Yahoo! JAPAN

相鉄バス 自動運転バスを実証実験 社会実装見据え走行〈横浜市旭区〉

タウンニュース

カメラなどが搭載されている実験車両

相鉄バス(株)(横浜市西区)、先進モビリティ(株)(茨城県)、(株)東海理化(愛知県)、横浜市経済局は、4月5日(金)まで小型バスを用いた自動運転の実証実験を実施している。運行場所はよこはま動物園ズーラシア(旭区)の約2Kmの区間。相鉄バスが小型バスを用いた自動運転実験をするのは初。

少子高齢化踏まえ

今回の実験内容は、システムが加減速とハンドル操作の車両制御にかかる監視と対応を行う「部分運転自動化」。運転席に運転士を配置し、手動運転も状況によって交える。

相鉄バスでは、2019年から21年にかけて大型バスによる自動運転の実験を5回実施していた。同社の担当者は「少子高齢化に伴うバス運転手の不足が、地域交通であるバスの供給を脅かすことになる。深刻な問題と考えて、自動運転の実験をしてきた」と意義を説明した。

小型バスを用いた理由については、「大きいバスだけでは走行できる道が限られてくる。どちらも違った役割を担っている」と述べた。

社会実装を見据えて

実験では、ズーラシア正門5番バス停から北門バス停を経由して、元のバス停まで約5分かけて走行している(途中乗降不可)。起伏のあるルートで、担当者は「社会実装を見据え、アップダウンのある横浜市の実態に即したコースを選定した」と説明した。

運行時刻は、午前10時30分から午後1時、午後2時30分から4時まで、それぞれ30分間隔で運行。利用料無料で、一般の乗車も可能(定員10人)。

今後の実証実験については未定とのことだが、「システムが全ての運転を実施する実験も行い、早い時期での社会実装を目指したい」と語った。

「安定感ある」

実際の運行を見据え、使用する車両には東海理化の遠隔監視システムとして、車外に6台、車内に1台のカメラを搭載。遠隔監視センターに映像を送信し、車両の走行状況や車内外映像をリアルタイムで確認できる。

運行に携わる運転手は「安定感があるし、信頼して任せられるように感じる」と話した。

ハンドルから手を放している
周辺の状況を映像で把握

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 「妹ウサギをお世話する兄猫」にしか見えないけど... 獣医師が語る〝ウサギのホンネ〟が意外すぎた件

    Jタウンネット
  2. 別れた元夫とマッチング成立! デートして確信、ガチで復縁したい44歳女性の心痛【冷酷と激情のあいだ〜女性編~】

    コクハク
  3. 妊娠妻の電話に出ない…いまだ夢見る漫画家志望の夫とワンオペ妻の軋轢【吉祥寺の女・林絵里奈32歳 #1】

    コクハク
  4. 8年前に“ゆるFIRE”した男が思う。新NISAより確実なリターンを得るなら「自分自身への投資」を

    コクハク
  5. 曹洞宗の古刹で楽しむ子ども縁日やワークショップ♪ 小野にある聖徳寺で「流しそうめん&夏まつり」開催 三田市

    Kiss PRESS
  6. 【Zoff × ディズニー】ケース&メガネ拭きまで超かわいい!良デザイン多数の新作をチェック♪

    ウレぴあ総研
  7. ニューヨーク・タイムズにも紹介された山口祇園祭 さまざまな神事・行事が7月20日から27日まで

    サンデー山口
  8. 小学生の自分に会えるかも!?大久保小学校旧校舎思い出ツアー【習志野市】

    チイコミ! byちいき新聞
  9. 「奈良中心街3か所」でイベント開催!「バブルショー」や「スカイランタン®︎」もあり!「JCI KINKI FESTA2024」開催

    奈良のタウン情報ぱーぷる
  10. 話題の「オニヤンマくん」作りなど8つの体験プログラムを用意! しあわせの村で「夏休み工作塾」開催 神戸市

    Kiss PRESS