Yahoo! JAPAN

平等院の藤、今年も美しく。世界平和の願いとともに【京都府宇治市】

ALCO宇治・城陽

2022年4月18日(月)、平等院(京都府宇治市宇治蓮華116)で、今年も美しく咲いた藤の花が報道陣にお披露目されました。

平等院の藤は「房が長い」「色が均一で美しい」「香りが良い」と三拍子そろい、その美しさは広く知られています。

平等院 御住職の神居氏によると、それに加えて「景観の素晴らしさ」も魅力の一つだということ。まさに藤越しの鳳凰堂は至極の眺めです。

そして、今年はさらに特別な意味があるそうです。

ひとつは平等院が開創970年であること、そしてもうひとつは世界平和への願いです。

平等院創建の目的には「世界平和」があり、また、藤は「優しさ」などの花言葉を持つということ。

こういった事を考えながら平等院の藤を眺めていると、改めて平和への願いが込み上げてきます。

平等院境内には、樹齢約300年の藤が4本植えられています。

2017年以降は安定して1万房以上の花房を付けていて、昨年は約2万房にもなりました。

今年は約1万2千房が確認されていて、4月に入って気温が上がり、開花が早まっているようです。

藤の手入れを行う「京阪園芸株式会社」の方によると、現在房の長さは平均約60~70センチで、一番美しいのは1メートル前後になる頃だそう。

現在のところ、見頃はだいたい今週末~ゴールデンウィーク前半までになる見込みだそうです。(見頃を過ぎると剪定が行われます。最新情報は平等院HPに掲載予定となっています。)

【関連記事】

おすすめの記事