Yahoo! JAPAN

海の陸っぱり釣りでよく使う「ジグヘッド」入門 代表的3タイプを紹介

TSURINEWS

シングルフックのジグヘッド(提供:TSURINEWSライター無道寺辰哉)

ジグヘッドはオモリとハリを一体化させたもので、さまざまな釣りで活躍します。今回はジグヘッドにどのようなタイプがあるかについて紹介します!

シングルフックのジグヘッド

シングルフックのジグヘッドは、フックが一つなので根掛かりしづらいです。大小あるので、ターゲットの口の大きさに合わせて選べます。

メバリングでも大活躍のジグヘッドは、ゆっくり落ちていくようにオモリが小さく軽いもので、長めのフックがついたものを用いられます。

メバルは口が大きいのですが、警戒心が強く一気に丸呑みせずに一度くわえて吐き出す習性があり、その瞬間にフッキングできるように長めのフックが好まれます。

アジングでは、アジの口のサイズに合う専用の小さなシングルフックがあります。しっかりとくわえ込むまで早アワセは厳禁です。

人気の「VJタイプ」

「VJタイプ」とは、魚の形をした滑らかに動く今までにないジグヘッドになります。

VJタイプ(提供:TSURINEWSライター無道寺辰哉)

VJ=バイブレーションジグヘッドの略で、小魚のようなシャッドテールワームと合わせることでリアルな動きを演出するのが特徴です。

有名なのは「コアマン」が発売しているもので、ルアーマンからの人気が後押しして多くのメーカーが同様の形状のものを発売しています。

フィッシュイーター全般に使えますが、シーバスやフラットフィッシュに多く用いられています。

ブラクリもジグヘッドの一種

ブラクリとは、オモリやハリ、ハリスが一体の独特な形状をしているジグヘッドの一種です。

ブラクリ(提供:TSURINEWSライター無道寺辰哉)

あらゆる釣り方に向いている「ソロバン型」水の抵抗が少ない「ナツメ型」転がりやすい「丸型」ひらひら落下する「ブラー型」があります。

使うときに向いているエサはエビ、ゴカイ、フナムシなどです。釣れる魚はカサゴ、メバル、アイナメなど多数あります。

ジグヘッドはどこでも活躍するので、常に用意しておきましょう。

<無道寺辰哉/TSURINEWSライター>

The post海の陸っぱり釣りでよく使う「ジグヘッド」入門 代表的3タイプを紹介first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 陸上競技で好記録をだす色ってどんな色?【決定版 色彩心理図鑑】

    ラブすぽ
  2. 【五泉市】『ごせん桜フェイスソープ』は五泉市の八重桜を贅沢に使用した優しい手作り石鹸です

    日刊にいがたWEBタウン情報
  3. ソファでリラックスするワンコがどう見ても裏社会のボスにしか見えない

    おたくま経済新聞
  4. とっておきの時間を!クルージングをしながら優雅にティータイム コンチェルト「船上のアフタヌーンティーセット」夏メニュー 神戸市中央区

    Kiss PRESS
  5. <稼ぐ方がエラい>「協力して」「お前だけが楽になって不公平」#ダメパパ図鑑99人目【まんが】

    ママスタセレクト
  6. 片岡鶴太郎、次男・荻野綱久との親子ショットを公開「カッコいい」「とっても素敵」の声

    Ameba News
  7. 冨岡健翔(ジャニーズJr.)主演 ジェットラグプロデュース『通りすがりのYouTuber』開幕(コメントあり)

    SPICE
  8. 北斗晶、長男の妻・門倉凛と買い物へ「娘が欲しいと思ってた」

    Ameba News
  9. 研ナオコ、焼き鳥を堪能する姿を公開「豪快な食べっぷり」「最高のショット」の声

    Ameba News
  10. アレク、子ども達との入浴ショットを公開「まじで疲れた」

    Ameba News