Yahoo! JAPAN

秋はショアジギング入門好機 刺激的な釣り味と基本の釣り方を解説

TSURINEWS

ショアジギングでの釣果(提供:週刊つりニュース中部版・橋本広基)

今回は超刺激的なショアジギングゲームの楽しみ方や、釣果に直結するポイントを解説しよう。

ショアジギングが最盛期に

ロマンいっぱいのショアジギングは、これからが最盛期。堤防や砂浜から青物が手軽に狙えるシーズンがやってくる。ロッドは大きく弧を描き、ギュンギュンとスピード感あふれるパワーファイトが楽しめる。

メインターゲットは青物(提供:週刊つりニュース中部版 橋本広基)

ショアジギングの対象は多彩

ショアジギングとは、メタルジグと呼ばれる鉛製のルアーを遠投し、青物などを狙う釣り方である。釣り場は身近な堤防や砂浜に加え、大型狙いの実績が高い地磯などとなる。ターゲットの代表格はブリやカンパチの幼魚を始め、サワラ、シイラ、ヒラメ、マゴチ、オオモンハタやアカハタなどの根魚まで、豊富な魚種を狙うことができる。

ハタ類など根魚もターゲット(提供:週刊つりニュース中部版 橋本広基)

また、シーズンについては、私のホームグラウンドである三重県中南部では秋の訪れとともに本格化し、年内は楽しむことができる。すでに今シーズンも青物の接岸が始まっており、先日も良型の青物をキャッチし、シーズン序盤の好釣果に今シーズンの大爆釣を予感している。

ショアジギングのタックル

私の場合タックルは、釣行するポイントや対象とするターゲットによって使い分けている。

足場のいい堤防や、砂浜といった障害物の少ないエリアで小型の青物やヒラメ、マゴチといったフラットフィッシュがメインターゲットの場合は、メタルジグの30g程度がしっかりキャストできる、ライトショアジギングカテゴリーの10ft前後のロッドが、操作性も良く扱いやすい。

スピード感あふれるファイト(提供:週刊つりニュース中部版 橋本広基)

メインラインはPEライン1号程度。リーダーとしてフロロカーボンの5号前後を結束し、魚とのやり取りをじっくり楽しみながらファイトしてみよう。

また、テトラ帯や地磯といった魚の取り込みが難しいポイントでは、魚に主導権を渡すことは、障害物にラインを擦られるなどラインブレイクに直結する。

特にブリクラスの青物や大型のサワラなどは、体ごと持っていかれるほどの強烈な引きだ。ロッドは10ft以上のショアジギング専用ロッドを選択し、60g程度のジグもしっかりとキャストできるパワーのあるモデルで勝負したい。

メインラインもPEライン2号以上、リーダーはフロロカーボンラインの8~10号を2mほど結束し、大型魚にガチンコファイトで応戦する。

ハンドルノブは丸形が使いやすい(提供:週刊つりニュース中部版 橋本広基)

またリールはキャスト性を考えて、どのような場合でも基本的にはスピニングリールを選択し、最低でもメインラインが200m程度巻き取れるモデルを選択しよう。また、力強いリーリングが要求されるため、ハンドルノブは力が入りやすく握りやすい、丸型のラウンドタイプがオススメだ。

ルアーとフックセッティング

ルアーはメタルジグが中心となる。大きく分けて、センターバランスとリアバランスの2種類があり、一般的にセンターバランスタイプは、釣り人のロッドワークによって左右に大きくダートする動きを中心に、さまざまなアクションが演出できる。

ジグを沈める際もヒラヒラと不規則に沈んでいき、自然とターゲットを誘引できる。また、リアバランスタイプは遠投性が非常に良く、広範囲を手返し良く探れるといった特徴がある。ルアーウェイトは底が取れる重さを基本とし、堤防や砂浜では30g前後が中心となる。

30gのメタルジグを基本にミノーやシンペンも(提供:週刊つりニュース中部版 橋本広基)

私のカラー選択は晴れた光量の強い状況ではシルバー系、濁りが強い状況や光量の少ないマヅメ時などは、ゴールド系でスタートしている。また、フックセッティングにもバリエーションがあり、メタルジグの前側のみにフックを付けた場合はハリの貫通性が良く、後方の抵抗が少ないため、キレのある激しいアクションを演出しやすい。

青物などは小魚の頭を狙って吸い込むように捕食するため、ショアジギングの基本となるセッティングだ。また後方にシングルやダブル、トリプルフックを追加したい状況は、直線的な速いアクションに青物などが反応し、後方から追尾してきてヒットするケース。ジグが沈んでいる際にヒットが多発するなどの状況では、フッキング率を向上させてくれるため有効だ。

ターゲットのシオ(提供:週刊つりニュース中部版 橋本広基)

またターゲットの活性が高く、海面付近を強く意識している場面では、手返しが早くフッキング率が高いミノープラグやシンキングペンシルもオススメだ。

なお私は遠投性とルアー強度を考え、30g程度のサワラ狙い用のミノープラグを使用するケースが多い。

狙うフィールドと時間帯

ポイント選びで最も重要となるのが、大型魚のエサとなるイワシなど、小魚の接岸状況だ。そして、それを判断する指標としては、海中の小魚の姿が視認できることやナブラの有無、海面に突っ込む海鳥の存在にも注視したい。

