Yahoo! JAPAN

SLJ&タイラバゲーム熱中 4.5kgカツオに50cm級キジハタなど魚種多彩

TSURINEWS

タイラバで手中のマダイ(提供:週刊つりニュース中部版・五井貴矢)

豊富なターゲットがそろう御前崎沖のスーパーライトジギング&鯛ラバ。8月24日(火)、静岡の御前崎の波丸から、当地の釣りを取材した。

波丸でSLJ&タイラバ

5時すぎに出船。まずは水深40mほどのポイントを探っていく。使用したジグや鯛ラバのはウェイト80~100g。

開始直後からアカヤガラやホウキハタ、イサキなどが顔を見せ、鯛ラバでは本命のマダイも上がった。

ヤガラ登場(提供:週刊つりニュース中部版 五井貴矢)

夏の高級魚メイチ顔見せ

その後、船は御前崎の東側沿岸にある浅い岩礁帯25mラインに移動。マダイのほか、メイチやハタ類などを狙った。この場所で使用するジグは40~60g。鯛ラバは60~100gを、潮や船が流れる流速に合わせて使い分けていく。

夏の美味魚メイチ(提供:週刊つりニュース中部版 五井貴矢)

浅場のライトゲームとはいえ、お手ごろサイズのクエや大型のキジハタなどがヒットするため気が抜けない。

楽しんでゲット(提供:週刊つりニュース中部版 五井貴矢)

ここでもポツポツとヒットが続き、鯛ラバで食べごろサイズのマダイや、夏が旬の高級魚メイチがロッドを曲げた。しかし、普段なら次々に顔を見せるはずのオオモンハタやアカハタなど、ハタ系の魚が食傷気味だ。

50cm級キジハタ浮上

しばらく沈黙が続くなか、これを打破したのが川島さん。鯛ラバロッドを大きく曲げ、50cm近いキジハタをキャッチした。

良型キジハタ浮上(提供:週刊つりニュース中部版 五井貴矢)

土産がそろってきたところで、後半は再び沖へ出てサイズアップを狙うことになった。

ヒメダイキャッチで活気

30分以上の航程を経て、水深70mラインのポイントに到着。ここではカツオが跳ねており、底から表層まですべてが狙いどころとなった。

鯛ラバでマダイが、ジギングで希少な高級魚のヒメダイがキャッチされ盛り上がっていく。

ヒメダイにキダイ(提供:週刊つりニュース中部版 五井貴矢)

そして、クライマックスがやってきた。根気よく鯛ラバで攻めていた安間冬哉さんにグッドヒット。心地いいドラグ音を奏でて現れたのは、50cmアップのマダイ。

4.5kgカツオゲットで納竿

さらに、ジグで攻めていた鵜飼さんにもドラグを唸らせる大物がヒット。

カツオとファイト(提供:週刊つりニュース中部版 五井貴矢)

4.5kgの丸々太ったカツオで当日を締めくくった。

カツオ浮上(提供:週刊つりニュース中部版 五井貴矢)

<週刊つりニュース中部版 五井貴矢/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年9月10日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The postSLJ&タイラバゲーム熱中 4.5kgカツオに50cm級キジハタなど魚種多彩first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事