Yahoo! JAPAN

タウンミーティング 「行財政」テーマに意見交換 本村市長「あるべき相模原の姿を見出す」〈相模原市緑区〉

タウンニュース

市民の意見を受け、説明する本村市長

市民と市長が直接意見交換を行うタウンミーティング「まちかど市長室」が5月28日、相模湖地区、津久井地区でそれぞれ開催された。今回は「行財政構造改革プラン」をテーマに、各会場とも活発な意見交換が行われた。

約816億円の歳出超過見込み

津久井総合事務所で行われたミーティングには6人が参加。市からは本村賢太郎市長、石原朗緑区長、岩本晃財政局長ら9人が出席した。冒頭で本村市長は「相模原市行財政構造改革プラン」について触れ、現状のまま市政を継続していった場合、令和3年度からの7年間で約816億円の歳出超過が見込まれると説明。新斎場の整備、リニア中央新幹線開業を見据えた橋本駅周辺の整備、相模総合補給廠一部返還地を含めた相模原駅周辺の整備、小田急多摩線の延伸促進など、大型事業を抱えるが「順調に進んでいる事業はない」とし、「行財政構造改革であれもこれもなくすということではなく、816億円の歳出超過を収支均衡して財政の健全化をめざす。必要な施策を市民の皆様に継続して提供し『やっぱり相模原市に住んでよかった』と思っていただけるまちづくりがしたい。皆さんの意見を真摯に受け止め、あるべき相模原の姿を見出していく」と力を込めた。

橋本のまちづくり「降りたい駅」に

その後、参加者は順番に市政に対する意見、要望をそれぞれ発表。三井大橋の老朽化による景観、公民館などを利用した大人の英語スクール、青山が最終候補地となっている新斎場整備、相模原駅北口の球技専用スタジアムの整備、ふるさと納税の有効活用などについての要望が挙がった。

さらに、計画が進むリニア中央新幹線については、「橋本駅に1時間に5本停まるのと1本停まるのでは大きく違う。一体何本停まるのか」という質問も挙がった。環境影響評価という資料から「本数は1時間に5本。そのうち1本が橋本に停まる」と解釈した上で、「JR東海からはダイヤ、時間はこれから検討する」と言われていると現状を報告。本村市長は新幹線「のぞみ」や「ひかり」が停車するようになった新横浜駅を例に挙げ、「橋本のまちづくりをしっかり作り上げ、降りたい駅になるように取り組んでいく。リニアについては、今後もJR東海に情報開示を求めていく」と話した。

なお、緑区内で行われるタウンミーティングについて、藤野地区は3月に終了しており、橋本、大沢、城山地区については、日程が決まり次第、ホームページなどで参加者を募集するという。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. ドライブついでにぺろりと完食!サービスエリアで大人気「ご飯が止まらないご当地グルメ」【砂川市】

    北海道Likers
  2. 亡くなった愛犬の供養をお盆にする方法は?3つの迎え方やするべき準備を解説

    わんちゃんホンポ
  3. 80歳以上と知って驚く若見え有名人ランキング

    ランキングー!
  4. COMIQ ON!、Devil ANTHEM.&Malcolm Mask McLarenらが所属するエイジアプロモーション第3のアイドルとしてデビュー!

    Pop’n’Roll
  5. 猫より先に飼い主が亡くなってしまったら…今すぐすべき3つの「もしもの備え」

    ねこちゃんホンポ
  6. 政府発表「GDPやっとコロナ前回復」にエコノミスト異議あり! 「所得の面では落ち込み」「統計にミスリード」「世界同時不況の足音」

    J-CAST会社ウォッチ
  7. ロバートの元ストーカー「メモ少年」 ロバート山本とのトークイベント開催決定

    おたくま経済新聞
  8. 忍ミュ愛がいっぱい! 「ミュージカル『忍たま乱太郎』第12弾再演 8月8日はGロッソで陣を取れ!〜ファンミーティングの段〜」レポート

    SPICE
  9. うちの王様にはどうしても抗えない【第160話】「だっこしたいのかと・・ 」

    わんちゃんホンポ
  10. 【京都ランチ】本場ナポリ仕込みの窯焼きピッツァ☆京の酒処伏見の人気店「ドンチッチョ」

    キョウトピ