ナブラやトリヤマ(提供:週刊つりニュース中部版 橋本広基)

特に朝と夕方のマヅメ時はチャンスタイムとなり、小魚の接岸が期待できる。一般的には、このような状況が起こりやすい場所は、外洋に面した岬の先端や張り出した突堤などの潮通しの良い場所に加え、足元から水深のあるサーフでは近距離まで大型魚が入ってくる定番の場所となる。

張り出した堤防や急深のサーフがポイント(提供:週刊つりニュース中部版 橋本広基)

また後の釣行のため、釣果や潮見表の情報に加え、小魚の接岸状況や沖が荒れたタイミング、風向きなどもメモしておくと、関連性が見え非常に参考となる情報となってくる。

釣り方のキホン

メタルジグのアクションは、海面付近で青物などの捕食行動が視認できる、小魚が追われているなどの場合を除いて、基本はいったん底を取ってから開始する。誘いの基本となるワンピッチジャークは5回から10回をワンセットとし、リールを1回転させると同時にロッドを上方向に大きくあおってラインをバシッ、バシッ、バシッとたたく感覚でリズミカルに動かし、ジグを左右に大きく跳ね上げる。

伊勢湾奥にはサワラも回遊してくる(提供:週刊つりニュース中部版 橋本広基)

パニックを起こして逃げ惑う小魚を演出し、アクションの間にひと呼吸タメを作ることで、意図的に捕食のチャンスを与えることも覚えておこう。また、ハマチクラスの中型青物やサワラ、シーバスなどは、速いアクションへの反応も良い。できるだけ速いスピードでリールを回転させ、ロッドの穂先をジャカジャカジャカジャカと振るわせることで、誘いのアクションを付けていく。

メタルジグをしっかり追わせ、時折ピタッとアクションを止めることで必死に後方から追尾し捕食意欲が最高潮に達しているターゲットに対し、リアクション的にヒットへと持ち込むシナリオだ。そして、低活性時に試していただきたいのがロングジャークだ。

ショアからブリ族を狙おう(提供:週刊つりニュース中部版 橋本広基)

ロッドを上、もしくは横方向に大きくサビき、その後ロッドを元の位置に戻すことで発生するイトフケを利用し、メタルジグをヒラヒラと沈めていく。まさにその姿は遊泳力を失い、弱って沈んでいく小魚そのものだ。ターゲットが簡単に捕食できるラッキーチャンスが演出され、私の経験上カンパチやその幼魚もこのアクションに反応が非常にいいと感じている。

他にもこのようなアクションを組み合わせアレンジすることで、誘いのパターンは千差万別。その日のヒットパターンを探し当てることもこの釣りの面白さといえよう。

ファイト&ランディング

まずは落ち着いたファイトを行うため、キャストを開始する前に、釣り座から海中の様子を確認し、取り込みまでの一連の流れをイメージしておこう。障害物の有無や足元に寄せてくるルート、タモ入れを行うポイントなどを確認する。

アタリは、アクションのつなぎとなる一瞬の間やフォール中に多く、ガツンッ、ググッといった感じで衝撃や重みが伝わることが多い。そして、アタリを感じたら即アワセが基本。ロッドを力強く振り上げターゲットの口へとしっかりとハリを貫通させる。

ザブトン級のヒラメがヒットすることも(提供:週刊つりニュース中部版 橋本広基)

ヒット後は一気に海面へとターゲットを引っ張り上げ、自らが主導権握ろう。ただ、ターゲットが強烈に抵抗した際は、いったんターゲットとの距離を詰めることはやめ、リールのドラグを滑らせて相手の体力を消耗させる。

その際のドラグ力であるが、釣行前に必ずチェックし、片手でラインをしっかり引っ張りチリッと滑る程度から始めてみよう。特に足元が悪い地磯やテトラ帯では、大きく横走りされるだけでなく、足元に潜り込まれることは取り込みを難しくするだけでなく、沈み根や障害物に擦られてラインブレイクするなどキャッチ率の低下につながってくる。

回遊があればシイラだってヒットする(提供:週刊つりニュース中部版 橋本広基)

ファイト中にズルズルとラインが引き出されることがないことを意識しよう。そして、取り込みに関しては、最後の抵抗で一気に潜られるシーンもあるので、焦らず魚の動きが十分に止まってからタモ入れの体制に入ろう。また、タモは最低でも直径60cm以上のアイテムをオススメする。

安全第一で楽しもう

ショアジギングはこれから各地で最盛期を迎える。ライフジャケットはもちろんのことながら、フィッシュグリップやペンチ、磯場などでは足元の装備も忘れることなく、安全第一で釣行を楽しんでいただきたい。

安全装備は最重要アイテム(提供:週刊つりニュース中部版 橋本広基)

<週刊つりニュース中部版 橋本広基/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年10月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post秋はショアジギング入門好機 刺激的な釣り味と基本の釣り方を解説first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事