Yahoo! JAPAN

実は「院卒」と聞いて驚く超高学歴芸能人ランキング…小田和正、エド・はるみ、石田ひかりらランクイン

ランキングー!

実は大学院卒の超高学歴芸能人ランキング

皆さんは「大学院卒」ってどんなイメージを持っていますか?理系でも文系でも、高度な研究をしてきたハイクラスな人って感じではないでしょうか?
普段テレビやステージで活躍する芸能人にも、実は大学院出身の経歴を持つ人がいるんです!今の活動からは想像できない研究をしてきた人も…?今回はそんな大学院出身の芸能人をランキング形式でご紹介!あんな人もこんな人も、意外な顔ぶれが揃ったランキングをお楽しみください!!

1位に輝いたのは…!

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

【実は大学院卒の超高学歴芸能人ランキング】

第1位 エド・はるみ(慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科修士課程修了)
第2位 小田和正(早稲田大学大学院理工学研究科修了)
第3位 石田ひかり(二松學舎大学大学院文学研究科国文学専攻博士前期課程修了)

(4位以下は『ランキングー!』サイトに掲載中)

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした結果を集計。
※有効回答者数:10~40代の男女(性別回答しないを含む)5132名

無理なくポジティブがグゥ~!1位はエド・はるみさん!

<投票者のコメント>
「お笑い芸人として下積み時代を経験しただろうと思っていました」

「あの芸風とは結び付かない!」

「頭が切れると思っていたけど、裏付けがある芸人さんだったんですね・・・びっくり!」

明治大学文学部文学科演劇学専攻卒業後、女優からお笑いの道へと転身。「グゥ~!」のネタで大ブレイクを果たしたエド・はるみさん。2008年にはユーキャン新語・流行語大賞も受賞しています。
2016年に慶應義塾大学大学院の修士課程に入学し、システムデザイン・マネジメント研究科でコミュニケーションを研究し2018年に修士号を授与されました。研究テーマは「身体的アプローチでネガティブ感情をポジティブ感情に反転させる」…それってまさに、エドさんのブレイクネタの「グーグーダンス」!
現在も同大学院で研究員として研究を継続し、2020年には研究を活かし開発したカードゲームで、第1回全日本ゲーミフィケーションコンペティション特別賞を受賞されています!!
研究者として、そして研究を活かした芸人としてのこれからの活躍も楽しみですね!!


意外すぎる理系ミュージシャン!2位は小田和正さん!

<投票者のコメント>
「音楽の道へ進まれた小田さんが理工系の出身なんて驚きです」

「大卒なのはそうだろうなと思っていたけれど、大学院修了…っていうか理工学っていうのも驚き」

「音楽の天才がまさかの理工学!そこにびっくり!」

第2位にランクインしたのは、元オフコースのボーカル、シンガーソングライターの小田和正さん!早稲田大学大学院理工学研究科を修了しています。
大学院で研究していたのは建築学。タンザニアの国会議事堂を設計するコンペで、当時新進気鋭の建築家・黒川紀章さんと競ったこともあったそうです。大学院在学中に、1年間休学して高校時代からのバンド仲間だったオフコースのメンバーと音楽活動を再開。修士論文につけたタイトルは「建築への訣別」。学んできたことに区切りをつけて、音楽の道へ進むという強い意志を感じるタイトルですよね…!


第一線で活躍しながらの大学院進学!3位は石田ひかりさん!

<投票者のコメント>
「国文学!素敵です!」

「女優としても忙しくしているのにしっかり勉強されてるのに驚いた!」

「多才で素敵」

10代から歌手、そして女優として活躍されてきた石田ひかりさん。朝ドラヒロインや大河ドラマ出演など、多忙な芸能活動と並行して亜細亜大学法学部へ進学。卒論のテーマは少年法に関することで、「想像以上に重いテーマを選んでしまって追求しきれなかった」と「徹子の部屋」にゲスト出演した際に語られていたとか。その後二松學舍大学大学院文学研究科に進み、国文学を専攻されていたそうです。
2020年にはクイズ番組「今夜はナゾトレ」で見事優勝し、知的な一面を見せてくれました!


4位以下は桑田真澄さん(早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士課程修了)や、菊池桃子さん(法政大学大学院政策創造研究科政策創造専攻修士課程修了)などがランクイン!

【関連記事】

おすすめの記事