Yahoo! JAPAN

札幌名物「豚丼」おすすめ8選!ご当地グルメから個性派まで厳選

macaroni

札幌名物「豚丼」おすすめ8選!ご当地グルメから個性派まで厳選

札幌名物「豚丼」の特徴とは?

「豚丼」とは、厚切りの豚肉を砂糖醤油で味付けしたタレでからめ、ごはんの上にのせた料理です。誕生したのは北海道・十勝エリアの帯広市。昭和初期に市内の食堂で作られた、炭火焼豚肉とうなぎの蒲焼き風のタレを使った丼が発祥といわれています。

「帯広豚丼」が名物グルメになったことで、札幌にも豚丼を出すお店が徐々に増加。本場の味はもちろん、お店ごとに工夫をこらした「札幌豚丼」を味わえるお店が増えているんです♪

1. 本場・帯広の味「十勝豚丼 いっぴん 札幌ステラプレイス店」

本場・帯広の豚丼を味わいたいなら、絶対にはずせないのが「十勝豚丼 いっぴん 札幌ステラプレイス店」!JR札幌駅に直結する好立地で、地元客・観光客ともに大人気の一店です。

店内はいつも多くの人で賑わっており、食事時には待つこともしばしば。スムーズに利用したい場合は、テイクアウトもおすすめですよ。

豚丼

備長炭で一枚一枚丁寧に焼かれた、国産豚の本ロース肉がのった「豚丼」。フタをあけると広がる、こんがりおいしそうな香りが食欲をそそります。

豚肉はふっくら厚みがあってソフトな食感。甘辛い特製タレに、焼き目の香ばしさが最高のアクセントになっています。お肉の大きさ・タレの量などが選べるので、自分好みの一杯をどうぞ♪

店舗情報

2. 札幌豚丼の元祖「豚丼のまむろ」

市電通り沿いに店をかまえる、1970年創業の老舗「豚丼のまむろ」。元々はすすきので高級和食店として営業しており、札幌ではじめて豚丼をだしたお店なんですよ。

北海道のローカルテレビ番組で紹介されたことがあるため、地元ではとっても有名!老舗の味をもとめて地元の常連客が多く訪れる人気店です。

上豚丼

ダシが香る手作りのお味噌汁と、漬物がセットになる「特豚丼」。ノーマルの豚丼と比べ、豚肉の質・量ともにワンランク上のひと品です。

鉄フライパンでこんがりじっくり焼き上げられた豚肉は、ほどよい脂でコク充分♪ ごはんが進む濃いめのタレとホワイトペッパーがピリリと効いています。“帯広豚丼”とは一線を画す一杯です。

店舗情報

3. 道産豚肉×鹿肉「炭焼豚丼 小豚家(コブタヤ)」

北海道産食材を使用する飲食店が集まるHUGイート内に、10年以上店をかまえる「炭焼豚丼 小豚家」。道産豚肉や道東・知床産エゾシカ肉などの道産食材を使った料理を味わうことができる一店です。

お酒にあう一品料理も種類豊富にそろっているので、お昼からお酒を楽しみたいというあなたは要チェック♪

豚鹿丼

「豚鹿丼」は、北海道産豚肉(バラ・ロース)と知床産エゾシカ肉を一度に味わえるスペシャルな丼。豚肉・鹿肉ともにクセがなく、すっきりした甘さの自家製タレで箸が止まらないおいしさです……!

白髪ネギの上にトッピングされた「山わさびの醤油漬け」も必食。「エゾシカ肉」は北海道に住んでいてもあまり食べる機会がないので、道民にもぜひ足を運んでほしい一店です。

店舗情報

4. 今はなき名店の味「大衆食堂 十勝居酒屋 一心」

JR札幌駅近くの商業施設「sitatte(シタッテ) sapporo」の2階に店をかまえる「大衆食堂 十勝居酒屋 一心」。十勝産食材の魅力を伝えるべく、十勝の生産者から直接仕入れる食材をふんだんに使った一店です。

ランチタイムは「食堂」、ディナータイムは「居酒屋」と2つの顔をもち、中休みはないため一日を通して利用することができますよ。

十勝帯広伝説の鴨川醤油豚丼定食

「十勝帯広伝説の鴨川醤油豚丼定食」は、豚丼にサラダと味噌汁、追いダレがセットになった定食です。メニュー名の“鴨川”とは、帯広で70年営業していた伝説の豚丼専門店。2016年に惜しまれつつ閉店した、名店の味を再現した一杯なんです!

