Yahoo! JAPAN

5月17日午後3時ごろ、約9か月ぶりに通行再開した「流れ橋」に行ってきた!開通前から人が集まる!【八幡市・久御山町】

ALCO宇治・城陽

2024年5月17日(金)午後3時ごろ、これまで全面通行止めとなっていた「流れ橋」(※)が約9か月ぶりに通行再開!ということで行ってきました~!
※八幡城陽線上津屋橋(京都府八幡市上津屋~京都府久世郡久御山町佐山地内)

「流れ橋」は2023年8月15日(火)の台風で流されて以来、全面通行止めとなっていました。

そして本日、通行再開!

※自転車・二輪車は降りて通行
※工事用道路等の撤去工事は引き続き実施(河川敷内は立入禁止)

開通直前に八幡市側に行ってみたのですが、すでに橋を渡るのを楽しみにされている方々が集まっておられました。

(対岸の久御山町側を見てみると、そちらの方にも地域の方などが集まっておられる様子でした!)

そしていよいよ通行再開!

関係者の方や年配のご夫婦、学生さんやお友達、サイクリストの方など老若男女が橋を渡っておられました。

それにしても「流れ橋」って美しい~!

木造橋ならではの良さがありますよね!

「流れ橋」のある風景が復活して嬉しいです!

【流れ橋】
正式名称は「上津屋橋(こうづやばし)」。木津川に架かり、久御山町・八幡市を結んでいる。昭和28年3月架設(平成28年3月、現在の形式に見直し)。全長356.5mと、木造橋としては日本最長級。川が増水すると橋が流れる(橋脚につながれた上部工ブロックが流れ出す)ことで知られている。橋桁・橋板を橋脚の上に戻すことで復旧となる。また、時代劇などの撮影に使われることがある。「るろうに剣心 最終章 The Final」のロケ地にもなった。

【関連記事】

おすすめの記事