Yahoo! JAPAN

芸術の森 野外ステージで「しゃけ音楽会2024」開催!/多彩なカルチャーがミックスした心地いい時間

poroco

イラストレーター・あけたらしろめさんのフォトスポット。

2024年6月15日(土)に開催!当日は晴天でした!

イラストレーター・あけたらしろめさんのフォトスポット。

2022年からスタートし、3回目の開催となる「しゃけ音楽会」

音楽好きが集結して始まった札幌の音楽フェス「OTO TO TABI」が手がけ、自然に囲まれた芸術の森 野外ステージで、音楽と食、アートを楽しめる1日です!

 

今年は新たにお笑いライブが開催、食や雑貨の出店も増えたそう!

様々なカルチャーがミックスされた、心地いい空気が流れていました。

 

~~~~~~~~~~~~

今回出演されたのは、君島大空(独奏)、乙女絵画、cero、toconoma、柴田聡子、TESTSET(砂原良徳×LEO今井×白根賢一×永井聖一)のみなさん。

お笑いライブには、ママタルト、キュウのみなさん。

別会場では、土生"TICO"剛[Little Tempo]さんがトリニダード・トバゴの楽器スティールパンの演奏を披露してくれました!

勾配になっている観覧エリアでは、イスやシートを引いてピクニック気分を楽しんだり、好きなところにそのまま座ってみたり。
ステージ前のスタンディングエリア。ステージ上のアートは、鮭の鱗や遡上する川を思わせますね。

会場内のあちこちにアートが! 子どものためのワークショップも

映像クリエイターのかとうたつひこさんが、シャボン玉を飛ばしてくれていました。

会場に向かう道からあちこちでアートを感じられ、見つけると楽しい気持ちに!

白老で芸術祭を手がける飛生アートコミュニティーのブースもあり、アイヌ民族の伝統的な楽器・ムックルづくり体験や、子どものための木片人形づくり体験も行なっていました。

 

「飛生芸術祭 2024」は、2024年9月7日(土)〜15日(日)に開催予定だそう。

お子さんたちが夢中になって木片人形づくりをしていました。
形も色も多彩な作品たち。
北翔大学芸術学科彫刻ゼミの皆さんの作品。木漏れ日が揺れる道沿いに展示してあって、妖精か小人が出てきそうな雰囲気。
こんの工作所の工作楽器では、小さな子が好きに音を出して楽しんでいました。

あれもこれも食べたい、飲みたい...魅力的なフードがいっぱい

桑園・Streetlight Brewingがイベントのためにつくった「ほっちゃれIPA2024」。

porocoでもご紹介させていただいたことのある、札幌・道内のお店がたくさん出店。

青空の下でビールは最高に気持ちよかったです!

桑園・Streetlight Brewingが「しゃけ音楽会」のためにつくった「ほっちゃれIPA2024」は、しばらくはお店などでも飲めるとのことなので、飲み逃した方はチェックしてみてくださいね。

 

スキマサウナとhilninelの限定コラボ「スキマ食堂」のスパイスカレー。
これから間借りかき氷店を始めるという「粋氷」。今回はイベント用のメニューを用意したとのこと!

テントサウナ、体験してみました

イベントなどで、テントサウナ体験やオリジナルグッズを販売している「スキマサウナ」さんのブースもありました。

洋服のまま気軽に参加できて、熱波師によるアウフグースを体験できます! しっかり蒸されたあとは、ととのいスペースで外気浴。

いい風に吹かれました♪

オリジナルのMOKUタオル。色違い・サイズ違いで用意されています。
熱波師のあやかたさん。今回は、「1・2・サーモン!」の掛け声であおいでもらいました笑。普段はニコーリフレや、湯屋・サーモンにいらっしゃるそうです。

おいしいもの、雑貨が集まる!誰でも入れる「鮭ノ市」

入場チケットがなくても入れる「鮭ノ市」も開催されていました!

今年は入場ゲート前のスペースに加えて、特設会場を増やし、よりたくさんのお店が集まりました。

 

札幌市内をはじめ、洞爺や東川、帯広など道内各地から素敵なお店が集まっていて、キッチンカーも集結!

poroco読者の方にもオススメのお店ばかりでした! 今回の出店者情報はこちらから。

入口ゲート前の「鮭ノ市」。古道具や洋服、アクセサリーなど、宝物探しのように見て回りたいラインナップ。
今年からの特設会場。普段なかなか出合えないキッチンカーも集まり、にぎわっていました!

みんなが心地よく過ごせる、家族連れにも、ひとり参加にもオススメのイベント

お子さま連れも多かったですし、ひとりで楽しんでいる方もたくさん。

なだらかな勾配の芝生や木かげなど、好きな場所を選んで、誰でも自由に過ごせるような心地いい空気を感じました。

 

"参加者・スタッフ・出演者みんなが「毎年戻ってきたくなる」ようなイベントを作り上げていきたい”と公式HPにあるように、まさに"しゃけ"なイベントでした!

 

OTO TO TABI presents「しゃけ音楽会 2024」

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 中高生の皆さん!最新の設備と知見で科学体験してみよう 関学の神戸三田キャンパスで「ひらめき⭐︎ときめきサイエンス2024」開講 三田市

    Kiss PRESS
  2. 三宮で『市長・教育長と子どもたちとの意見交換会』が開催されるみたい。参加無料

    神戸ジャーナル
  3. 【熱海土石流から3年】3年経った今も避難生活を続ける世帯も。現地の状況、生活再建の実態は?原因究明に関する新たな可能性とは⁉

    アットエス
  4. 災害時に生き抜くためのスキルを学ぶ! 兵庫県立甲山森林公園で「サバイバルマスター1DAYチャレンジ(ナイフ編)」開催 西宮市

    Kiss PRESS
  5. 霜降り・粗品VS芸人36人「粗品ゲーム」で真夜中に激突 “チーム奇人”のナダルに同情の声も

    Techinsight
  6. 浜田ブリトニー、不正出血が止まらず婦人科を受診した結果「激痛のあまり貧血状態になってしまい」

    Ameba News
  7. 絵師必見!ミツハニーが教えてくれたデフォルメイラストの可愛さテクニックに「素晴らしい発見」

    にじめん
  8. お盆期間は1時間早くオープン!楽しい企画が満載♪ AQUARIUM×ART átoa(アトア)で夏季限定「体験プログラム」開催中 神戸市

    Kiss PRESS
  9. 柴犬軍団が散歩中に『他の犬を発見』した結果…想像の斜め上をいく『圧』が97万再生を突破「柴ハラスメント」「柴圧かけられたいw」と爆笑

    わんちゃんホンポ
  10. <まさかの大逆転>子育てが終わった後に夫婦一緒にいる意味って何?いろんな人の意見を聞いた結果

    ママスタセレクト