こっくりコク深いタレが豚肉とごはんに絡む、しっかり味の豚丼。好みで追いダレをプラスすることができるので、濃い味好きな方におすすめですよ♪

店舗情報

5. うどん屋さんの名物豚丼「味処あずま」

地下鉄・さっぽろ駅から徒歩約1分、地下道からもアクセス可能な「国際ビル」に店をかまえる「味処あずま」。関西風うどんのお店ですが、もうひとつの名物が創業時から人気の「豚丼」なんです。

L字型カウンター席のみの店内は、ひとりで気軽に立ち寄りやすい雰囲気。食事時は連日オフィスワーカーでにぎわっています。

豚玉丼

筆者のおすすめは、千切りキャベツと目玉焼きがトッピングされた「豚玉丼」。野菜とたんぱく質をこの一杯でチャージできる、スペシャルな豚丼です。

秘伝のタレはほどよい塩味とあま味、そして深いコクが絶妙なバランス♪ すべての丼に野菜の小鉢・スープ・漬物がセットになるのもうれしいサービスです。

店舗情報

6. 味噌豚丼の元祖「札幌味噌豚丼 きんちゃん」

札幌中心部の少しはずれの西11丁目エリアに店をかまえる「札幌味噌豚丼 きんちゃん」。2012年3月のオープン以来、約10年ものロングランで地元民に愛される、最強コスパの豚丼専門店です。

アルコールメニューやおつまみ、お得な「ちょい飲みセット」もあるので、軽く一杯呑みたいときにもぴったりの一店♪

味噌豚丼肩ロース肉

ごはんの上にキャベツの千切り、ポークステーキのような一枚肉がのった「味噌豚丼肩ロース肉」。今でこそ“味噌豚丼”を提供する店はほかにもありますが、元祖はココ「きんちゃん」なんです。

特製の味噌ダレに漬け込まれた豚肉はしっとりやわらか。タレがしっかり染みつつもマイルドなので、最後までやさしい味のまま完食できちゃいますよ♪

店舗情報

7. 毎日食べたい豚丼定食「私のごはん屋さん ドン ムニュ」

地下鉄「新道東駅」から徒歩3分、札幌新道沿いに店をかまえる「私のごはん屋さん Don Menu(ドン ムニュ)」。家庭的な食事系メニューをメインにスイーツも味わえる、2019年4月にオープンした定食屋さんです。料理にはなるべく化学調味料を使わず、とことん手作り。

「日替わり定食」もあり、毎日でも通いたくなる一店です。

豚丼

メニュー名は「豚丼」ですが、サラダ・小鉢・味噌汁・漬物がセットになっていて、完全に定食!良心的でとってもお得なひと品です。

豚丼には厚い豚肉がたっぷりのっていてボリューム満点。そしてやさしい甘さのタレが絶品で、これだけでもごはんが進んでしまうほど♪ 自家製味噌で丁寧に作るお味噌汁も一押しポイントです。

店舗情報

8. 道産そばと味わう炭焼豚丼「蕎麦さとやま」

東区・苗穂エリアの少しはずれに店をかまえる「蕎麦さとやま」。石臼挽き自家製そば粉を使い“挽きたて・打ちたて・ゆでたて”の本格そばをリーズナブルに味わうことができる一店です。

ランチタイムには地元の常連客で大にぎわい!待つこと必至の大人気店なので、時間に余裕をもって訪れるのがおすすめです。

鴨豚セット

「蕎麦さとやま」でおすすめしたいメニューが、豚丼と鴨せいろそばがセットになった「鴨豚セット」。北海道産豚肉を炭火で焼き上げた「豚丼」と、北海道産粉100%の二八そばが同時に味わえる贅沢なひと品です。

豚肉を口へ運ぶとただよう香ばしさが、最高のスパイス♪ とことん素材にこだわるせいろのつけ汁も、ダシが効いて絶品です!

店舗情報

バラエティ豊富な「札幌豚丼」を満喫

この記事では、地元グルメライター厳選の「札幌豚丼おすすめ8店」をご紹介しました。本場・帯広の豚丼をはじめ、バラエティに富んだ“個性派豚丼”が味わえる街・札幌。この記事を参考に、新たな豚丼の魅力を発見していただけるとうれしいです♪

※ 記事の内容は、公開時点の情報です。記事公開後、メニュー内容や価格、店舗情報に変更がある場合があります。来店の際は、事前に店舗にご確認いただくようお願いします。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【おかえりモネ】「あれ? この人たちいつの間に...」空白の3年半が見せた巧みな"匂わせ"手法/18週目

    毎日が発見ネット
  2. 東京の気になる絶品トースト5選。パンとバターの幸せな香りはモーニングにもランチにもおすすめ!

    さんたつ by 散歩の達人
  3. これぞオリパラのレガシー 鉄道業界のバリアフリー化総集編 新幹線のフリースペースや駅ホームの安全対策をご紹介【コラム】

    鉄道チャンネル
  4. お前はもう消えている?20世紀末に流行ったモノをまとめた「絶滅事典」が発売

    おたくま経済新聞
  5. えくぼが素敵な30代以下男性芸能人ランキング…TOP3は、坂口健太郎・福士蒼汰・中村倫也!

    ランキングー!
  6. 【GUの靴】いま履きたいのはこの4足!歩きやすい「おしゃれシューズ」レビュー

    ウレぴあ総研
  7. あんと具材、麺のハーモニーが最高!美味しいあんかけ焼きそば3選

    asatan
  8. 新型コロナ 鎌倉市内陽性判明者 7日間で38人〈鎌倉市〉

    タウンニュース
  9. 知らないと怖い!猫の寿命を縮める『悪質なウイルス』6つと予防策

    ねこちゃんホンポ
  10. パンデミックパピーの飼い主と犬の福祉低下についての調査結果

    わんちゃんホンポ