Yahoo! JAPAN

猫にも『こだわり』がある!絶対に譲れないこと5つ

ねこちゃんホンポ

1.ご飯や食べる場所

「決まったフードしか食べない」「新しいフードを食べたがる」など、ご飯にこだわりがある猫もいます。

また、「飼い主さんが見ていないと食べない」「毎回決まった、お気に入りの場所でないとダメ」など、食べ方にこだわる猫もいるでしょう。

猫によってご飯や食べる場所へのこだわりが異なります。ご飯は猫の健康維持にとって非常に大切なので、なるべく希望に合わせてあげてください。

2.使うもの

ボロボロになっていてもなぜか子猫時代から使っている毛布やハンモックだけしか使わないなど、物にこだわりのある猫もいます。他にも、特定の家族の椅子にしか座らない子も。

小さなお子さんの「お気に入りタオル」のような感覚なので、古くなったと勝手に捨ててしまうと精神の安定を失ってしまうこともあります。愛猫のお気に入りはなるべく、そのままにしておいてあげましょう。

もしどうしても衛生上破棄したい場合は、必ず捨てる前に別のお気に入りを見つけてからにしてあげてください。

3.飼い主さんへの絡み方

飼い主さんとの絡み方に謎のこだわりがある場合も。たとえば、トイレに一緒に入って邪魔してきたり、帰宅後に必ず肩に乗せなければいけなかったりなど不思議なものです。

飼い主さんにとっても謎な場合が多く、しかたなく従わされている場合もあります。しかし、そんなところがまたかわいくてたまらないでしょう。

4.トイレ

トイレには並々ならぬこだわりがある猫が多いです。健康に関わってくる部分ですので、ここは手を抜いてはいけません。もし気に入らない様子があるのなら、使いたいと思うようにしてあげましょう。

トイレに不満はないけれど、独特の使い方をする場合があります。なぜか猫砂で遊びだす猫や、用足し後の砂のかけ方にこだわる猫など。こだわりの強く出る部分だからこそ、よりその個性が発揮されるのかもしれません。

5.飲み水

「流れる水しか飲まにゃい!」と飲み水へこだわる猫もいます。たまっている水よりも、動いている水の方が新鮮だという考えがあるようです。愛猫が流れている方がたくさん飲むという場合は、なるべく流してあげましょう。

常時水道を流しっぱなしにするのは難しいと思いますが、猫用の自動給水器を導入するだけで簡単に猫好みの流れる水が再現できます。

飲水量は健康にも関わってくる部分ですので、単なるわがままだとは思わず愛猫の好みに合わせてあげてください。

まとめ

今日のねこちゃんより:シロクロマロン♂ / アメリカンショートヘア / 2kg

飼い主さんにも解明できない、謎なこだわりのある猫は多いもの。「ここだけは絶対に、絶対に譲れないにゃ!」と思っていることでしょう。それは愛猫の精神的、肉体的健康に関わっているかもしれません。

できる限り、そのこだわりを貫けるようにしてあげましょう。

【関連記事】

おすすめの記事