Yahoo! JAPAN

海上つり堀でシマアジに大ダイ ウキ釣りとミャク釣り使い分けで攻略

TSURINEWS

大ダイ確保(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

6月5日(日)に沼津のつり堀まるやへ釣行しました。低活性で苦戦を強いられましたが、シマアジに大ダイをウキ釣りとミャク釣りの使い分けで攻略できたので、その模様をリポートします。

海上つり堀まるやへ釣行

当日は団体の利用者も多く満員御礼の盛況で、朝から出船場所の足保港は活気に包まれていました。午後から天気が下り坂の予報で朝の時点でも沼津市街周辺で通り雨がありましたが、出船時間直前には雲の隙間から晴れ間が見えてきたので大きく崩れることはなさそう。風と波も穏やかで絶好の釣り日和です。

イケスの様子(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

6月にもなれば強い紫外線と日差しへの対策が必須。飲み物は麦茶やスポーツドリンクを中心に普段よりも多めに準備しておきましょう。

本命はシマアジ

当日のイケスに放流されていた魚種は、定番のマダイ・シマアジとカンパチの3種類。ただし、以前放流していた大ダイやワラサ、ヒラマサが居残っているとのこと。

筆者が狙う魚種は食味抜群の好敵手「シマアジ」。アタリは繊細でも引きは強く、軟らかい口が破れやすいためにバラシも多発する海上釣り堀の難敵です。如何にして攻略するか出船前から頭の中で様々な作戦を練ります。

当日のタックル

当日使用したタックルは以下の通りです。

ウキ釣り仕掛け(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

マダイ/シマアジ狙い(ウキ釣り)

ロッド:クラブブルーキャビンFL
リール:インパルト2500LBD-SH
ウキ :棒ウキ1.5号
ミチイト :Bluemodel5号(ナイロン)
オモリ:1号(ゴムクッション付)
ハリス:LEVEL3(フロロカーボンライン3号)
ハリ :マダイ10号

マダイ/シマアジ狙い(ミャク釣り仕掛け)

ロッド:がまちぬ いかだ競技スペシャル165
リール:セイハコウSP RC83
ライン:LEVEL3(フロロカーボンライン3号) ※道糸・ハリス通し
オモリ:0.5号
ハリ :マダイ9号

青物狙い(ウキ仕掛け)

ロッド:アナリスター73 80-300
リール:カルディアLT5000D-CXH
ウキ :8号
ミチイト :海上釣り堀用PE5号
オモリ:6号(クッション付) ※活きエサ使用時ハリスに1号追加
ハリス:LEVEL8(フロロカーボンライン8号)
ハリ :カン付伊勢尼12号

ダンゴエサでマダイ好捕

イケスに乗ってからタックルを準備して早速釣りを開始。まずはマダイ狙いでダンゴエサをメインに数種類のエサを試します。

ダンゴエサで攻める(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

筆者の隣では、釣行時に毎回お世話になる常連さんがこの日も一緒のイケスに乗っていました。毎回のように竿頭になるほどの腕前で、誘いの入れ方やエサの種類は見ているだけでも勉強になります。

常連さんがマダイを釣り上げた直後に筆者のウキも沈みマダイがヒット。周囲でもマダイのアタリが出ているのでチャンスです。マダイを数匹キャッチしたところで急に魚が落ち着いてしまいました。

魚は低活性

この後は放流タイムもありましたが、何故か活性が上がらずに時折カンパチとマダイが単発でヒットするのみ。誘いをこまめにいれてようやくアタリが出る状況が続きます。

マダイ放流タイム(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

シマアジ3匹手中

しばし静かな時間が過ぎますが、ここで筆者の横にいた父親がシマアジをヒットさせました。どうやら足元にシマアジが回ってきた様子。さっそく黄色のダンゴエサで狙ってみると、すぐにシマアジらしい細かいアタリがウキに出ます。

シマアジ(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

青物顔負けの鋭いダッシュで引きは強烈ですが、口が弱いので無理なやり取りは禁物。短いチャンスタイムではありましたが計3匹のシマアジを仕留められました。

カンパチ放流も活性上がらず

シマアジが落ち着くとカンパチの放流タイムが到来。通常ならばここで青物の活性が上がって賑やかな状態になるはず。

カンパチ放流タイム(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

しかし、放流タイム後に上がった青物はイケス内でたった3本。筆者もカツオのぶつ切りで1本キャッチできましたが周囲も含めて予想外の低活性に苦戦しているようでした。

ミャク釣りで大マダイ

昼前には完全にアタリが止まってしまったので切り札のミャク釣りタックルに持ち替えてみます。すると狙いが的中して1投目からヒット。掛けた魚はマダイのようですが、予想外の重みと強い抵抗でイケス内を暴れ回ります。

少し驚きつつも落ち着いて浮かせると姿を見せたのは居残っていた大マダイ。イカダ竿でのスリリングなやり取りを満喫できました。

しっかりお土産確保

大ダイを最後に追加できず釣り終了時刻を迎えました。スタッフも頭を悩ませるほどの低活性で厳しい状況ではありましたが、しっかりと釣果を出せたのは収穫です。

最終釣果(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

最終釣果はマダイ7匹にシマアジ3匹、カンパチ1匹でした。当初の目標だったシマアジを3匹確保できたので満足の釣行になりました。青物は少し寂しい釣果になってしまったのでまたリベンジしに訪れたいと思います。

下処理のサービスもある(提供:TSURINEWSライター杉本隼一)

<杉本隼一/TSURINEWSライター>

The post海上つり堀でシマアジに大ダイ ウキ釣りとミャク釣り使い分けで攻略first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事