Yahoo! JAPAN

シーズン最後のテンヤ釣りで良型マダイにマゴチ キャスト釣法が的中

TSURINEWS

テンヤ仕掛けで釣ったマダイ59cm(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

11月になり関門のマダイテンヤはシーズン終わりを迎えようとしている。今シーズン最期の釣行をレポートする。

テンヤの年間のシーズン

関門エリアのテンヤは例年5月のGW頃からスタートして11月で終了する。このシーズンは釣果的な部分もあるが、テンヤで使用する生きエビの漁獲も関わってくる。11月を過ぎるとこの生きエビの入荷が止まり、関門エリアのマダイ釣果も落ちてくるためシーズン終了となるのだ。

もちろん、冷凍エビを使えばできなくもないのだが、一度冷凍でやられた方ならわかるだろうが、生きエビと冷凍エビでは釣果がかなりかわってくる。食いは圧倒的に生きエビがいい。

RYUSEIで関門テンヤ釣り

10月30は長潮。今回は関門RYUSEIさんにお世話になった。毎回釣らせてくれる名船長だ。

お世話になったRYUSEI(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

6時に出船。釣り座は右舷側のミヨシに座らせてもらった。出船場所から10分とかからない間に最初のポイントに到着。ファーストヒットはかわいいサイズのマダイだった。その後はいい流れを探してポイントを移動。

キャスト戦法で59cmマダイ

2箇所目ではミヨシから流れていくので、船の進行方向側にキャストして斜めに引いてくる形で誘う。アクションを入れてテンションをかけつつフォール中に一度触ったが、その一瞬は対応できず、堪えて本アタリまで待ってアワセを入れた。引き出されるドラグを楽しみながら丁寧に上げてくる。

59cmの良型。孫バリが上顎の皮に掛かっていた。今日は食いがあまりよくないようだ。

タングステンテンヤが奏功

その後は40cm台のマダイを2匹追加。鉛より底の取りやすいタングステンテンヤが、キャストした先での分かりづらいボトムタッチを鮮明にしてくれた。

続いてキャストした先で地球と間違う引きで上がってきたのは、特大サイズのマゴチ。関門テンヤでの嬉しいゲストだ。

マゴチもヒット(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

最終釣果と冬の関門

最終釣果は59cmのマダイを筆頭にキープが10匹ほど。それ以上にリリースがあった。そこから追加でマゴチとなった。

釣果の一部(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

今回乗船したRYUSEIは、関門テンヤのシーズンオフからオンの間は関門エリアでの生きエサを使った泳がせ釣り、関門から出た沖合での釣りにシフトしていくそうだ。テンヤ好きの自分としてはオフシーズン少し寂しくなるが、青物が熱くなるので今後はそちらも楽しめそうだ。

冬は北風で荒れる日がデフォルトとなる北九州エリアだが、高い出船率の関門エリアでの泳がせ釣りも注目してみてほしい。

<檜垣修平/TSURINEWSライター>

▼この釣り船について
遊漁船RYUSEI
出船場所:門司港第二船溜り

The postシーズン最後のテンヤ釣りで良型マダイにマゴチ キャスト釣法が的中first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事