Yahoo! JAPAN

あいのり・桃の母、17回の引越し歴を告白「住宅購入で経済的には何度も失敗した」

Ameba

あいのり・桃の母、17回の引越し歴を告白「住宅購入で経済的には何度も失敗した」

人気恋愛バラエティ番組『あいのり』(フジテレビ系)に出演していたブロガーの桃の母が17日に自身のアメブロを更新。結婚後に17回の引越しをしていたことを明かした。

この日、母は「桃ちゃん2才の写真です」と切り出し、幼少期の桃と自身の2ショットを公開。「こちらは、建て替えする前の古家です」と述べ、古家の前で撮影した夫と子ども達の写真も公開した。

続けて、桃が生まれた当時について「桃ちゃんは正確には足利の産院で生まれましたが、この家で生まれましたと言って良いと思います」と説明。室内で撮った家族写真も公開し、「古いアルバムを観ていると、思い出が蘇ってきます」しみじみつづった。

さらに「この古い家で過ごしたときの方が、家族の距離が近く」「子どもたちにも目が届き、それがよかったのかしら」と当時を振り返り、「新築して3倍の広さの家になりましたが、距離感は三分の一」とコメント。「それとも子どもたちが大きくなって、距離が少しだけ遠くなったのかな?」と推察するも「確かに、大きな家は皆んなが集まってきてはくれますが、、、」(原文ママ)と家族の距離感について複雑な心境をつづった。

また、結婚してから17回引越しをしていると明かし、「海外生活は、インドネシアとイギリス。(ロンドンで4回)いつも家族で行動していました」と海外で生活していたことも報告。「新築マンション1軒、自分たちで設計から家を建てたのは日本で2軒(やむなく売りました)」「中古住宅を買ったのは、日本で2軒、イギリスで2軒」とこれまで購入した場所や軒数についても言及した。

最後に「住宅購入で経済的には何度も失敗したのは事実ですが、良いこともいっぱいあったので、、、。 ちょっとだけ反省しています」としみじみコメント。自身について「変化を好む星に生まれたのかもしれません」「夫は文句も言わず、付き合ってくれました。めでたし、めでたし!」とお茶目につづり、ブログを締めくくった。

(著者:Ameba編集部)

【関連記事】

おすすめの記事