまりにもハイテクノロジーすぎるハンバーガーショップがある。いや、厳密には「手動の自動販売機」というべきか。そのハンバーガーショップは「立石バーガー」(東京都葛飾区堀切3-17-15)。行けば驚き、店の外壁はほとんど自動販売機。

・手動で自販機を動かして品物が出てくる

立石バーガーは、全国にファンがいるほどユニークなハンバーガーショップだ。店の外壁には複数の自動販売機が設置されており、ハンバーガーを買いたい人は硬貨を入れて待つ。硬貨が投入されたことに気がついた店主が目視で確認し、ちゃんと支払われていれば、手動で自販機を動かして品物が出てくる。

・店主が裏側で動かしている自動販売機

何を言っているかわからないかもしれないが、店主が裏側で動かしている自動販売機と言えばわかりやすいだろうか。一部が手動なので、半分だけ自動販売機というべきかもしれない。


・食パンが飛び出してくる

人形の手がハンバーガーを渡してくれたり、気球がハンバーガーを運んでくれたり、食パンが飛び出してきたりと、なかなかおもしろい。お釣りが必要な場合は、店主が手渡しでお釣りを渡してくれる。なので、できるだけ店主の手間をかけさせないよう、金額ピッタリを投入しよう。

・2021年現在も営業を続けている?

店内には掲示板があり、なぜか、多くの人たちが「彼女が欲しい」「恋人が欲しい」などと、願いを書いて貼っている。どうやら、恋人づくりの聖地のような使われ方をしているらしい。取材時はコロナ禍ではなかったが、2021年現在も営業を続けているようだ。気になる人はネットなどでチェックしてみてはいかがだろうか。

※写真や動画は2020年のコロナ禍以前に取材したものです

【関連記事】

おすすめの記事